通算アクセスランキング
<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元ヤOザ・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!
<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」
<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。
<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!
<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」・・・こういう場合 携帯見たことを言って話をきっちりしてもいいんだよね?
交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」
<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!
<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。
<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」
<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまえで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

723: 恋人は名無しさん 2006/06/29(木) 10:08:21

いい板見つけたのでネタ投下します。

数年前の事です。
年下男に猛アタックを受け付き合い始めることに。
私が色々苦労してきたことを知っている彼は「お前は絶対幸せにならなきゃダメだよ」って
言ってくれた事にほだされて・・・。

付き合い始める前から彼は「なんか足が痛い」って言ってたのですが、
付き合い始めて一週間後病院の検査の結果が。それによると
「大腿骨の付け根に軟骨の腫瘍がある」「でも、多分良性だろう」とのことでした。
しかし、彼が手術を受けたのはがんセンター。
良性と言われてもかなり不安があったのだろうとは思います。

 

724: 恋人は名無しさん 2006/06/29(木) 10:15:17
初リアルタイム遭遇

 

725: 723 2006/06/29(木) 10:17:49

長くなるかも。。。ゴメンナサイ

入院後しばらくしてから頻繁に出くわす女の子が・・・。
(仮にA子ちゃんとしておきます。)
10代の福祉系の仕事をしている友達、との事でした。
もともと彼のところに会社関係の人が来ていると車で待ってたりしたのですが
「友達なら紹介してよ?車で待ってるのもだるいし~」
って言うと「そのうち・・・」でごまかされていました。

でもある日いつものように彼のところへお見舞いに行くと
彼はリハビリへ行っていたらしくA子ちゃんがぽつんと・・・。
何気ない世間話をしていたのですが「カレシが~」ってセリフが頻繁に登場。
A子ちゃんには彼氏がいるらしく「あ。本当に友達だったんだ」と納得。
「彼女なんでしょ?」と問われて「そうだよ~」なんて話していました。
彼はなかなか帰って来ず、「あはは^^なんかあったら相談に乗るし~」ってカンジで
携帯の番号やアド交換するほど打ち解けてました。

 

726: 723 2006/06/29(木) 10:22:07

その後は病室で出くわすと3人で話すように・・・なんとなく彼の様子が
変だとは思いましたが病人、ってコトもあるので 問いただすのは退院後でもいいよな、
と放置していました。

A子ちゃんとは別に職場の人や取引先の人も来ていたのですが、その中に
妙に女のカンに引っかかる女性が一人・・・・それがB子さん(彼と同年代・既婚)でした。
彼にそれとなく聞いてみると「昔付き合ってた女性。結婚しているし、
今はなんでもない。取引先の人だから会社で聞いてお見舞いに来てくれたらしい。
彼女、って言ってあるから」と。
その女性とは病室で2.3度出くわしましたが、顔あわせるとそそくさと帰ってしまうので
「そんなに気を使ってくれなくていいのに」なんて暢気に考えていました。

ある程度手術跡も落ち着いてその頃の彼は週末になると家に一時帰宅していました。
ある時、彼から週末帰宅の時に会う約束のドタキャンの連絡が。
「どうしたの?」と聞くと「A子がアパートを探しているからちょっと付き合う(彼の仕事は不動産系)」と。
なんでそこまでしてあげるんだろ?と疑問符は大きく・・・。
流石に問い詰めると「お前は自分のことしか考えてない!」と逆切れされました。

 

731: 723 2006/06/29(木) 10:40:33

ある程度手術跡も落ち着いてその頃の彼は週末になると家に一時帰宅していました。
ある時、彼から週末帰宅の時に会う約束のドタキャンの連絡が。
「どうしたの?」と聞くと「A子がアパートを探しているからちょっと付き合う(彼の仕事は不動産系)」と。
なんでそこまでしてあげるんだろ?と疑問符は大きく・・・。
流石に問い詰めると「お前は自分のことしか考えてない!」と逆切れされました。

そうこうしているうちに、初回の手術で摘出した組織の検査結果が出て、良性と思っていた腫瘍が
実は悪性であることが判明しました。
検査の結果が出る日に病室に行くと泣いているA子ちゃんと彼。薄々気づきましたが「どうしたの?」と
聞いても彼は何も答えず、そこにやってきた彼のお母さんが「実は・・・」と経緯を話してくれました。

 

730: 恋人は名無しさん 2006/06/29(木) 10:39:18
なんか時間が戻ったぞwwwww
Google AdSense
コメントを残す