通算アクセスランキング
<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元ヤOザ・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!
<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」
<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。
<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!
<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」・・・こういう場合 携帯見たことを言って話をきっちりしてもいいんだよね?
交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」
<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!
<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。
<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」
<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまえで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

223: 2012/01/16(月) 17:02:33.76

嫁に「処女」だったと言われてもねぇ
処女膜はちんぽでなくても破れるし・・・
処女膜再生手術もあるし・・・
性交で出血してもしなくても処女かどうかはわからない

女の「私初めてなの」という言葉を信じるしかない男のはかなさ
みんなは、どういう基準で処女、非処女を判断しているのかい?

 

226: 2012/01/16(月) 17:54:31.67
>>223
付き合った時、俺27。嫁16。
詠めと初体験の時、指入れるだけで痛いって泣いてたな。
俺の一物を入れるまでに結構時間かかった。
やっと最後まで入った時は、嫁涙目で「ありがとね(´・ω・`)」て抱き締めてくれたなぁ。
今は調教の賜物だろうか、喜んでフェラしてくれるよ。
嫁可愛いよ嫁(´・ω・`)

 

228: 2012/01/16(月) 18:06:37.85
>>226
エロゲに出てくるような(ry

 

229: 2012/01/16(月) 19:11:55.57
>>228
すまねえな・・これでも実話だし、結婚2年目だ。
俺も今の嫁と出会うまでは女性には縁が無かったからさ・・
今でも逆転満塁サヨナラHRな人生だと思ってる。

 

241: 2012/01/17(火) 08:40:30.37

おはようございます。
一応トリ付けてみました。

この後も少し用事があったりするのでちょくちょく中座しますが、そこは気長にマッタリしてくれると
助かります^^;
とりあえず、出会うきっかけとなった出来事から書きますね。

今から5年前、当時のスペック。
俺 27歳 自営業見習い 身長180 体重78
嫁 16歳 高校1年    身長172 体重60前後ぐらいかな。教えてくれなかった・・・w

当時俺は会社を辞め、親父の自営業を継ぐ為に地元に帰省し2年目が経っていた。
その年の冬、繁忙期を何とか乗り越え、地元の仲間達と飲んでいた時だ。
友「おい俺、お前彼女とか作んないのか?」
俺「は?出会いも無いのにどうしろっつうんだよ・・。まぁ、彼女欲しいけどな・・・」
友「んならお前これに登録してみたら?俺紹介するからさ。ポイント欲しいし」
俺「ん~・・俺そういうの興味ないんだよなぁ・・。出会い系ってやつだろ?」
友「そんなこと言わずにさ。ポイント足りなくて困ってるから登録だけしてくれよ、な?」
俺「わかった。変なメールとか着たら助けてくれよな」
と言う流れで、俺はこの時にとあるSNSサイトに初めて登録した。
それから特にする事もなく、ただ出会いが無いままクリスマス直前の12月23日。ある出来事がきっかけで
俺の「27年来なかったモテ期」が来たのだ。

ちょっと用事足してきます。9時過ぎに戻ります。続きます。

 

 

244: 2012/01/17(火) 09:23:53.34

戻りました。続きです。

その日の朝、友人Gから電話が来た。
G「よう俺、おはようー。今電話大丈夫か?」
俺「おはよ。大丈夫だけど、どうした?」
G「実はさ・・明後日のクリスマスにお見合いパーティーがあるんだよ。それでな
主催者の知り合いから聞いた話で、男性側が不足してるらしいんだわ。」
俺「へぇ~・・それで?」
G「お前、俺と一緒に行かないか?というか登録しちゃったwてへぺろww」
俺「ちょwwおまwwwwマジで?!冗談で言ってるんじゃないよな?!」
G「参加費は5000円だ。当日はお前の車で行く。OK?」
俺「お前話聞いて無いだろ?!女にモテナイ俺と行ってどうするよ??恥かくだけだろうがよ!!!」
この時は本気でどうしようとしか思えなかった。2年間、親父の仕事を手伝ってばかりの俺は、女性に対する
免疫を全くと言うほど失っていたからだ。そう思い込んでいた。
Gはそれを察したのか、
G「俺の贔屓じゃないけどさ。お前は外見はイケメソじゃないけど、中身は「漢」だ。自信持てよ」
G「それに、いまからそれじゃあ一生女にモテナイし、彼女作れねーぞ。いい機会だと思って行こうぜ」
俺「・・・・・・わかった。もう申し込んでる訳だし・・はぁ・・腹括るわ」
その後、当日の為に髪をカットしに行ったり、服を買ったりと、参加費以上の散財をする羽目になった。
内心は不安だらけだ。だけど・・・今頑張らないとずっと頑張れない気がする。そう思い始めていた。
ここでダメでも良い。せめて女性に対する免疫を付けないと、そればかり考えてた。
そして当日。12月25日、夕方。雪が舞い降り、正にホワイトクリスマスとなり、雰囲気は否応無しに盛り上がるシチュエーション。
その日の参加者は、男性52名。女性が65名と女性が多かったのを覚えている。
当時、多分だけど「婚活」という言葉がメディアで出始めた時期だったと思う。
俺とGは受付を済ませてパーティー会場に向かった。
初めてのお見合い。どんな事が起きるのか・・・不安と。ほんの少しの希望を持って俺は、会場に入っていった。

続きます。次は11時くらいに。

 

262: 2012/01/17(火) 12:14:11.20

遅くなってしまいました;;
仕事しながらなので申し訳ないです。続きです。

スタッフの人から軽く説明を受け、俺とGは会場に入る。
説明によると、女性側男性側で気に成る人がいたら二人っきりに成れるらしい。
これは・・・ドキドキする!指名されたらどうしようという勝手な心配までするw
俺は不安と少しの期待を持ちつつ、大丈夫だ、飲み屋の姉ちゃんと話すようなもの、出来る!いや、やってみせると
会場入り口までは根拠のない自信に溢れていた。
しかし、会場に入ってその自信は脆くも崩れ去る事になる。そう・・会話スキルなど・・俺には無かったのだ・・・
俺「あ・・あの・・はっ・・初めまして!!」
女性「あ、はい。初めまして」
俺「こ、こ、ここ隣いいですか?!(声が裏返りながら)」
女性「えっと・・ちょっと私向こうに行くので、ごめんなさいね」
俺「・・・はい、わかりました」
ほとんど会話が成立しなかったのを覚えています・・・。でもなんというか、会費高かったんだ、元取ってやるという
意地かな。その後も3~4人位に同じように声を掛けて、同じように撃沈してました・・w
会場のちょっと端で一人酒を飲んでいた。やっぱり無理なのかな・・上手くコミュニケーションが取れない事に
苛立ちと不安だけが募る。そこへGが着た。
G「お、お前ここに居たのかよ。こっち来いよ、今2人の子と話するから2:2で話しようぜ」
俺「・・・俺で良いのか?」
G「何言ってんだよ、楽しまなきゃ損だろ?大丈夫だって、俺もフォローするからさw」
・・・Gに感謝した。無理やり登録させられて、嫌々ながらも次第に乗り気担っていた俺
しかし、会場でボッチになった時の寂しさ・・例えるなら・・・TDLに一人で遊んでいたら、
途中でリア充の群れの中で何やってんだ俺・・・orz、と気づくあの虚しさから
Gは救ってくれたのだ。
この時は本気で感謝した。じゃ無かったら今頃はトラウマ確定コースだったと思う。
何より、自信を失いかけていた俺には、Gに頼るしか道が無かった。
これで、少しでも会話が出来たら、それだけでここにきた価値があるんだ。
俺とGは2人の待つテーブルに向かって歩いていった。

 

 

264: 2012/01/17(火) 12:30:09.46

テーブルで待っていてくれたのはRさんとKさん。Gの好みがはっきりとわかる。
見た目は綺麗系のお姉さんって感じ。お酒も少し入ってて色っぽかった。
R「あ、Gさん遅い~。」
G「ごめんごめん。ツレが中々見つからなくってさ。ほら俺一言」
俺「あ、どうもすいません。あと、初めまして。俺と言います」
K「初めまして、Kと言います。よろしくね俺さん」
R「初めまして。Rです。よろしくお願いします^^」
G「初めましてGです!よろしくお願い~します!」
そんなこんなで、2:2でのお見合い?というか会話が始まった。
内容としては、どこから来たのか。今日の様なお見合いPTは初めてなのかどうか。
仕事はなにしてるんですか、など世間話に華が咲いた。
俺はGがいる安心感からか、饒舌に会話がすることが出来た。久々に女性とする会話は楽しかった。
Gはすかさず二人のメアドをゲットしていた。流石だよG・・w
その後は俺とGで行動して、2:2のセッティングで2~3組の女性と話をする事が出来た。

お見合いPTの時間も残り1時間となり、その間には男女対抗じゃんけん大会や各種イベントが
時間ごとに用意されてて、それなりに楽しむ事が出来た。
しかし・・俺は最初に説明があった「2人っきりのセッティング」が俺には無いよな・・と
時間が迫るにつれて、諦めていた。というか冷めていたのだ。

 

265: 2012/01/17(火) 12:42:46.58

イベントも全て終わり、後はフリータイムで過ごす様にとスタッフからのアナウンス。
気になる女性の所に向かう男性。またはその逆。
Gは先ほどのRとKの所で楽しそうに話をしている。
俺は誰も声を掛けてくれないし、なんか気持ちが冷めてしまってた。
残り30分、俺はGの所へ。
俺「G、悪いけど俺先に帰るわ。これ車のキーな。」
G「えー、まだ残ってろよ俺。最後の最後で声掛けてくるかもしれないぜ?」
Rさんと目が合う「少し待ってたら?」と言ってくれたが
俺「ごめんな。ちょっと飲みすぎてさ。その辺散歩して、友達に迎えに来てもらうわ」
G「わかった。明日連絡くれよ。今日はありがとうな」
俺「RさんKさん。今日はありがとうございました。また会う機会がありましたらお願いします」
俺はRさんとKさんにお礼を述べてスタッフに退場の受付をしてもらい、会場の外へ。
時間は22時。雪が深々と、外では深々と雪が降っていた。
結局、女性からは好感を得る事は出来なかった・・メアドもひとつもゲット出来なかった・・・。
これが・・俺の今の実力なんだな・・と。

しかし、後日再びGと飲む時に衝撃の言葉を俺は耳にする事になる。

 

 

266: 2012/01/17(火) 13:08:36.77

後日、GはRさんとKさんと連絡をやり取りし、反省会でもしようという流れになり、
俺を誘っての飲み会を開く事になった。

居酒屋に一足早く着いた俺とG。その10分後にRとKが到着。
俺「あ、こんばんわ~」
G「こんばんわ~、飲み物何にする?」
R・K「ウーロンで」
酔う気無いのに居酒屋かよ・・と内心思いつつ、反省会スタート。
「それじゃ、25日の出会い?を祝って・・・乾杯~」
当日の話題に華を咲かせる。会場の事、イベントの内容や他の男性の事など色々。
そこでRが俺に衝撃の事実を言う。
R「そう言えばさ、俺さん帰っちゃたじゃん。あの後スタッフの人大慌てだったんだよ」
俺「え?俺ちゃんと受付済まして退場したよ??何か問題でもあったのかな;;」
何何?!俺何かやばい事した?!でも特に後からそういう連絡受けてねーし、何があったんだ?
頭の中がぐるぐると不安が交差する。
俺「えっと・・Rさん・・・何か俺問題起こしちゃってた?」
R「まあ・・ある意味問題と言えば問題かなー。これ言っちゃって良いのかな?」
KとGに同意を求めるR。GとKはまぁ良いんじゃね?という雰囲気でRに返す。
R「えっとね、今更なんだけど・・実は俺さんがね、ダントツで一番人気あったんだよ」
俺「・・・は?」
R「俺さんが帰った後に、会場の女性が一斉にスタッフに駆け込んだの。あの人どうしたんですかって。
メアドの交換やセッティングの人数もね・・・今までで一番多かったって話なの」
俺「え?何それ・・全然そんなの無かったよ?俺・・モテないからさ・・やっぱりダメかなって思って帰ったのに・・」
R「まあ・・だから今更なんだけど。スタッフの人に聞いたら、俺さんがあまりにも人気があって、セッティング出来なかったって。
希望女性の人数が65人中30人いたから、会場が混乱するのを避けるのに必死だったんだって。」
俺「何だよそれ・・意味わかんねぇ・・普通に話し掛けてくれれば良いのに・・・」

 

 

268: 2012/01/17(火) 13:14:04.20
結局、話を纏めると。お見合いPTが始まってから俺の事を気に成った女性が時間を追う毎に増え、
セッティングしようにも出来ない状況になり(主催者側が男性一人にこれだけ集中する事を想定していなかった)
結局最後にフリータイムを作ったのもその為で、自由時間なら誰が行っても文句なし。早い者勝ちだよ、と考えていたスタッフ陣。
しかし、いざフリータイムになったとたん、そこは女性陣。みな気配を読むわ読むわ・・・。
結局誰も俺の所に来る事無く、俺は残り30分前に退場。女性陣慌ててスタッフに凸撃。
という内容だったらしい。
G「お前さ・・気付かないにも程があるだろ・・。」
俺「・・・俺にはわからない・・・」
本当の意味で、反省会となったのであった・・・。

 

269: 2012/01/17(火) 13:28:16.04

結局、そのお見合いPTで得たものは、失いかけていた女性とのコミュの取り方ぐらいでした。

前フリが長くなってしまいましたが・・ここから本題に入っていきます。
gdgd長く書いてしまいすいません。女性に対する見方が変わった出来事なので、書かせていただきました。
それでは本題に入ります!

その後はRとKとも会うこともなく、ただ悪戯に時間が過ぎていく毎日。
そういえば、Gにせがまれて登録したSNSも、日記更新はするけど・・もう辞めるかな、と思ってた。

1月中旬のある日。俺はSNSを辞めようと退会手続きをしていた。
でも待てよ・・せめて趣味が合う人と一回くらいはチャットとかしてみたい。
どうせするなら女の子が良いな・・何の趣味で会話しようか・・。
今もそうだが、その当時はBUMPにはまっていた俺。バンプなら好きな曲で盛り上がれる。
早速プロフ検索をしてみた。上から二つ目。バンプ好きな子を発見。
年齢は・・不明か・・。まあ何歳でもいいや、どうせ辞めるんだし、少しでも良いからチャットできれば。
彼女のページをクリック。伝言板に何か書こうとした・・が
やっぱり・・止そう・・。ダメだ、もう辞めよう。
俺は・・最後に自分のページで辞める宣言をして辞めようとした時・・彼女からの伝言が有ったのだ・・・。

彼女「BUMPが、好きですか?」

俺と彼女の物語を最初に奏でたのは、彼女からの最初のメッセージだった。

 

270: 2012/01/17(火) 13:36:05.48

初めて貰ったメッセージ。俺のほうはただ足跡しか付けてなかったのに・・・。

俺は恐る恐る彼女のページに飛び、「BUMP好きですよ。ハルジオンとプラネタリウムが、今好きです」
と伝言板に書いた。すぐに彼女からの返事「わ~^^良いですね!ハルジオン私も好きです!!」
その日は明け方までずっとBUMPの話題で盛り上がってしまった。
彼女のBUMPファンは相当なもので、俺の知らない事まで語ってくる。
凄く楽しかった。本当に・・久しぶりに楽しいって思えた。
こんなにも話題が合う人が居る事を知った。俺は、勇気を振り絞って「あの。友録お願いします!!」と
彼女は「はい!^^喜んで^^俺さん楽しい人だから好きですね♪」
その日は、仕事も休んで夜まで寝てしまった。
ギリギリでメッセージに気付いて居なかったら。
あの時彼女のページに足跡を付けていなかったら・・・

俺と嫁との5年は、スタートしていなかったのだ。

また仕事に戻ります。続きは・・夜に^^;

Google AdSense
コメントを残す