Google AdSense
NEOまとめ革命

128おさかなくわえた名無しさん2009/08/03(月) 01:00:09 ID: ID:HsTwe+m1

ちょっと長くなるけど失礼。

高校時代の友人A(♀)の話。

Aは駅弁だけど某国立大学出で誰にでも気さくで、サバサバしてて、それでいて料理が得意でアロマテラピーなどが趣味で
女らしい。
おうちも父親が会社社長、母親が県議をやっているといういわゆるお嬢様。
でも本人は全然ツンツンしたところもなくて、ひとりでラーメン屋に行き、
たっぷりのにんにくをトッピングしたラーメンを酢をこれでもかとぶっかけまくって食べ、
ご飯を入れて〆るような娘だった。

そんなAが結婚することになった。
相手は、ずっと慶応をエスカレーターで進学したハーフの外資系企業に勤めるエリート。
ちょうどお盆も近いということで、高校時代の友人と集まって軽く婚約祝いと
結婚式の段取り決めを兼ねた飲み会を開くことになった。

そこには友人の一人でBという子がいた。

Bは一応旧帝大に行ったから勉強はできるんだけど、協調性がなく、
ともかく卑しいというかタカリ屋で、高校時代も常に

「おごって」「ちょうだい」や、

「絶対玉の輿に乗るの☆」が口癖の今で言うスイーツ(笑)だった。

 

134おさかなくわえた名無しさん2009/08/03(月) 01:24:15 ID: ID:HsTwe+m1

ごめん、PC突然終了した。
128つづき
BはAにも高校時代、購買でパン買ってなどとよくたかっていてAが断ると、
「あんた、社長令嬢でしょ!!議員の娘なんでしょ!!だからおごりなさいよ!!」

と、逆ギレしたり、家庭科の調理実習のある日は朝早く来て準備しなければいけないんだが、
遠距離から通うAに自分のグループの準備を押し付けて、Bは徒歩5分にもかかわらず、
ただの一度も手伝いにこなかったなどということがあり、AはBをあまり好きではなかった。
だから誰がBを呼んだんだろうと思っていた。
AもBの方を見るときは若干顔がこわばっていた。
そして飲み会が進むにつれ、Bはお酒の勢いも手伝ったせいか
「ねーAどうしたらそんなに条件のいい男を捕まえられるの??教えて??」
とか、 「てかやっぱりお金目当てなんでしょ??」と暴言を吐きまくる。

これはいけないと思い私や他の友人たちが、
「失礼だよCさん(Aの婚約者)もいるのに」とか「ちょっと飲みすぎだよ」と注意するが
全く効き目なくどんどんエスカレート。
「てかあんたもどんなに地元じゃお嬢さんって言っても、所詮田舎者なんだしCさんみたいな
人とは釣り合うはずないっつーの もっと身の程を考えなよ~」

と暴言迷言投下しまくる。CさんもAも唖然ドン引き。
それでもAはなんとか笑顔を作るがこわばっていて泣きそうになっていた

 

140おさかなくわえた名無しさん2009/08/03(月) 01:40:12 ID: ID:HsTwe+m1

134続き
もうこれはまずいと思い、とりあえずBを店の外に連れ出そうとした矢先、
それまで何も言わなかった婚約者のCさんが突然Bをおもいっきりビンタした
Bは思いっきり床に倒れ、鼻血が出ていて口も切れていた。

「な、なにするんですか?!いきなり!!あたしはCさんのことを想って言ってただけなのに!!
Aよりもあたしのほうがいい大学出てるし!!ずっとあたしのほうがお似合いなのに!!」
とかなんとかふじこふじこ。
するとCさん
「Aは僕にとっての命なんです。彼女がいない人生なんて考えられない。
そんな大事な大事な人にこんな思いをさせる人は、たとえAの友達であろうと許さない。
というか、Aにこんな思いをさせるような人はそもそも友達じゃない。
当然だがもう二度と顔を見せないでほしいし、式にも呼ばない。帰れ。」
と、穏やかだけど冷たくそして強い口調でBに言い放った。
Aは泣いていた。

 

146おさかなくわえた名無しさん2009/08/03(月) 02:07:06 ID: ID:HsTwe+m1

140 続きです

Bは謝るかと思いきや、
「え~??なんでぇ~式行きたいし。
式にはCさんの友達だって来るんだから、あたしだって玉の輿に乗るの!!
Aばっかりにいい思いなんてさせないんだから~。
てか、殴ったうえに式に呼ばないなんてあたしの運命の出会いのチャンスを踏みにじる
なんてどういうつもりなのよ。
Cさんの友達と結婚してあたしが手にするはずだった財産、逸失利益として請求する!!」
と、またわけのわからないことをわめきだす始末
AとCさんが婚約するまでにいたった事情を知っているので私も腹が立ち、
嫌がるBの腕をおもいっきり爪立ててつかんで引っ張り、外に連れ出した
するとCさん
「安心して、逸失利益にはならないよ。
君と結婚するほど、僕の友達はバカじゃないから」と追い討ち。

ファビョるBを私ともうひとりの友人が連れ出し、説教。
AとCさんはその後場を騒がせてしまったことを、友人やお店の人、他のお客さんに謝ったが、
「よっ似合いの夫婦!!」とか「結婚おめでとう!!」「いいダンナさん持って幸せだね」
などと逆に祝福の言葉を受けたらしい

手を挙げたことに関しては、Cさんも男として申し訳なく思っていたようだが、
そのことに関しても誰一人咎める者はいなかった。

そんなこんなで無事AとCさんは無事結婚。
二人の心配りが十分行き届き、それがよく伝わってくるいい結婚式だった・・・

んだけど、後日談があります。

 

コメントを残す

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう