Google AdSense
お知らせ*2018年5月1日よりサイトを引っ越しました、今後は「NEOまとめ革命」にまとめ記事を投稿して行きます。

Google AdSense

600: 恋人は名無しさん 2007/08/29(水) 20:43:31 ID:ECUZq/Sz0

今までの人生で唯一の修羅場ですが、社会人としてどうなの?と今でも思います。
全員偽名です。もう1年ほど前の話です。

みかさん・・・27歳。会社の先輩で事務員。
山本さん・・・28歳。会社の先輩で営業。みかさんの彼
田中さん・・・みかさんの現彼?元彼?

私はとある会社の男性(営業)6名、女性(事務)2名の営業所で働いていて、日中
営業は全員出払っていて、私とみかさんの2人きりになることが多いが、その日
みかさんは二ヶ月に1度の病院通いのため休みをとり、私1人で営業所にいた。
するとそこに細身のさわやか好青年風のわりとイケメンな営業マンがやってきた。
営業マンは事務所内を見渡すようにした後に話かけてきた。
田「すみません、私○○会社の田中と申しますが、山本さんはいらっしゃいますか?」
私「申し訳ございません、あいにく山本は出ておりまして」
田「そうですか・・・弱ったな・・・どうしよ・・・」
と一人言を言っているので、とりあえず山本に連絡をとってみますと言い連絡を
取ってみると「○○会社?知らないなぁ?でも近くにいるから戻るよ、待っててもらって」
と言われたので10分程待ってもらうことにした。
その10分程の間に「あのー、女性はあなた1人ですか?」や「ここは若い男性が多いんですか?」
などの変わった質問を投げかけてきたが、待っている間ヒマだもんねと思い、さわやかイケメン
ということもあって「いえ、女性は2人なんですが、本日お休みをいただいてまして」や
「20代の営業は2人だけで後は40代以上なんです。」と笑顔で答えていた。「そうですかー」と
物腰の柔らかな話し方に私の中でイケメン度はますますうpした。
そうこうしている内に山本さんが帰ってきた。
田「はじめまして、私田中と申します。山本さんですよね?お世話になっております。」
山「?? はい、山本ですが。あの、失礼ですが、どちらの田中さんでしょう?」
田「みかの彼氏の田中です」
山「はっ?」私「えっ?」

 

602: 恋人は名無しさん 2007/08/29(水) 20:46:27 ID:jjqS2meB0
>>600

メモ帳にまとめて待つよろし

 

603: 恋人は名無しさん 2007/08/29(水) 20:49:11 ID:kDLC79P0O
初私怨(`・ω・´)

 

604: 600 2007/08/29(水) 20:49:31 ID:ECUZq/Sz0

>>602
ありがとう。さっきひたすらまとめたので、いつでもいけます。

Google AdSense

>>597
支援

 

626: 600 2007/08/29(水) 23:32:49 ID:ECUZq/Sz0

600の続きです。

田「うちのみかが大変お世話になっております。」
山「えっ?どういう事ですか?何をおっしゃってるんですか?」
田「みかにちょっかい出してるらしいな?どういうつもりだ?」
山「あの、話がみえないんですが・・・どちら様ですか?」
田「はぁぁぁぁ!?彼氏って言ってるだろうがぁぁぁー!!ふざけんなーー!
なに人の女にちょっかい出してんだよ!!」
とさっきまでの柔らか口調と違いいきなりすごい大きい声で怒鳴りだした。
えっ何こいつDQN?リアルでDQNという言葉が思い浮かんだのはこの時が初めてだった。
絶句する山本&私。
山「あの何かの勘違いじゃないですか?僕とみかは正式に付き合っているんですが?
どなたかとお間違えじゃないですか?」

Google AdSense

えーーー?山本さんとみかさん付き合ってたんですかーー?
初めて知る真実にびっくりしたが、この空気の中でそんなこと当然言えるはずもなく
ビクビクしながら2人を見守る。

 

628: 600 2007/08/29(水) 23:36:34 ID:ECUZq/Sz0
田「はぁ?みかは俺ともう二年も付き合ってんだよ!わかる?二年!結婚すんだよ俺ら。
てめぇ人の女に手出してタダですむ思ってんのかよ!」
と怒鳴る田中に対して山本さんも
山「お前、みかの元彼だろ?みかはなかなか別れてくれないしつこい奴だって言ってたぞ!
お前もう振られてんだよ!気づけよ!俺が今の彼氏なんだよ。」
と山本さんも営業所に私しかいないからか、場所を変えようともせずきつい口調で言い返していた。
田「お前、マジ頭おかしいんじゃねーの?ストーカーかぁ?お前つきまとうな!
いいかげんにしろよ。みかを苦しめるな!」
こんな今にも殴り合いが始まりそうな状況で恐くて仕方なかったが警察呼んだらいいのかもわからず
私はオロオロするしかなかった。
田「みかに関わるな!きもいんだよ!お前!」
山「はぁー?きもいのはお前だろ?わざわざ会社まで乗り込んできて常識あんのか!?」
田「ストーカーに言われたくねーよ!!お前マジ痛い目にあいたいのか?」と山本さんの
胸ぐらを掴みだした。ますますヒートアップする2人に「やばすぎる!」とわけが分らなくなり
下の階の別会社に駆け込み「お願いです。来てください。」と必死の剣幕でおっさんらに頼んだ。
私の只ならぬ状況に「なんだ、なんだ」と好奇心旺盛なおっさん共3人+事務員さん1人が営業所に駆け込む。
ドアを開けるとすでにつかみ合いの喧嘩をしてる山本&田中に驚くおっさんら。
若い男達の勢いに最初はひるみつつも、なんとか2人を引き離してくれた。
おっさんらの仲裁もあってじょじょに冷静になっていく2人。
コメントを残す

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう