Google AdSense

8: 恋人は名無しさん 2008/02/06(水) 05:37:14 ID:AzrXFZ+WO
眠れないので投下します。
当時
私21
彼23
A子23
付き合って3ヶ月、普通にデートしたり家に行ったりラブラブでした。
いつも通り彼の家でDVD実ながらまったりしてた時、夜10時くらいかな?ピンポンなりました。
私「こんな遅くに誰だろうね?」
彼「さぁ?友達だったら追い出すよw待ってて」
玄関に向かい扉を開ける音がしました。
聞耳を立ててると女性の声。
女性「誰か来てんでしょ?」
彼「いや!違う!」
女性「いいから入らせてよ」
何やら不穏な雰囲気に固まりました。

 

9: 恋人は名無しさん 2008/02/06(水) 05:43:34 ID:AzrXFZ+WO
なんだろう、どうしよう、と思ってたら彼が早歩きで戻ってきました。
私「どしたの?」
尋ねながら彼の後ろに女性確認。
私「???」
分けわからない私に彼は突然「ほら、分かった?俺には彼女いんの!分かったらさっさと帰れ!」
私更に「???」
固まったままの私をしり目に彼は彼女に説明しだしました。
「こいつしつこくてさ、今日も家に無理矢理来たから説教してたんだわ。今帰すから。」
私まだ固まったまま。
彼はさっきまでの態度が嘘のように乱暴に私の髪の毛をひっ掴みました。

 

10: 恋人は名無しさん 2008/02/06(水) 05:49:32 ID:AzrXFZ+WO
びっくりして「痛い!痛いよ!なんなの?どうしたの?」
叫びに近い声だったと思います。
しかし彼は「うるせえよ。これ以上話しても無理だしさっさと帰れ。」
睨みながら言葉を放つ彼に心底恐怖を覚えました。
途中立ったりしたんですが乱暴に頭引っ張られて頭の天辺からはぶちぶち音するし、恐怖で号泣しながらなぜか「ごめんなさい、帰るから放して、ごめんなさい」と連呼してました。

 

12: 恋人は名無しさん 2008/02/06(水) 05:58:31 ID:AzrXFZ+WO
あまり抵抗も出来ず、文字通り玄関から放りだされました。
座り込む私にバッグと靴を投げつけ「じゃね。」と彼。
頭の中はぐっちゃぐちゃな私。全く整理出来ません。恐怖とあまりの突然さに動けません。
しばらくして中から二人の笑い声が聞こえ、ここで自分が浮気相手でさっきの女性が彼女なのかな、と思いました。その瞬間吐いてました。

 

13: 恋人は名無しさん 2008/02/06(水) 06:03:14 ID:AzrXFZ+WO
靴を投げつけられた時目に当たってて視界がぐるぐるだったせいもあるかもしれません。
しばらく泣くのと嘔吐を続けてると玄関が開きました。彼でした。
「お前なにやってんだよ!汚ねえ!ちゃんと片付けて帰れよ!?」
それを言うと乱暴に扉をしめられました。
私は必死で持ってたミニタオルでふきましたがあまり綺麗にならず…
ご近所様にも迷惑になると思い震える手で友人に電話しました。

 

17: 恋人は名無しさん 2008/02/06(水) 06:09:22 ID:AzrXFZ+WO
私「ごめんね遅くに、あのね、吐いちゃったんだけど綺麗に出来なくて」
友人「どうしたの?大丈夫?今から行こうか?」
私「うん、ごめんね、そうしてもらえたら助かります。」
居場所教えて少ししたら来てくれました。
私はマンションの下で待ってて、この時自分の嘔吐したもの片付けなきゃとしか頭になくて、友人はここどこ?みたくなってました。

 

20: 恋人は名無しさん 2008/02/06(水) 06:15:40 ID:AzrXFZ+WO

支援ありがとうございます。

Google AdSense

私の髪ぼっさぼさ、涙でぐちゃぐちゃな顔、ゲロまみれの姿を見た友人はひどく驚いてました。
友人は道端で酔っ払って吐いてると思ってたらしくバケツと雑巾持ってきてくれてました。
それを受取り「片付けしてくるから少し待っててもらってもいいかな?」
友人「一緒にいくから。」
二人で彼の部屋の前に行き、二人供無言で片付け始めたときまた扉が開きました。

 

23: 恋人は名無しさん 2008/02/06(水) 06:21:29 ID:AzrXFZ+WO
また彼だったんですが、友人の姿を見て慌てて引っ込みました。
友人はそれを見てなんとなく把握したみたいです。
処理をしながら「後でいいから詳しく話して。とりあえず今日はうちにおいで。」
安心出来る言葉をもらった私はまた号泣してしまいました。
そのまま友人の家に泊まりました。お湯にゆっくりつからせてもらい、ちょっと落ち着いた私は自分の鈍感さや行動の意味不明さに反省しました。

 

24: 恋人は名無しさん 2008/02/06(水) 06:22:48 ID:hYTWvjbHO
今から寝ようと思ってたのに
見るんじゃなかった…
でも支援

 

26: 恋人は名無しさん 2008/02/06(水) 06:27:12 ID:AzrXFZ+WO
風呂から上がって、起きた事全てを話しました。
途中泣けてきてぐだぐだでしたが友人は最後まで聞いてくれました。
話が終わって友人は私の髪の毛とかしながら「私は何も悪くないからね。今痛いとこない?大丈夫?今日はゆっくり休んで。明日病院行こうね。」
頭からは少し血が出てたみたいです。
優しい言葉に安心して、泣きながら眠りにつきました。友人も泣いてました。



ご協力お願いします。街角相談所-探偵-」サイトへのリンクが当サイトに掲載されていますが、 総記事数1,700記事の中の1記事で見つける事が出来ません、 見つけた方はコメント欄に一言「見つけたと」コメントしてください。 よろしくお願いします。  
Google AdSense

いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう