Google AdSense
Google AdSense

601恋人は名無しさん2009/08/05(水) 12:33:15 ID: ID:bI+yLgEF0



投下。圭一が俺です。

圭一 社会人
理恵 大学生 コンビニにバイト勤務
亜佐美 社会人
拓郎 コンビニ店長

圭一と理恵は付き合って二年。交際は順調。ぼんやりとだけど結婚も考えていた。
しかし、幸せな毎日もそう長くは続かなかった。とうとう倦怠期に突入していったのだ。
同棲しているにも関わらず、お互いの仕事の都合(理恵はバイト)で顔を合わせることも少なくなり、
俺は少しでも関係を修復しようとマメに連絡をしたが、非通知、留守電…。
今思えばただ単に倦怠期でも何でもなく、避けられていたんでは…って思うんだけどね。
次第に俺も連絡を取ることを諦めて、仮面カップルってか…同棲はしてるものの口すら聞かないようになっていった。
もちろん体の関係もなし。冷え切っていた。

そんな時出会ったのが亜佐美だった。
亜佐美は、この会社に入社したばかり。(つまり新社会人、俺の一個下で理恵の一個上)
年が近いこともあり、俺が付きっきりで仕事を教えることになり、二人の仲は次第に深まっていった。
話も合うし、趣味も一緒。共通点も多く、打てば響くって言うの?阿吽の呼吸。
彼女と居ると楽しくて仕方がなくて、違う意見や捉え方、価値観も参考になることもあれば、
時に強く反論してみたり…そんな関係が新鮮で、俺は理恵とはただ依存し合ってただけなんだな、
と気づく。俺はいつしか、亜佐美を意識するようになっていた。

 

607恋人は名無しさん2009/08/05(水) 12:43:19 ID: ID:bI+yLgEF0

しかし亜佐美は俺の気持ちを知ってか知らずか、関係にいつも一線を引いていた。
二人で飲みに行く事もなかったし、過剰に連絡を取ることも無かった。
それが、彼女に恋人がいるというサインに俺は気付くのが少し遅かった。
ちなみに理恵との関係は相変わらずで、別れ話を切り出すのも多々あったが、
全て理恵がごねて流して、また元通り…。
深く話し合おうとしても、逃げてしまって全然話にならない。
俺の気持ちは完全に亜佐美の方に傾いていた。
亜佐美に恋人がいると知ったのは、ある日のこと。
雨がひどく、傘を忘れてきた亜佐美が困っていて、俺は声をかけるべきかどうすべきか
躊躇していたところに亜佐美を迎えに着たであろう車が到着。
それが拓郎だった。俺は目を見張った。拓郎とは、理恵のバイト先の店長ではないか。
亜佐美に恋人がいるのはショックだったけど、これでふらつくこともなく理恵に対して
ちゃんと向き合える、部下として亜佐美を見れる、と多少強がりながらも心の整理をすることができた。

 

609恋人は名無しさん2009/08/05(水) 12:50:26 ID: ID:bI+yLgEF0

Google AdSense

これからはちゃんと理恵に対して向き合わなければ…そんな思いも胸に
俺は理恵のバイト先であるコンビニ前で待ち構えていた。
理恵は話し合いの素振りを見せるとすぐに逃げてしまうので今度こそは、とバイト先まで迎えに来たのだ。
そこで俺は驚きの光景を目にすることになる。
なんと、理恵と拓郎が腕を組んでコンビニから出て来たのだ。
俺はとっさのことに身を隠して、二人の様子を携帯に撮っておいた。
二人はホテル街へと歩いて行き、案の定ホテルへ入って行った。勿論激写。
この写真を見ながらしばし俺は呆然。この事実を亜佐美に話すべきか迷った。
その時、丁度亜佐美からメールが。

 

611恋人は名無しさん2009/08/05(水) 12:59:04 ID: ID:bI+yLgEF0

内容はなんと、
「今から二人で会えないですか。返信待っています」
というものだった。俺はすぐさまOK。駅近くのマックで待ち合わせることに。
しばらくして、亜佐美がやって来た。亜佐美に恋人がいるという事実を知った時、
俺は少なからず亜佐美を避けてしまって(上司なのにorz)
久々に亜佐美に会ったような気がした。亜佐美は開口一番、
「良かったぁぁ~来てくれるなんて思ってませんでしたよ」と安堵の笑みをこぼした。
俺は少し胸を打たれ、そんな自分に叱咤した。亜佐美が続いて話を続ける。

「最近、圭一さんが冷たいかな、って。私、本当圭一さんといると落ち着いて。
すごく楽しかったから、何か悪いことでもしちゃったんじゃないかなぁ~って、
不安になったんです。もし、私に不満があるなら教えて下さい。
そっちの方が私だって傷つきませんから。ね?」

胸が凄く痛くなった。自分が勝手に好意を持って、恋人がいるって知って、避けて。
なんて恥ずかしいことをしたんだろうって、自己嫌悪に陥る。
それと同時に、自分の感情を抑えることが出来なかった。

 

613恋人は名無しさん2009/08/05(水) 13:05:18 ID: ID:bI+yLgEF0

気付けば俺は亜佐美を抱きしめていて、「ごめん、ごめん」って謝っていた。
傍目から見るとさぞかしキモかっただろうに。亜佐美も困惑していた。
「あのっ圭一さん?そんな、私怒っていませんよ?どうしたんですか?」
その時、俺のポケットから携帯が落っこちた。それと同時に亜佐美が拾って、
あの画像を見つけてしまったのだ。亜佐美の目が大きく見開かれた。
「なんですか…これ」俺の背筋も凍った。
俺は目の前で起こったありのままの事を亜佐美に向けて話した。
拓郎が、亜佐美の恋人だと言うことは知らないふりをして。
すると、亜佐美はこう言った。

「ここに写っている男性、私のお兄ちゃんですね」



えっ?

 

Google AdSense

いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう