matomeja
Google AdSense

7897892007/03/19(月) 21:50:37 ID: ID:ayB+5GmM0

少し前の修羅場話投下します。

瑞季(23) 会社員 私
優一(32) 会社員 婚約者彼
風子(28) 専業主婦
仁朗(45) 医師 風子旦那

私と彼は、お互いの家族にも紹介し合い、結婚の日取りの相談などのんびりしながら
幸せな日々を過ごしていました。

そんなある日、一人暮らしの私の家のポストに差出人名のない1通の手紙が入っていました。
中を開けて見ると、かわいい便箋には似つかわしくない手紙が入っていました。
何かの推理ドラマ等でよく見る、新聞の文字を切り取って貼り付けた手紙・・・
内容を要訳するとこうでした。

今すぐ婚約を解消し、祐一と別れなさい。
さもないと、産まれてきたことに後悔するでしょう。

産まれてきたことに後悔するって・・・
今時の昼ドラの台詞でも聞きそうにない言葉にちょっとあ然としてたら、段々恐怖心がわいてきました。
思いをめぐらせてみても、人の恨みを買うようなことはしていないし。

もしかして彼が浮気しててその浮気相手が?!
そう思い至って、このままにしておいても恐いので、彼の家へ行って直接聞いてみる事にしました。

 

7917892007/03/19(月) 21:53:30 ID: ID:ayB+5GmM0

私「今日こんな手紙が届いたんだけど・・・」
優一「は?!何だよこれ、警察に届けた方がいいよ!」
私「まさか浮気とかしてないよね?」
優一「するわけないだろう。でも、そう考えるのは当たり前か・・・」
優一「してない証拠といっちゃ何だけど、携帯見てみてよ。」

そう言われて携帯を満遍なく調べてみたけど、怪しいところは全くありませんでした。
なんでそう言い切れるのかと言うと、携帯の電話帳に入ってる人の名前は
ほぼ私とも顔見知りの人たちばかりで、私が知らない人とはほとんど連絡を取っていませんでした。
後に、これだけじゃ自分の気が済まないからと、携帯の履歴まで見せてくれました。

その翌日、一応警察へも行き
結婚するまで一緒に住むのはやめておこうと決めておいたのですが、私の親に事情を説明し
誰が犯人か分かるまで(私の実家は職場から遠いので)彼と一緒に住むことになりました。

それから数週間は、何事もなかったかのように平和な時が過ぎていきました。
だけど、家を空けている事に不安だったし、あれは誰かの悪い悪戯でもう大丈夫なんじゃないかと思い
彼に頼んで一緒に私の家へ様子を見に行くことにしました。
そこで私が見たものは・・・

Google AdSense

入り口のドアに、あの新聞を切り取って作った文章で
「売春女」や「死ね」等、他にも色んな罵倒の言葉が貼り付けてあり
ポストの中には生ごみが溢れんばかりに突っ込まれていました。

 

7947892007/03/19(月) 21:57:08 ID: ID:ayB+5GmM0

こういうのは、テレビのドラマの中でしか起こりえないと思っていたのに、いきなり自分に向けて突きつけられて
あまりの現実味のなさに、しばらくぼぉっとしながら他人事のように眺めていました。
彼の言葉で我に返り、取り合えず家の中へ入る事にしました。
幸い、部屋の中は無事だったのでひとまず安心していたら、段々恐怖がわき上がってきました。

これから何があるか分からないし、役に立つかもしれないから写真を撮っておこうと言われ
家の前の惨状をデジカメに写して、本題に入りました。

優一「こんな事され続けてたらこの先、段々エスカレートしていって瑞季自身に被害が及ぶかもしれない。」
「そうなる前に、いったい誰の仕業なのか確かめる必要がある。」
「だから俺は、今日からしばらくこっちに泊まって様子を見る」
私「とても恐いけど、これは私の問題でもあるし、いったい誰がこんな事をやっているのか自分の目で確かめたい。」
優一「危ないから瑞季は俺の家にいろ!」

そう言う彼を説得し、その日から私たちは私の家に泊まることになりました。

彼が家にきてからは、嫌がらせもぱったりと止んで、あれは夢か何かだったのかと思い始めていた頃
あの嫌がらせの手紙の件から今まで、毎日私を職場まで迎えに来ていた彼が
会社のいざこざで残業になり、どうしても迎えに来られなくなってしまいました。

嫌がらせから今まで私自身に被害が及んだこともなかったし、近頃は音沙汰もなく平和に暮らしてたし
地下鉄を降りて家まで10分くらいだから、今日くらい大丈夫だろうと思って、一人で歩いて帰ることにしました。
今思うと、タクシーでも拾って帰った方が賢明だったなと思います。

地下鉄も出て、家まであと半分くらいと言う所で
前から、深い帽子と眼鏡(サングラス?)を身に着けた見るからに怪しげな女性が歩いてきました。
不審に思って、相手に悟られないようにバッグの中で、いざという時のために「110」を携帯に打ち込み
後はかけるだけの状態にしておいて、通話ボタンに指を乗せたままその女性とすれ違いました。
(すれ違ったと言っても道の反対側に居たわけですが。)

 

Google AdSense
コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう