Google AdSense

241: 本当にあった怖い名無し 2011/06/30(木) 14:40:06.00 ID:Vn9h8hXS0
心を壊して入院してたことがある。退院したのは30歳の時。浦島多呂子とでも。
私の記憶は大学生活の途中で途切れ、24歳位からの牢獄じみた生活で再開されてる。
空白の期間に何かあって、幻覚の幸せな生活の中に埋没して、戻れなくなったのね。
そこから日常生活に戻るまでに色々とやったけれど、興味がある人いるなら書くわ。

 

249: 1 2011/06/30(木) 15:37:27.82 ID:Vn9h8hXS0

24歳の時に意識を取り戻した。
目覚めた時私は椅子か何かに座らされていた。
頭や腕などにいろんな機械みたいなものが接続されていて
硝子の向こうの白衣達が私を見ながら驚いた顔をしているのがわかった。
目の前にも医者がいた。周囲を見渡してる間は気にもしなかった顔だ。
唯一話せる距離にいるのがその男だったので、その顔をみた。
すると、とてつもない恐怖がこみ上げてきた。理由は分からない。
私は助けてと叫んで、接続されたコードをひきちぎるようにして(或いはひきちぎって)ドアにかけよった。

意識を取り戻したものの、私は、隔離病棟に置かれた。
錯乱状態のように見えたらしい。ただ、意識を取り戻して以降の記憶ははっきりとしている。
弁護のように思えるかもしれないが、私は、正気だった。
医者が自分を助けてくれたという認識はちゃんとあった。
その彼から逃れようとしたことを後悔もした。
残念なことに、精神を病んでいるという先入観でみてくる医者達には、それは伝わらない。
そして、もう一つはっきりしていることがあった。
それは件の医者-彼をAとしよう-が目の前にいるととてつもない恐怖がこみあげてくることだ。
それが、折角意識を取り戻した自分の立場を悪くすると理解していたから。
私は、極力この恐怖を抑えていた。

半年程経過する間に待遇が、微々たるものだが向上。
私の知るより、白髪の増えた両親とも再会した。
とても複雑な顔をしていたが喜んでくれた。
妙にキテレツなファッションをして、私を笑わそうとする努力も絶やさない優しい父母だ。
私の心は、Aの診察の時以外、穏やかなものになった。
はやく退院して、仕事を決め、両親を安心させたい。
そんなささやかな願いを抱きはじめた。
そんな願望は、院長先生自らの診察の時
当分退院出来ないとはっきりと告げられて砕け散った。

Google AdSense

 

250: 2 2011/06/30(木) 15:39:41.54 ID:Vn9h8hXS0

両親以外、誰も面会に来てはくれない生活。
医者と看護師以外、まともに会話できる知性のある人もいない。
テレビを一日中みつめて涎を垂れ流している老婆や
拘束服に身を包ませられながら、こちらを血走った目で見つめてくる男といった
おぼろげに覚えていた平和な日常とは、まったく違った環境。
段々と、病院そのものが、私の精神を疲労困憊させていった。
患者の立場で退院を求めても、医者の立場でそれを拒否される。
バイトをして稼いだお金を両親に少しでもお礼として渡したい。
それがダメなら、せめて、毛糸で編物をして両親にプレゼントしたい。
これらの望みも却下されてしまった。
病院の仕事の手伝いをするから、十円でいいからお願いしますといってもダメだった。
その十円で、駄菓子でも買ってきてもらって、自分の手で渡したいと思うことすら許されない。
両親にその悩みを打ち明けると、両親は大層喜んだ。
「そのうちきっと、あ○○○(しゅばとかしぇばとかそんな音)様がお前を助けてくれるよ」

無情にも時間だけが過ぎていった。
私は病院で25、26のバースデーを迎えてしまった。
両親がケーキをもって祝いにきてくれたのが救いだった。
その間、あ○○○様の名前をなんども聞いた。
発音しにくい名前をやたら正確に発声していたから
呼び間違えてはならない名前なんだと察した。
私のせいで、両親がカルトにでもはまったのかと思うと
夜中に唐突に涙が溢れて、一睡もできない日もあったように思う。

 

251: 3 2011/06/30(木) 15:43:36.75 ID:Vn9h8hXS0

27歳になったある日。チャンスが唐突にやってきた。
外の病院から、偉い先生の一団がきたのだ。
彼らは隔離病棟にやってきて、特に私をとても興味深く観察していた。
声はきこえなかったが、Aはやたらと彼らを急かしていた。
最初に抱いた恐怖からはじまり、わたしはAを信頼していなかった。
この時、Aは私が外に出てはまずいのではないかと思った。
彼の考えとは裏腹に、私は普通に振舞った。
久しぶりに見る、見慣れてない顔。
手を振ったり、ガラス越しに筆談してみると、一団は硝子の向こうで院長先生と何かを話しはじめた。

結論から言うと、私には外出許可が降りるようになった。
一団と私は面談し、そこで私は精一杯、私が快方に向かっていて
この牢獄のような場所から解放するに足る人間だとアピールした。
アピールといっても、媚びるわけではない。
ただ、普通にするだけ。妙な態度のAに対する怒りを隠しただけ。
仕事もさせてはもらえないけれど、週一で、3時間も自由になった。
仕事っぽいことでもして、せめて気を紛らわそうと
近くの公園にでかけていって、清掃することにした。

かの一団は、この病院の上部組織の医療法人のお偉方だった。
彼らは、幻覚の世界から戻ってきた私に、大変興味を示してくれてた。
私は彼らの求めには素直に応じた。
そして徐々にAへの不信をあらわにしていった。これが、私の策略。
担当医師をAから別のものにさせたかった。
よしんば、転院を勝ち取ろうとも。
28歳のバースデーに、私は転院というプレゼントを勝ち取った。
一団の中でも最も若手だった40代のN様の病院が私の転院先に決まった。
転院の日、Aが私を凝視していたのが、とても気になった。

Google AdSense
コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう