Google AdSense
お知らせ*2018年5月1日よりサイトを引っ越しました、今後は「NEOまとめ革命」にまとめ記事を投稿して行きます。

Google AdSense

567: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/07(土) 16:07:59.80
俺、離婚して5周年で区切りででカキコするんだけど需要あるかな?
内容としては俺の完全勝利なんだけど…

 

571: 567 2013/12/07(土) 16:41:53.18
それじゃ…身ばれしない範囲で!
当時、俺32才で某施設で機械のメンテの仕事・元嫁26才で会社勤務。その時、子供は5才と4才の年子。
元嫁の浮気がわかったのは俺友夫婦からのチクリ。
俺友夫婦、あちらこちらのラブホ巡りを趣味とする変な夫婦で…ある日、夫婦でホテルに出かけた際に元妻と偶然にホテルのロビー(?)で鉢合わせしたんだよ

 

573: 567 2013/12/07(土) 17:04:19.03

いつもメールで連絡を寄越すんだけど珍しく電話をかけてきて…
俺友「○男?今、電話、大丈夫か?」
俺「仕事中で大丈夫なわけねえだろ。急用か?」
ちょうど遅い昼休みだったんで電話を続けた。
俺友「今さ、女房とホテルにいるんだけど…」
俺「なんだノロケか?相変わらずお盛んだね」
俺友「実は○美ちゃんと会ったんだ。ホテルで…」
俺「ドッキリありがとう」
俺友「冗談でい言うかよ」
俺「???」
俺友「とにかく証拠、掴むから仕事上がったら俺の家にこい」
俺「ううん」

とにかく俺友の電話が信じられなく午後の仕事は上の空だった…
その日は早出の仕事だたんで午後4時には仕事が終わった。

 

611: 567 2013/12/07(土) 20:55:59.69

567だけど…続けていいかな???

仕事が終わり、俺友の家に行ったのだが…
まだ信じがたくドッキリであってほしいと思った。

俺友妻が玄関で出迎えてくれるがいつもの愛想がなく俺友の居間に通された…
俺友「間違いなく○美さんだと思うが○男も確認してくれ」
俺「…」

この段階でも半信半疑でビデオの画面で”ドッキリでした”と画面が出るのではないかと思った。
ビデオはどこかの駐車場から写したものだった。

俺友「此処ね、一階が駐車場のホテルなんだよ」
俺「…」

ビデオが流されて2~3分したところでエレベーターのエントランスから腕を組んで出て来るカップルを撮られていた。
画面はズームアップされて男は40才より若い感じで女の方はまぎれもなく妻の○美だった。

俺友「間違いないよな?」
俺「○美のようだね…」
俺友妻「間違ってもヤケおこしちゃだめだよ」
俺「大丈夫、大丈夫だと思う」

Google AdSense

自分の性格を自分でいうのも変だが、こういった極限状態になると普段以上に冷静になってしまう傾向が昔からあった。
正直、ビデオを見を終わった後は淡々とした感情だった。
ビデオはどこかのショッピングセンターの駐車場で間男と別れるシーンで終わった。
帰りがけビデオをシーンンを何枚かプリントアウトしたものを貰い家に帰った。

 

616: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/07(土) 21:22:06.21
567はなんでこんなに遅漏なの?

 

621: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/07(土) 21:40:54.12
そんなときにビデオって…
俺友はハメ撮りを趣味にしてんのか?

 

624: 567 2013/12/07(土) 21:46:19.30
>616
遅漏ですいません。
>621
俺もなぜビデを持っていたかを後日、俺友に聞いたら”はめ撮り”をする予定だったと言ってました。

 

809: 567 2013/12/13(金) 16:14:04.24

567です。
他レスを邪魔していたようで…ほとぼりが冷めたので戻ってきました。

俺友家から帰ってから子供を保育園に迎いに行きました。その日は俺が仕事が早がりなので迎いに行くことになっていました。
保育園から家に戻り子供の着替えを準備し妹の所に行き子供を預けました。
妹は専業主婦で旦那の事務所を忙しい時だけ手伝う感じで自由がきく立場でした。

俺「急に割るけど子供たちを預かってくれないか?泊まり有で…」
妹「…!?、何かあったの?」
俺「ちょっとまずいことになりそうで…」
妹「もしかして義姉さんと何かあったの」
俺「…」
妹「わかった、何かあったら電話ちょうだい」
俺妹、年の割にはしっかり者で年上の俺が頼りにする存在。子供もなついているし妹子とは大の仲良しで預かるのは心配なかった。

自宅の戻り、妻の帰りを待った。妻は6時半ごろ帰ってきた。いつもの時間だった。
数時間前まで間男と乳繰り合っていた妻が何食わぬ顔をしていた。
冷静さの中に強い怒りを感じたが平静を保った。
妻はすぐに子供たちがいないことに気が付いて俺に聞いてきた。
子供を妹の所に預けてきたことを話しをし居間のソファに妻を座らせた。
妻はいつも子供たちが俺妹の所に遊びに行っているので、何も疑うことはなかった。

妻「何?これからお夕飯、作らなければならないんだけど。○太と○子、遅くならないうちにつれて来てね」
俺「まあ、話をしようよ」
妻「なあに?」
俺は例のプリントしたモノが入っている茶封筒を妻に渡した。
妻は”?”と感じで受け取った。

Google AdSense

妻は「え~何かのサプライズ?」と言って受けとったが中身を取り出したら動きが止まった。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう