Google AdSense
お知らせ*2018年5月1日よりサイトを引っ越しました、今後は「NEOまとめ革命」にまとめ記事を投稿して行きます。

Google AdSense

482: 名無しさん 2010/06/05(土) 15:29:32 ID:aYuhj7TI

rrrrrrrrrr

私「・・もしもし?」

T「Tだけど。」

私「あ、はい。」

T「今暇?飯行きたいんだけど。」

Tと駅で待ち合わせすることになった。

 

483: 名無しさん 2010/06/05(土) 15:30:19 ID:aYuhj7TI

私「はじめましてw」

T「どうも。何食いたい?」

私「安くてたくさん食べれるところw」

T「何だよそれw俺が誘ったんだから好きなもの食えって。」

私「えwwwwそうですかwwwじゃあ焼肉でwwwwww」

 

484: 名無しさん 2010/06/05(土) 15:31:12 ID:aYuhj7TI

私「うめーwwwwwwwあっ、ビビンバ頼んでいいですかwwwwww」

T「いいよ。そういえばさ、Aってユッケ好きなんだぜ?」

私「知ってますwこの間もユッケが食べれなかったとか何とかでkとケンカしてましたww」

T「意味わかんねーwwwww」

 

485: 名無しさん 2010/06/05(土) 15:32:10 ID:aYuhj7TI

TはいかにもAが好みそうなタイプだった。kとは全くの正反対であるけれど。

こんな人がいたらそりゃAも浮気するわーと思う反面、なんでkみたいなやつと
長く続いてるんだろうとますます疑問になった。

Tは意外に話しやすい。そして楽しい。初めて会ったことを忘れるくらいTとは仲良くなった。

あっ!言っておくけどTとウフフな関係にはなってないからね。

 

486: 名無しさん 2010/06/05(土) 15:33:00 ID:aYuhj7TI

私「Tさんはなんでホストになろうと思ったんですか?」

T「金がほしかったんだよ。」

私「でも、毎晩お酒飲むわけだから大変ですよねw」

T「俺酒だいすきだから大変なんて思ったことないわw」

 

500: 名無しさん 2010/06/06(日) 00:52:13 ID:uRdxkRXE

私「ところで、kは店でどんな感じなんですか?」

T「まさに犬だよ。客におもちゃにされるわ、先輩にこき使われるわで。でも可愛いやつだよ。
k自身も楽しくやってるみたいだし。」

私「そのkに私は復讐したいんですよ?」

T「まぁ殴るのはよくないからなw今回は目つぶっててあげる。」

 

501: 名無しさん 2010/06/06(日) 00:53:25 ID:uRdxkRXE

私「ちなみにAとはいつからですか?」

T「付き合ったのは3年くらい前に紹介で。3か月くらいで別れたけどな。
それから半年前にAがうちの店に来たんだよ、kが働き出したからって。」

T「そこで再会したときに、Aはkが席を外してるときに連絡先交換してくれって。」

私「それからちょくちょく会ったんですか?」

 

502: 名無しさん 2010/06/06(日) 00:54:23 ID:uRdxkRXE

T「うん。最初昔の友達みたいな感じで一緒に飯を食いにいったりしてたんだけど、
ある日彼氏のことで相談があるからって会うことになったんだよ。
で、その時二人とも結構酔っぱらってさ、そのままホテルに行っちゃったって感じ。」

私「エッチしたのはその時だけ?」

T「自分聞くねーwそれから何かと理由つけて会って・・・みたいな。」

 

503: 名無しさん 2010/06/06(日) 00:55:32 ID:uRdxkRXE

私「付き合うことにはなったんですか?」

T「だから付き合ってないってw俺が言うのもあれだけどAには彼氏がいるし。」

私「本当、Tさんが言うなって感じw」

T「あいつと付き合ったのは三カ月くらいだけど、それでもあいつの性格についていけないっていうか
たかが三カ月で思い知ったよwだから付き合うのは避けたかった。何度か告られたけどね。」

 

504: 名無しさん 2010/06/06(日) 00:57:16 ID:uRdxkRXE

私「なるほど。」

T「もちろんkには言ってないし内緒な?w」

それからまたいろいろな話をして別れた。

家に帰って気付いた。友2から着信が何件も入っていた。

なんとなく出たくないなーって思ったけどかけなおしてみた。

 

505: 名無しさん 2010/06/06(日) 00:58:36 ID:uRdxkRXE

私「友2?ごめん!さっき用事があって出れなかったんだ。」

友2「そうだったんだ。うち嫌われたのかなーって心配してたw」

Google AdSense

私「そんなことないよwで、どうしたの?」

友2「Nにフラれたwww」

 

506: 名無しさん 2010/06/06(日) 00:59:29 ID:uRdxkRXE

私「・・・告白したん?」

友2「うん。1には悪いと思ったけど、でも気持ちがおさまらなくてw
でもあっさりごめんって言われちゃったwww」

私「そうなんだ・・・。大変だったね。」

友2「うん!だから1、最近お互いに避けてたと思うけど、これからは仲良くしようね!」

 

507: 名無しさん 2010/06/06(日) 01:00:23 ID:uRdxkRXE

私「うん。あの時はきつく言ってごめんね。友2が嫌いだからとか、本当は復讐計画に支障がきたすとかじゃなかったんだよ。
うちにとっては友2もNにもとても大事。でももし二人が付き合うことになれば、私がおいてけぼりにされるかもしれないって思って。」

友2「そうだったんだ!でもそんな心配いらないよwもしうちらが付き合っても1のこと忘れるわけないし、
うちにとってもNにとっても1は大切なんだから、おいてけぼりなんてしないよ!」

私「・・・よかった、何か嬉しい。」

 

508: 名無しさん 2010/06/06(日) 01:01:09 ID:uRdxkRXE

友2「って言っても結局玉砕したけどww結構好きだったのになーwwwww・・・・・。」

私「友2?」

友2「最初なんだこのニート?って思ってたけど、案外おもしろかったんだよねw」

私「うん。」

友2「でもさ、1に言われた通り、今は復讐のことだけを考えなきゃ!って思ってたんだ!」

 

509: 名無しさん 2010/06/06(日) 01:01:58 ID:uRdxkRXE

私「うん。」

友2「でもNに会うたびに、復讐のことなんか忘れるくらいドキドキするんだw
もし復讐が終わったらNには会えないのかなって思うと、辛くもなったし。」

私「・・・・。」

友2「そんなつもりじゃなかったんだけど・・・気持ち・・が・・・ね。」

 

510: 名無しさん 2010/06/06(日) 01:02:45 ID:uRdxkRXE

私「友2、分かったよ。無理に言わなくていいから。」

友2「本当に大好きだった!!!!今もまだ好きだよ!!!!!!!」

私「・・・・。」

友2「もう・・・よく分かんない・・・・。」

私「ごめん、ちょっと切る。」

 

511: 名無しさん 2010/06/06(日) 01:03:33 ID:uRdxkRXE

rrrrrrr

N「はーい。」

私「おい!!!!N!!!!!!今すぐ返事を出せ!!!」

N「なにが?wwwww」

私「友2にだよ!!!!!復讐が終わったら考え直すって言ったの、今すぐ考え直せ!!!!!」

 

512: 名無しさん 2010/06/06(日) 01:04:21 ID:uRdxkRXE

N「どうしたんだよ急にw」

私「さっき友2と電話した。」

N「そうなんだ。」

私「好きなの?好きじゃないの?」

N「えww分かんないww」

 

513: 名無しさん 2010/06/06(日) 01:05:59 ID:uRdxkRXE

私「分かんないじゃねーよ!!!」

N「んー・・・・。でもほら、お前妬くじゃん?」

私「へ?」

N「俺と友2が付き合ったら妬くだろ絶対w」

こいつは馬鹿だ、そしてよく分かってる

 

519: 名無しさん 2010/06/06(日) 07:30:49 ID:uRdxkRXE

私「や、妬かねーよ!うちのことは心配すんな!もう友2ともその話はしてある!」

N「いいんだな?じゃあ付き合おうっと。」

私「付き合おうっとって・・。好きで付き合うんだろ?」

N「うん。」

 

520: 名無しさん 2010/06/06(日) 07:35:24 ID:uRdxkRXE

私「なんで!?」

N「お前言ってることむちゃくちゃすぎww」

私「本当に友2のこと好きなの?」

N「好きだよ。」

私「どこが!?」

N「可愛いところw」

 

521: 名無しさん 2010/06/06(日) 07:36:17 ID:uRdxkRXE

その後、Nは友2に連絡し付き合うことになった 。素直に喜べた。

友2が泣きながら電話をしてきた。嬉し泣きでね。

頑張るから!!って言った友2の顔はきっとすごく笑顔だったんだおうな。見たかったな。

Google AdSense

なんだかこっちも嬉しくなって、変にテンションが上がった私は電話を切った後
久しぶりにAのリアルタイムを覗いてみた。

コメントを残す

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう