Google AdSense

65みずき 2015/01/16(金) 22:02:34.78 ID: ID:j18SJdWe.net

聞いてくれてありがとう。コテハンがよくわからんが。

・相談者の年齢職業
44歳公務員
・嫁の年齢職業
40歳専門職
・婚姻期間
15年
・子供の人数、年齢
小学生3人
・わかってるなら間男の年齢職業
39歳専門職 共通の知り合い
・過去の不倫の有無(夫婦共に)
こっちなし。相手もたぶんなし。
・現時点で決別か再構築か方針は決まってるか
これを迷って相談したいと。
・その他、経緯と状況説明
今日は妻が仕事で遅くなる日で、たまたま普通共通の部屋を掃除してたら、机の上に堂々と日記が。
数ヶ月前から少し怪しかったから、中身を見たら、もう真っ黒。
あの人に会いたい。
いますぐ会いたい。
一緒に風呂に入りたい。などなど。

子供もいるし、二年前に貯金なしで4000千万ほどの家も買ったし、もうどうすればいいか、と。()

 

70名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/16(金) 22:07:59.30 ID:

こないだなんて、仕事に行ってる間に間がうちに来た模様。
っつーか、いまこの現在も会ってる。リアル進行中。
子供は普通にテレビ見てて、悲しくて泣きそうだ。

 

71名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/16(金) 22:12:37.80 ID:

それで相談なんだが、間から慰謝料だけもらって再構築すべきか、涙を飲んで離婚するか。

参考までに数ヶ月前からの怪しい直感。

数ヶ月前に最後に行為をしたとき、口でするのはごめん手でいい?と言ったのだが、この15年そんなこと言ったことなかったし、こっちは手の方が好きなのに、変だなーと思ってた。その日は男の人って口が好きなんでしょ?とか言ってたが、いま思うとそういうことかと。

 

73名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/16(金) 22:16:57.13 ID:

日記だけでは
「妄想」だったと、とぼけられて潜られて終わりだよ。

携帯も別のを隠し持っている可能性を考えておくように。

Google AdSense

再構築するならば、嫁に罪を償わせる意味もこめて
慰謝料と離婚をし、同居する。

制裁の場合、
子供の親権が問題になる。
子供に、家族捨てて間男を選んだ母親という事を
しっかりと刷り込んでから、離婚調停に臨む事
男親の養育実績というのはかなり無理があるから
子供が母親を拒絶している事を家裁の調停員に印象付ける事
親権をとられた場合、養育費として毎月10万くらい嫁に持っていかれるぞ
子供の為に使うだろうが、嫁が稼いだ金は間との有意義な時間の
ために使われると思ったほうが良い。

客観的な証拠としては、興信所に頼んだほうが良い
弁護士は興信所が紹介してくれる事もある。

但し、弁護士は慰謝料が増える事が自分の成功報酬が増える事になるので
間への社会的制裁には消極的な可能性がある。

どういう方向で行きたいか、自分で決めて弁護士に「意志」(意思ではない)を
伝える事が大事だ。

ここが踏ん張りどころだ、初手からミスらずに冷静に頑張れ気団がついている。

 

74名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/16(金) 22:23:24.73 ID:

家に入れているなら
興信所に頼んで隠しカメラを仕掛けてもらうといいよ。

で、弁護しいれた離婚交渉の中で家具の買取と新品家具の補填
家の壁紙などの張替え費用を慰謝料と別に実費請求すればいい。

ところで今はレスられているのかな?

相手に気づかれないように、今までどおりの演技を頑張って
証拠がそろうまで続けるんだ。

 

75名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/16(金) 22:26:23.67 ID:

涙出た。
ありがとうありがとう。
もういま、この瞬間も間といると思うとほんと死にそうで。
子供見てるとつらい。

カネは全て嫁が持ってるから、興信所はキビシイ。ペン型カメラはあるから、車か(嫁は必ず車を使う)、部屋に仕込むか。でも行為を見たら確実にシネルが。

再構築が現実的かなー。
あとで帰ったら、日記見たよって、凸ったらダメなことはわかった。
証拠がいるな。

子供はかわいいけど、そこまで親権にはこだわらん。一番いいのは、慰謝料もいらんから、再構築できることだけど、何より嫁が間を愛してるらしく、そこがもうどうしたらいいか。

離婚して、家には普通に住み続けて、互いに何も干渉せずに、仮面夫婦続けるか…。

 

Google AdSense
コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう