Google AdSense
780: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 01:28:19
トビです遅くなってすいません。
連投規制とかかかるまでは、がんばって書き込みます

 

782: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 01:29:13
昨日間嫁さんに昼食をご馳走になってきました。
間嫁さんのお話というのはやはり嫁を過去に囲っていた人物の素性についてでした。
間嫁さんは俺の調べよりは確実に多くの事実を掴んでいました。
嫁の相手はどうやらかの企業の今現在では70歳近い会長のようです。
嫁がそのマンションで暮らしていた当時に同じ階に住んでいた人に顔写真で面通しした
そうです。
それと嫁の大学の同級生の何人かに聞いたところ、嫁はやはり学生時代も会社に勤めて
いたころと同様に、あまり親しい友人はいなかったそうですが、周りはみんな嫁のこと
をかなりお金持ちのお嬢さんだと思っていたそうです。
大学生のころから随分とお金のかかった身なりをしていたようです。
特定の恋人や親しい男性の存在は、話をしてくれた同級生は誰も知らなかったようです

 

783: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 01:30:12

残念ながら嫁とかの会長との始めの接点は、これまでの調査ではまだ分かりません。
ただ、間嫁さんはかなり大切にされていた印象を受けるとおっしゃっていました。
今現在嫁がかの会長と続いている、あるいはなんらかの接点があるかどうかについては
確定的なことは言えないが、恐らくその可能性は極めて低いと思われるということです

引き続き調査は徹底的に行うそうです。

あまり詳しくは書けませんが、かの会長は随分手強い人のようで、いくら今現在切れて
いても、このクラスの人間は過去に自分が面倒を見ていた女が窮地に陥って助けを求め
てくれば恐らく介入してくる可能性が高いので、自分もそうだけれどアナタも十分注意
しなさいと警告してくれました。
間嫁さんは徹底的に嫁と戦うつもりのようです。

 

784: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 01:31:02

今日の昼食は中心部のデパートのちょっと前にリニューアルした高級店コーナーのイタ
メシ店でのランチコースだったので、結構時間がかかった上お客さんも少なかったので
じっくり間嫁さんのお話を聞くことができました。
前回のように弁護士同伴ではなく、俺1人だったこともあってリラックスしてかなり饒
舌でした。

間嫁さんは間男との離婚については納得も理解もしているし、自分自身こうなってしま
ったことに大きく反省しているそうです。
普通の妻のように夫を尊敬して、慈しみ、なによりも愛することができなかったってお
っしゃいました、受験生の親というか、競走馬の調教師というのか、なにかそんな感覚
で出世させ、成功させることばかりにあまりにも気をとられすぎて、気がついたらどう
しようもなく冷え切った夫婦関係が目の前に横たわっていて、どうしようもなかったそ
うです。
自分もそうだったが、間男がそんな冷めた結婚生活の救いを外に求めたことについて、
彼の気持ちが理解できてしまうところがどうにも悲しいし、残念でしょうがない、どう
してどこかでやり直すことができなかったのかって、なんかとても寂しそうでした。

 

786: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 01:34:45

俺が不思議だったのは、前回の離婚危機の際の間男が心底本気になった女性について、
間嫁さんはあまり悪い感情を持っていないことです。
その女性はどうやら俺の嫁とは全く違うタイプで、既婚者である間男と不倫関係になる
ことに大きな抵抗があり、懸命に抵抗していたようですが、最後は全てを捨ててでも一
緒になりたいと願う間男の情熱に押し切られたようですが、いざ現実に離婚となるとや
はり子供のことや、親族のことなど色々な問題が絡んできて多くの人達に迷惑をかけ、
悲しませることがその女性には耐えられなかったようで、それでも離婚にむけばく進し
ようとする間男を振りきって、身を引いたそうです。
その女性は1人で間嫁さんに合いにきて間嫁さんに泣きながら謝り続けたそうです。

 

789: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 01:35:48
それでもこうなるまでは、間男の情熱というか、本気ぶりに怒り、嫉妬もしたのでしょ
うし、なによりもその女性が翻意してまた間男を奪いにくるのでは?と言う思いからず
っとその女性のことを警戒していたそうですが、今回こうなって間嫁さんとしては心底
憎い俺の嫁と間男が一緒になるなら、あの時に自分が離婚してその女性と一緒にさせれ
ばよかったって本気で思っているみたいでした。
“アナタには失礼だけど、あんな女に押し切られて結婚なんて・・・ほんとにバカな男
どうしようもない、なにもみえてない・・・“でも俺には同情しているようにも見えました。
いくら愛情のない結婚だったとはいえ、長い年月をともにしてきたわけですのでみすみす
不幸になることが分かっているのをほっておけないのかもしれません。
間男はその女性との別れの前は、今とは全然違いもっと精力的である意味では魅力的だ
ったそうで、俺の嫁とのことなどただの遊びで多くの女性の中の一人に過ぎず、間嫁さん
はたいして気にもしていなかったそうで、今回こうなるまで嫁の正体に全く気がつかなか
ったことこそ痛恨の極みとおっしゃっていました。
間男が心底本気で愛した女性は、結構裕福な家庭のお嬢さんだそうですが、俺の嫁と同じ
くすでに父親は他界していて、今も結婚せずに母親と二人で静かに暮しているそうです。
大層美しい女性だしそうです。

 

791: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 01:37:33
別れてから1年の間、間男は必死でその女性の心を取り戻そうと必死だったそうですが、
彼女はどれだけ間男が懇願しても決してよりを戻すことはしなかったそうです。
そうして、だんだんと間男は覇気を失い元気をなくしてとうとう人生に投げやりになり、
ついには間嫁さんが言うには、廃人のようになってしまったそうです。
そんな間男の姿を見ることが、間嫁さんにとってはどうしようもなく悲しく、そのことが
きっかけで、自分が間男にとってきた愛情のない行動に結婚して以来初めて後悔したとお
っしゃいました。
しかし、間嫁さんと間男の夫婦関係はもうすでに時遅く、どうにもならなかったようです

自分よりもおそらく遥かに真剣に夫のことを愛し、そしてある意味では自分の夫が生涯で
初めて心から恋した女性に対するひたむきな情熱を目の当たりにして、なぜ自分はお互い
に愛のない結婚に執着したのか?なぜ自分が身を引かなかったのか、間嫁さんはその思い
にずっと煩悶し続け随分苦しんできたようです。

 

792: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 01:39:03
間嫁さんが、自分の夫と深い関係になり危うく奪われそうになった女性に対して、ある種
の好意を抱いていることには正直驚きました。
間嫁さんは本当はとても公正に人の評価ができる人なのかもしれません。
そして、とても孤独な悲しい女性のような気がします。
如何に自分にも大きな原因があったとはいえ、それでも誰も自分のことを愛してくれな
いことが、彼女にはどうしようもなくさみしく、彼女もまた、間男と同じように他所の
男に愛と温もりを求めてしまったのでしょう。
しかしそこに大きな落とし穴がありました。
どうしても生涯許せない、自分の心をおもちゃにされたどうしようもない怒りだと思いま
す。
彼女は間男が俺のものになるのなら、絶対に間男から一切を奪い丸裸で送り出すつもりの
ようです。

 

793: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 01:40:13

間嫁さんがそこまで俺の嫁を憎む原因になった、例の間嫁さんの不倫についてはさすがに
あまり多くは語ってはくれませんでしたが、それでもある程度のことはわかりました。

Google AdSense

間嫁さんの相手というのは、彼女が通っていた英会話教室に新しく入ってきた若い独身男
性で、貧しいけれどもとても向上心があったようで長く通っている彼女に自分がわからな
いところなんかを一生懸命聞いてきて、とても彼女になついていたようで彼女もだんだん
可愛くなってきて、結構親身になって教えてあげていたようで次第に親しくなっていった
そうです。
ある時その男性がボーナスをもらったので、いつも教えて貰っているお礼にご馳走したい
と言われ、彼女も貧しい青年のそんな気持ちが嬉しくて一緒に食事をしたそうです。

 

795: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 01:41:28
その日の帰りに彼女はその青年に強引に迫られついつい関係を持ってしまったみたいです

そんな関係が一か月ぐらい続いたそうですが、ある日突然その青年は姿を消してしまい、
どうやら名前も住所も嘘だったようで、間嫁さんはしばらくの間さがしたそうですが、
それっきり青年の行方は掴めなかったようです。
それからしばらくしたある日、間男のもとに間嫁さんと青年の情事の様子を写した写真
が送られてきたそうです。
まあ当然と言えば当然ですが、この話をしている時の間嫁さんは怒りのために顔色が青く
なり、手元が小刻みに震えていました。
もしすべてが嫁の仕組んだことだとしたら、あんまりにも酷いと思います人間として絶
対に許されないことだと思います。
間嫁さんの心情が痛いほど俺にも理解できます。
正直かける言葉がみつからず俺もしばし無言になってしまいました。
間嫁さんはきっと全てを失うことになっても、嫁への復讐を止めることはないと思います

 

804: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 01:56:44

それから、どうやら俺は嫁に嵌められたようです。
どうも一昨日から社内の様子が変だってことは感じていましたが、昨日その理由がわかり
ました。
俺達夫婦が現在別居していて離婚間近なことが知れ渡っていました。
しかもその理由が、俺が嫌がる嫁に長年に渡って変態的な性行為を強要し続け(早い話が
SMです)、耐えきれなくなった嫁が離婚を求めて家を出たってことになっています。
回りの目が痛いです、俺のほうを見ながら露骨に気持ち悪そうにしている女子職員が沢山
います。
俺に笑いながら“よう!変態”とかって声をかける同僚もいます。
仲のよかった同僚がこっそりと教えてくれたので、初めて俺は気がつきました。
あまりにも突然大々的に広まったため、ネタ元がいったいだれなのか全く特定できません。
今更真実を明かしたところで間違いなくだれも信じてくれません。
この噂がいったいいつになったら消えてくれるのか、どうしようもなく暗い気分です。
はっきりとわかったことはどうやら社内に嫁の協力者がいます。
その人間が明らかに計画的にニセの情報を流したと思います。
それから、きっと俺の行動予定も流していたものと思われます。
このままでは俺は近いうちに会社を辞めざる負えません。

 

808: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/03/01(土) 02:00:20
>>804
おいおい嫁の方が変態だって証明する証拠が山ほどあるんだし、打てる手を打てばいいじゃん。
ろくに抵抗せず、唯々諾々と辞めるのかwww
何にもしない、できない男は、これから何年生きても絶対に幸せになんかなれんよwww

 

811: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 02:04:21
>>808
とりあえず今は、静観するしかありません。
その上でぐたいてきな真実を信用できる人間を中心にリークしていくしかありません。
ただその前に社内の嫁の協力者を何としても特定しないといけません。

 

809: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/03/01(土) 02:02:51
>>804
弁ちゃんを連れて会社に行こう!!

 

814: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 02:06:22
>>809
そうですね、それはいいかも知れません。
弁護士に具体的な真実を上司や幹部に説明してもらうのが一番かもしれません。

 

815: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/03/01(土) 02:07:50
なんで協力者を特定する必要があるのさ。
噂話が好きな連中に、証拠を見せてもっと破壊力のある噂を流してもらえばそれで済むこと。
そもそも協力者を特定できたところで、どうにかできるのか?

 

820: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 02:10:20
>>815
なるほどその手がありますね、まあ肉を切らせて骨を断つしかないですよね。

 

821: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/03/01(土) 02:13:39

>>816

同期で腹割って話せるやつ居ないの?ノーマルセクロスでも事情は分かるだろ。
上司は弁ちゃんに任せるとしても見方は多い方が良い。

 

822: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 02:16:35
>>821
何人かはいますので彼らに真実をはなし、広報活動してもらうことにします。

 

824: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 02:20:39
今日は本当に感謝いたします。
正直おれは事態が沈静化するまではどうしようもないと思っていましたが、
かなり色々な手段を講じることができることがわかりました。

 

825: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/03/01(土) 02:21:22
風説の流布という事で名誉毀損を前面に押し立てて、
弁ちゃんには会社に乗り込んでもらうということでいいんじゃないの。
開示できる範囲でいいから、嫁の異常性行動の公表しちゃったら?
特に女子社員の疑念は早めにおいたほうが良いかと・・・

 

830: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 02:24:14
>>825
犯人の特定ができるかどいかは別にして弁護士にそこまでやってもらえれば
さすがに噂は沈静化するでしょうね。
さっそく相談します。

 

843: 飛びっ子 ◆GplYuWLnjA 2008/03/01(土) 02:39:45
みなさんのアドバイスにしたがってやれることは全力でやりますが、たとえ俺は会社を
辞めることになっても後悔しません。
そんなことが怖くてとても嫁への報復なんてできませんから。
どんなことになっても俺は嫁に心底後悔させてやるつもりです。

Google AdSense
コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう