matomeja
Google AdSense

1おやまだ2014/07/19(土)14:53:42 ID: ID:MBIKVPqlL

昨年末に、俺と俺家が悪いと言って離婚した嫁が、
もう再婚したことを聞かされた。
いろいろ言い分はあったけど、せっかく嫁にきてくれたのに、
そこまで傷つけて悪かったと思って、反論せずに慰謝料とか
条件も全部飲んでやったのよ。
でも昨日共通の友達から聞いたんだけど、俺の離婚の時から
嫁をそばで支えてたやつと、もう再婚だって。
絶対に期間はかぶってない、浮気じゃないと言って、
友達たちは嫁の味方しかいないけど、そんなわけないじゃん。
今日シラフになって、そのうちの一人にあらためて「慰謝料
返還を言ってみる」って話したら、けんかになった。
それで、利害関係ない第三者でも同じこと言うか聞いてみろと、
ここのURLもらった。
2ちゃんに書きこむのはじめてなんだけど、俺間違ってないよね。
難しいとは思うけど、別れた嫁の浮気の証拠をつかんで慰謝料もらう
アドバイスもあったらください。お願いします。

 

2おやまだ2014/07/19(土)15:02:46 ID: ID:MBIKVPqlL

ちょっと分かりにくいかもだけど、時系列で箇条書きで書いてみる。

・大学時代に出会い、3年つきあって25歳の時に結婚。
・10年目で離婚。嫁の言い分は、
1.俺の両親がうるさい。
→同居じゃないけど、隔週で家に来てた。
子どもがいないことを怒ってたらしい。(俺は聞いてない)
2.俺の金使いが荒い。
→毎月小づかい3万じゃ足りなくて、何度も話し合ったけど
あげてもらえず、カードのリボ払いで買い物してたのがばれた。
毎月1~2万円程度。
3.貯金がたまらないから子どもができないのに、不妊扱いされた。
→親戚が年1~2回集まる時に、パンフとかもらってたらしい。

みたいなことを言われた。2については俺も悪いけど、スーツや
バッグみたいな会社に使うものはしょうがないだろ、と言っても
聞いてもらえなかった。

あと家事をやらないとか、DVとイチャモンもつけられたりしたけど、
さっき書いたように、離婚言いだすまで傷つけたのは俺だから
話し合いの後は、もう反論しなかった。友達はだから、嫁の言い分を
信じている部分があると思う。
慰謝料は使いこんだ家計や嫁貯金という名目もあって、250万円程度。
親の財産一部処分して払った。

Google AdSense

12月中旬に離婚して、先月末には入籍したし、子どもも
作るから酒飲まないとか言ってるらしい。
つきあって6カ月で結婚するとかありえないというのは
一般的な考えではないか。

 

3名無しさん@おーぷん2014/07/19(土)15:02:58 ID: ID:8V0cb6USO

要はスレ主が離婚届けを出す時に元嫁が既に浮気していたかどうかってことを知りたいんだろ
慰謝料の返還要求する前に元嫁が浮気していたかどうかの証拠を見つけることの方が先だね
メールなどの不貞の証拠があればいいけど、無くても浮気を立証してくれる友人などいたら証言を求めてみたらどうだろう

 

4おやまだ2014/07/19(土)15:21:32 ID: ID:MBIKVPqlL

嫁は大学卒業して働いた会社でずっと働いている。
相手はその職場の同僚らしい。
支店とかないし、中途採用とかもあんまりとらない
職種だから、「最近知り合って」なんていうのは
ありえないと思う。

あと俺の年収は450万円ぐらい、嫁も同じぐらい。
300万円貯めれたら、子どもと家を考えようと言ってたけど、
色々あって貯まらなかった。
ソファとか家具買ったのもあるから、俺のせいだけじゃ
もちろんない。浮気もない。

本当に泣き寝入りしたくない。

 

5おやまだ2014/07/19(土)15:28:41 ID: ID:MBIKVPqlL

>>3さん ありがとう。
やっぱり友達たちを説得するしかないか。
昨日飲んだのが共通の友達(一人は嫁同僚)なんだけど、
みんな嫁たちの味方なんだ。
「離婚するまで男女関係はない。保障する」と口そろえて
言われた。
でもそれなら半年で何で結婚するんだよ、という俺の意見に
納得いく反論はなかったよ。
肉体的な浮気もそうだけど、精神的な浮気だったらいけるのか?
こっちも慰謝料返還の材料になるか?

嫁が置いて言った日記読んだけど、同僚の記述はない。
俺と俺親の悪口ばっかり。悪魔日記だ。
gmailのパスワードを勝手に解明して中身見るとかは、
俺が捕まるよね。
何か手段はないのか。

 

Google AdSense
コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう