Google AdSense
Google AdSense

24恋人は名無しさん2014/07/12(土) 00:38:21.86 ID: ID:KJ/pK7/Vi



修羅場体験、投下します。初カキコなんで、不手際あったらすみません。

私が大学4年のときの話
当時は体育会系のがっつり部活(男女比1:1)で毎日練習していた。

登場人物
私  (21)4回生
彼  (20)3回生 雰囲気玉木宏の束縛系男子 以下玉木
浮気女(18)1回生 バナナマンの日村をやわらかくした感じの顔 体はきゃしゃで雰囲気かわいい 以下日村

私の在籍してた部活は、バリバリの体育会系。飲みも毎週あり、でも練習も週6であるという、
体力的にはかなりしんどいが、とてもやりがいのある楽しい部活だった。

当時4年の4月新歓の時期のこと。私は12月の最後の試合でいい成績が残せるよう、がんばっていた時期。
うちの部活は男子に人気がなく、でも試合に出るためには男子を入部させなければいけないため、
「新歓の間(約一ヶ月間)は、恋愛中の人がいたとしてもそれを新入生には伏せる」という習慣があった。
実際、先輩に憧れて入部する人も多く(同姓同士の憧れが多い)、
誰と誰が付き合っているか当てるというのもいいゲーム?になっていた。

当時、私は同じ部活の後輩の玉木と恋愛中で、私の一人暮らしの部屋に半同棲生活をしていた。
付き合って一年くらい経っていたが、束縛の強い玉木は、私が部活の飲みに参加するのを嫌がっていて、
飲み大好きだったが、彼のためにと、自由参加の飲みには行っていなかった。

 

2524 2014/07/12(土) 00:40:09.79 ID: ID:KJ/pK7/Vi

新歓にて、玉木は中身はヘタレだが、顔はいいので、新歓では女子にモテた。
私もやきもち焼きなので、「入部させたいのは分かるが、あまり一年生に優しくしすぎないでほしい。」とお願いしたこともある。
でも玉木は、「新歓の時は営業スマイル。本気で優しくしてるわけないだろ。」
と言っていた。そんな中、日村が新歓にやってきた。
いつものように接待する玉木。喜ぶ日村。すんなり入部宣言。
女の直感ていうのかな。その時、この女は本気で玉木を好きなんだなとすぐ分かった。
でも、カップル披露の日まで、まだ二週間もある。その間、玉木も周りも、玉木に彼女(私)がいることは伝えられない。
なんか嫌だな。と思いながらも、部活の慣習だし仕方ないと思って、べたべたしている日村をほっておいた。
ちなみに、日村は飲み会大好きの酒豪。飲み会という名のつくものには、店だろうが家だろうが皆勤だった。

その後、やっとカップル披露。
試合後の打ち上げ飲み会で発表するのが慣習なんだが、その3次会が他後輩の家飲みだったらしい。(私、玉木は不参加)
メンバー的には、ほとんど男子で、一人か二人が女子。そのうちの一人が日村だったらしい。
ちなみに、主に家飲みをするときは、男子の家で行うことが慣例。
たまに例外として、広い部屋持ちの女子に頼むときもあるけど、みんなそのまま雑魚寝できないからって、あまりつかわれない。

Google AdSense

そこで、
日村「玉木先輩のことほんとに好きだったんです。なのに、私先輩と付き合ってたなんて。
ずっと玉木先輩は騙してたんですか?こんなに好きになってしまったのに、どうしたらいいの?
あんなに優しくしてくれたら、勘違いしちゃうじゃない。ひどい。(ぽろぽろ泣く)」
男子たち「それは玉木がひどいわ。」
男子たち「誰でも、勘違いしちゃうよな~。日村ちゃんは悪くないよ~。」
男子たち「そうだよ。好きなら仕方ないよ。僕ら応援するよ~。」
・・・てな感じで、部内の半数ほどの男子(1、2回生)を味方につけたらしい。
その時点で、
人の彼氏を好きになってそれをあきらめようともしない、しかも味方まで作って何者?!って感じでカチムカだったんだけど。
まぁ、その時は、玉木を信じてたし、日村って性格悪いな。女が嫌いそうな性格だわ。くらいしか思ってなかった。

 

2624 2014/07/12(土) 00:43:09.09 ID: ID:KJ/pK7/Vi

その後部活では、先輩として私が日村など一回生に教える機会もあって、私はその当時は部内トップくらいの巧さだったので、
一回生からはよく慕われてた、と思う。
日村だけは要注意人物だったけど、他の一回生はかわいかったし、かわいがってたつもり。
私に面と向かって玉木について聞いてくることもなかったし、表面上は他の後輩と同じく、優しく接していたと思う。夏休みに入るころのこと。
日村は、すっかり部になじみ、特に男子からの評判はよかった。よく飲むし、飲み会には皆勤ででるし、雰囲気はかわいいから。
玉木も、先輩として日村にも教える時はあったし、結構話しかけられて話していたのは見かけていた。
玉木と半同棲していたが、玉木は一回生相手の飲み会に頻繁にでかけていて、でも私は飲み会参加しないでといわれていたので、
家で玉木の帰りを待つって日が多かった。

ある日、ささいなことでけんかして、玉木は飲み会に行ったきりなかなか戻らなかった。
連絡しても返事はなし。ちょっと心配になったので、(たまに飲みあけにそのまま泊ってる)玉木友人宅に聞いてみた。
・・・来てないとのこと。
どんなにけんかしても、うちに帰ってこなかった日はそれまで一度もなかったので、心配になって、いろいろ探していると、
やっと返信。
玉木「なに? ちゃんと泊るとこあるから大丈夫だよ。おやすみ」
みたいな感じでぶっきらぼう。

翌朝帰ってきた玉木。
悪いな、と思いつつ、携帯をのぞいてみた。
すると、日村と二人で部室(六畳くらいの畳)でいたことが判明。
でも、部室には部員全員鍵持ってるのでいつでも出入りできるし、密室とはいえない。
もやもやして問い詰めると、
玉木「なんで携帯とか見るわけ?信じられないの?何にもないに決まってるじゃん。俺こそもう私子のこと信用できない。」
みたいなことを言い出して、より一層けんか。



あぁ。もうこの恋もそろそろ潮時かなぁ。なんて思ってた。

 

Google AdSense

いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう