Google AdSense
Google AdSense

146恋人は名無しさん2006/12/02(土) 01:48:20 ID:



2ヶ月付き合った元彼・K太との修羅場を投下します。
ちょうど夏の私の誕生日あたりのことでした。
お互い大学生なので、家でほのぼのケーキ食べるくらいかなぁと思っていたら
私の欲しがっていた財布をプレゼントしてくれた上に、ペアリングを買ってくれ、高くて行ったことのないようなレストランに行ったりと
お金のかけように驚きましたが、嬉しかったです。
ちょうどその頃からK太が私の家に入り浸り半同棲状態になっていました。でもそれがいけなかったです。

私は大切な写真や物を、大きめのジュエリーボックスにいれて保管してるのですが、
K太にはまだそのことを言ってませんでした。

そしてある日私がバイトから帰ると、いつも通り元彼が部屋に上がりこんでました。
けどなにやら家の中の様子が変…
必ず「おかえり」と言うはずなのに返事がない。

なんかあった!?と思い部屋に入ると

食器棚は壊れてるし、タンスの中の物は飛び出てるし、ソファーはひっくり返ってるしでぐちゃぐちゃに部屋が散らかってました。

そこに殺気立ったK太が座ってました。
そしてK太の目の前のテーブルには私のジュエリーボックス。

 

147恋人は名無しさん2006/12/02(土) 01:50:58 ID:

私は凄まじい部屋の光景に驚き放心状態で
私「なにこれ?なにあったの?」
と聞くとK太は無表情で
K太「お前がそんな奴だと思わなかった。」「そんなに元彼引きずるなら別れればいいじゃねーか」「俺がいるのに最低な女だ」
など意味の分からないことを一方的にな゛ーっと喋りだし、すごい勢いで暴れ出しました(窓ガラス割れた)状況の飲み込めない私。
私「なにが?なんの話?私過去の恋愛は引きずらないタイプだし」

と弁解すると
彼がすごい形相で私の頭を掴み、ジュエリーボックスに私の顔を押しつけると

K太「これだよ!この中に元彼との写真やらアクセやら大事にとっておきやがって!」
とみたいなことを言ってきました。

どうやら元彼は私が元彼から貰ったアクセやおもちゃを大事にとっておいてると勘違いしているようでした…。

 

148恋人は名無しさん2006/12/02(土) 01:54:26 ID:

Google AdSense

私「いや違うから!ちゃんと話聞いて!」
K太「うるせー豚女!今すぐ目の前で全部捨てたら許してやるよ」
私「捨てないから!あの中にそういうの入ってないから!」
K太「そんな嘘ついてまで執着するのか!?」
私「だってあの中に元彼から貰ったものなんて1個も入ってないもん!」みたいなやりとりを繰り返す事数十回

とうとう痺れを切らしたのか彼が発狂したかのように
「いいよ!そんなに捨てれねーなら俺が捨ててやるよ!!」
と叫び、窓から駐車場に向かいジュエリーボックスを投げ出しました。

(゚Д゚)!!!!

私「なにすんね!!」
とジュエリーボックスを取りに行こうとすると
K太「まだわかんないのか!!」
と手首に手の形の痣ができた位すごい力で私を駐車場に行かせまいとしました。

私ももうブチ切れて
やたら高い声でジュエリーボックスの中身は
祖母からもらった時計やネックレス、
地元の友達(女)と全員お揃いで買った指輪、
高校時代の友達との写真(男女混合、たまに男子との2ショット写真もあり)、
尊敬する先輩(男、3個上)からの手紙、

親友からもらった今までの誕生日プレゼント

などである事を説明しました。

 

150恋人は名無しさん2006/12/02(土) 01:57:44 ID:

「え…あ…うそ…((((゜д゜;))))?! 」となるK太を置いて駐車場に行き、泣きながらアクセや写真を拾い集めました。
部屋の窓からK太が、言い訳とか謝罪をものすごい大きな声でしてました。そして全部拾い集め部屋にもどろうとすると、
叫び声を聞いた1階の住人から文句を言われ、
ケンカをする音を聞いていた隣人さんから「警察呼ぼうか?」と声をかけられました。(後から聞いた話若干アパートの中で噂が広がったそうです)

部屋に入るなりK太は土下座してきました。
相手にしたくないのでとりあえず帰ってもらおうと思ったのですが、なかなか帰らない。
どうしてもこのきまずい状態で帰りたくないと言うし壊れた家具とかもあって大変なので、
一緒に部屋を片付けてから帰ってもらう事にしました。
片付けてる間も必死に謝るK太
しかし全く相手にしないの私。
するとK太が
K太「わかった!じゃあ俺の大切な物も1回俺の家の窓から捨てていい!!それで許してくれ!!」



その時は本当に仕返ししたかったし、それを条件に仲直りしました。(今考えると幼稚ですが…)
壊れた家具は彼が弁償してくれて後日彼の家に行きました。
すみません、ここからが本当の修羅場です。

 

Google AdSense

いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう