• 修羅場
    <長編>妻がホテルの前で聞いた留守電は「お母さん頑張れ!」
    2017年9月29日
  • その神経が分らん
    <長編>元旦那は出産して30分後のグッタリしている私に向かって離婚届を投げつけた。
    2017年8月14日
  • 修羅場
    <長編>嫁が飲み会から帰って来た時「本当にごめんなさい」と言い残して風呂に行った。
    2017年8月10日
  • 仕返し
    <長編>嫁ダブルW不倫旅行・・・「興信所より相手交換のスワップ有り報告」くそったれが!
    2017年9月4日
  • 百年の恋も冷めた瞬間
    <長編>嫁がホテルから男と腕組んで出てくる写真が郵便で届いてた
    2017年9月5日
  • 百年の恋も冷めた瞬間
    <長編>「後編」元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた。今になって後悔の念が押し寄せて来ます。
    2017年8月28日
  • 仕返し
    <長編>家を新築して来週引越しってところで、嫁の奴間男を新居に連れ込んで行為してやがった。
    2017年8月21日
  • 仕返し
    <長編>不倫した妻とやり直せるでしょうか?「私は子供の親権を奪い合う敵」「間男が素晴らしすぎて私といる事が苦痛だと!」
    2017年9月9日
  • みんなの馴れ初め
    <長編>俺の嫁、元飲み屋の嬢で元DQN・・・大変だった!
    2017年8月29日
  • 修羅場
    新歓コンパでクスリを盛られた!気が付いたら4人の男に囲まれていた!
    2017年9月2日
  • 大人のまとめ
    吉岡里帆のAVみたいなイメージビデオwwwwwwwwwwww
    2017年9月11日
  • 大人のまとめ
    例の吉岡里帆の乳首がくっきり浮き上がってる画像
    2017年9月11日
スポンサーリンク

513: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)23:25:56 ID:KJZ

大学時代、俺は「非モテ童貞のいじられキャラ」だった。
男友達は多かったけど不細工だし女の子付き合ったこともなかった。
明るく振舞ってはいたけどやっぱ学生だし友人たちが付き合っただの別れただの話すたびに心のどっかで惨めだった。

当時、俺の大学には若い頃はイケメンだったんだろう60くらいの先生がいた。
灰色の髪で、鼻筋が通ってて姿勢のいい先生だった。ロマンスグレーっつーの?
「ごきげんよう皆さん。では始めましょうね。」って始業の声かけは今でも覚えてる。
女子たちが授業のたびに「執事みたい」とかキャーキャー言っててさ。イケメンは歳とっても勝ち組だなーって思ってた。

ある時飲み会があって、その先生も来てた。
何か忘れたけどその時も童貞だとか不細工だとか言われてて、
笑ってたけど、正直女子も先生もいるとこでやめてくれ…と思ってた。
で、誰かがそのロマンスグレーの先生に
「こいつにモテ指南してやってくださいよw」と言ったんだ。

先生は困った顔で、でも真剣に言った。
「あのねぇ、よく覚えておきなさい。日本ではね、100人の女性とお付き合いしても生涯の伴侶はたった一人なんです。
だからね、結婚するたった一人さえ、見つけられたらそれでいい。
その人と仲睦まじく添い遂げられたらそれが一番幸せなんですよ。
お付き合いばかり上手くなっても、幸せになれるとは限らないんですからね。」

そんでニコッと笑って「俺君は誠実だから心配しなくてもきっと幸せになるだろうね。」と言ってくれた。

なんか文字だと本当に当たり前のことって感じなんだけどな。
当時大学生で、恋愛って付き合った彼女が何人だとか初めてヤッたのはいつだとか、周りはみんなそんな価値観だった。
でも先生の言葉で「たった一人さえ見つけられたらいいんだ」「いつか結婚する人を俺は大切にしよう」って素直に思えたし、何か凄い救われたんだ。

そっからは非モテとかもあまり気にしなくなったし、いつの間にかイジリもなくなってた。
いじられても気にしなくなったのもあるかもしれんが。

先生、さえない大学生だった俺ももうすぐ結婚10年だよ。嫁とは子供が照れるくらい今でも仲良くしてるよ。
先生の訃報が今日届いたんだが、きっとあんな風に言ってくれる大人はあまりいないだろうから、
俺を救ってくれた先生の言葉を残したくて書いた。長文ですまん。

 

514: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)23:38:55 ID:QxD
>>513
内面もイケメンな先生だな
これからも恩師の言葉を大切にしなよ

 

515: 名無しさん@おーぷん 2015/10/20(火)01:34:28 ID:HqR
>>513
一生を添い遂げる伴侶だけでなく、人生を変える言葉をくれた師にも巡り会えるなんてお前は幸せ者だな

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事