Google AdSense

440長文投下2007/03/15(木) 09:51:52 ID: ID:TnFRXCje0

美奈子… 私、当時24歳
孝明…  私の婚約者 28歳
誠 …  私の中学時代の同級生 私達とも友達
和美 … 誠の彼女 ちょっと年下
佐々木 …和美の浮気相手

きっかけは誠が孝明と私に恋愛相談を持ちかけてきた事。
彼女の和美の詮索と束縛が異常に厳しくなり、
携帯チェックや毎時間のメール、家電への在宅確認コール等、息もできないと言う。
何故そうなったかと言うと、原因は和美の浮気で
仲直りはしたものの、自分にやましい事があると他人も怪しく見えるって感じか
「浮気してるんじゃないか」と疑っているという。
その日も男友達と飲みに行くと言って出てきたらしいが、本当に数十分に一度電話が来る。
「これは辛いねー」と色々相談に乗ってた。
その電話で孝明と私が一緒に居るとちゃんと伝えてあり、
和美も納得してると思ってたが、実際はそうじゃなかった。

数日後、番号を知らないはずの孝明の携帯に和美から電話があって
私が誠と浮気をしてると密告があった。
誠の後をつけたら私と誠がホテルに入ったって。
でもその日、私と孝明は孝明の両親の家に行っていてそのまま宿泊した日。
それを告げるといきなり電話を切られたという。
「行く所まで行っちゃった感じだねぇ」と話して、それを一応誠にも伝えた。

 

444連投規制…2007/03/15(木) 10:24:22 ID: ID:TnFRXCje0

それから更に数日後、会社を出た所で和美と男性が来て
「ちょっと話したいことがある」と言うので一緒に喫茶店に入った。
この男は和美の元浮気相手の佐々木。
和美は佐々木に誠との恋愛相談をしてたらしい…
佐々木は「俺との事で彼氏との間がおかしくなったんだから、責任持って元通りにしたい」
とか言う全く理解できない理屈と正義感で、
私との話し合いに同席してきた。
そして「自分がしたからわかる」と前置きして
浮気や不倫がどれほど相手や自分を傷つけるか、とかなんとか語りだした。
この二人の間では、私は誠の浮気相手に決定してるらしい。

佐々木は妻子があるらしく、揉めに揉めて何とかやり直そうとしてる最中。
「あなたが責任を取るべき相手は妻子であって、和美さんではないと思いますが」
と言ったら、「事情はどうあれ和美(呼び捨て)が助けを求めてきたから」と斜め上。
それにどれだけ誠とは何も無い、邪推するなと言っても
「誠の浮気相手!」と言うのは決定事項らしく、
理詰めでアリバイ等説明しても聞く耳を持たない。
とりあえず2対1で不利な感じだったので、孝明に電話して来てもらう事にした。
人の多い喫茶店だったので、公園に移動。

泣きながらいかに自分が誠を愛してるか、どれほど結婚したいかと語る和美と、
それを慰める佐々木と距離を置いてベンチに座って待ってたら
孝明の車が到着、ホッとしたら一緒に誠が降りて来た。
固まる和美と佐々木。

 

447恋人は名無しさん2007/03/15(木) 10:28:19 ID: ID:TnFRXCje0

誠は案外冷静に「まだその男と連絡とってたんだー」と言うと、
和美は「誤解はされたくないと思って言えなかったけど、色々相談乗ってもらってた。
もうそういう関係じゃない」と弁解、
佐々木は困ったような顔でキョロキョロしてた。
「そうなんですか、佐々木さん?」と聞くとうなずく佐々木。
そして「君が和美を悲しませたから相談に乗ったんだ。
この人と浮気してるのはわかってるし」
誠「何でわかるんです?」
佐々木「和美が確信してる」。
これ聞いて脱力した……

私は何度も説明したけど、彼女らに納得してもらえなかった事を誠に言うと、
誠は「俺をそこまで疑ってて、しかも不倫相手とまだ連絡とって。
嘘つきだな、お前」と和美にいい、
佐々木に「奥さん来ますんで。やましい事が無いなら平気ですよね」
この二人の不倫が誠にばれたのは、奥さんから誠に連絡が来たからだそうで。

青ざめる佐々木、そのままモゴモゴ言って帰ろうとしたが止められ、
うなだれてベンチに座る。
誠は和美に別れ話をし、和美は泣きながら抱きつこうとしたが
パッとよけられその場に転倒。
うずくまって泣きながら
「私の一回の浮気を許せなくても、自分は堂々と浮気するんだ!」とか言ってる。
誠は「もうお互いに信頼なんて無いだろう。お前は俺を疑ってる。
お前は俺との約束を平気で破って、まだ連絡を取ってた。もうムリだって」
酷い、とかずるい、とか信じてくれないなんて、とか言ってたな…
なんで不倫がばれた時点で別れなかったのか…

 

<

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう