114名無しさん@おーぷん2015/12/10(木)01:37:31 ID: ID:ucR

母親が、俺が高校生の時に急に癌で天国へ旅立った。
受験控えてた時期だったけどなんとか大学受験は合格。
でも家から遠かったし母方の祖母に甘えて祖母の家に住ませてもらってた。
それから2年くらいして、祖母は介護が全くいらないくらい元気だったのに母親と同じように癌で他界。
お葬式の準備とかをしてる時に初めて母に兄がいることを知った。
親戚の話ではDV&家の金盗みの糞兄だったらしく勝手にでていったそうだ。
一応母兄にも亡くなったこととお葬式のことを知らせた。
でお葬式の日、兄が俺に話しかけにきて一言「遺産、放棄して俺にくれるよな?」

ここで代襲相続のことに気付いて俺は
「遺書さがさないといけませんね~」
って軽く流しといた。

 

115114の続き2015/12/10(木)01:37:52 ID: ID:ucR

お葬式の最後にさ、遺品を棺に入れるじゃん。
その遺品の中に偶然遺書が混じってて、内容は
俺くんに全部相続させる
って書いてあって第一の修羅場はここで母兄が暴走。俺にパンチ。母兄退場お葬式終わって家帰って通帳とか探したら、祖母は財産を整理してくれていたらしいがその金額に俺唖然。
かなり田舎の古屋に住ませてもらってて、アルバイト代の一部を渡してたから遺産なんてあるのかなーって思ったら
土地と古屋入れても相続税払わなくちゃいけないレベル残ってた。ここで殴ってきた意味が分かった。

それだったらそれでいいんだけど、一番問題だったのが母兄が結婚して家を建てた土地はまだ祖母名義ってこと。
当然のことながら、母兄にあげる気は全くなかったし母兄に地代or所有権のお金請求。
母兄のお嫁さんはまじめな人ですぐ一括で払ってくれたからよかったけど。
ただ何回も何回も母兄が待ち伏せして俺にお金ねだってくるし、マンションに引っ越してもすぐばれた。今も待ち伏せたまにある。
あと、急に大金を手にしたことが、どこからか大学の同級生にばれて、知らない人や女がよってくるようになった。
なんとか大学に通ってるけど、仲いいと思ってた友達がみんなお金クレクレ側になり俺はぼっちの仲間入り。
現在進行形で十分第二の修羅場なうだよ。大学いきたくねぇ。

 

116名無しさん@おーぷん2015/12/10(木)01:41:20 ID: ID:ucR

でお葬式の日、兄が俺に→母兄が

 

117名無しさん@おーぷん2015/12/10(木)01:49:35 ID: ID:Y1p

>>115
もう大学生なら大人でしょ。ぼっちだろうがなんだろうが、そんな薄っぺらな人間今後の人生に必要?
居る?必要?自分で取捨選択する手間が省けて良かったじゃないか。自分は金に左右されずに生きていけばいいだけだろ
その程度でキャリア組になる資格捨てたら馬鹿みたいだよ

 

118名無しさん@おーぷん2015/12/10(木)01:54:13 ID: ID:7Cn

糞人間の母兄に葬式のことを知らせるからそうなる

 

119名無しさん@おーぷん2015/12/10(木)02:08:20 ID: ID:ucR

>>117
だよね。そう言い聞かせて頑張るよ。父親は応援してくれてる。
>>118
でものちのち知られて色々ありそうじゃん。

 

120名無しさん@おーぷん2015/12/10(木)03:04:07 ID: ID:kPV

弁護士を訪ねて、接近禁止命令出して貰った方が良いと思う。
既にストーカーだし。

 

121名無しさん@おーぷん2015/12/10(木)08:05:13 ID: ID:ci3

うちにも家の金盗みが居る 問題は金盗みが2匹いて、盗まないのが自分1人なこと
盗み同志で結託してて数ではどう頑張っても負ける しかもそれぞれの配偶者も金の亡者
もういや…

 

125名無しさん@おーぷん2015/12/10(木)09:14:53 ID: ID:DOh

>>115
弁護士挟んで母兄を接触禁止にしてもらってね。
お金目的でよってくる奴らは捨てちゃえばいいんだ。人生に必要ないない。
お金に恵まれてるのはいいことだよ、大変だろうけどね。
一人ぼっちって完全自由の意味だよ。

 

130名無しさん@おーぷん2015/12/10(木)15:35:08 ID: ID:ucR

>>120
遺産をそういうことに使っていいのかなって思うけど使ってもいいのかなぁ。
>>121
盗みは病気だし、何か大きな出来事ないと一生やめれないって聞いた。
まずそういう人は罪悪感かんじなさそうだもんね。
>>125
留年してもいいから留学するつもり。自由だ!(笑)

 

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その15】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう