通算アクセスランキング
<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元ヤOザ・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!
<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」
<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。
<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!
<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」・・・こういう場合 携帯見たことを言って話をきっちりしてもいいんだよね?
交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」
<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!
<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。
<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」
<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまえで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」
658: 595 2001/08/16(木) 21:55
なんか、文章下手ですね・・・私
一気に問題部分に行ったほうがいいかな?と思いつつ
もう少し書かせてください。(>>656の続き)何度かデートを重ねていくうちに
おや?と思うことが、増えてきました。
○一度、急にホテルに止まることになった時に
お互いに手持ちの現金がなく、Aに
「悪いけれど、カードで払ってくれないかな?」
その時は
「いつも出してもらっているし、これくらいはいいかな」と
私はカードでホテル代を払いました。
○GWに旅行に行きたいね。という話が出て
海外に行きたい!といった私に
Aは言葉を濁しつつも、国内旅行がいいと言いました。
それまで、私の趣味のスキューバの話にとても興味があるという話を
していたのにおかしいな…と思っていました。
でも、こんな些細なことをいちいち気にしても仕方ないし
実際は一緒にいられる毎日が楽しくて仕方がなかったのです。
2月が過ぎて、3月になり
もうすぐホワイトデーと言う時に、事件がおきました。

 

659: 595 2001/08/16(木) 22:00
「ホワイトデー、ほしいものある?」
Aは突然私に言いました。私はその時に欲しかった、あるブランドのかばんの話をしました。
確か3万円くらいだったと思います。Aは「ホワイトデー楽しみにしててね」笑ってそう言いました。
そして、3月13日の夜。
次の日、Aが仕事で新宿に行くので夕飯を食べようと
電話をしてきました。
次の日はホワイトデー。
「楽しみだね」と笑いながら話をして電話を切って
私は眠りにつきました。

 

660: 595 2001/08/16(木) 22:09
(>>659の続き)そして3月14日。
朝、会社に行こうと準備をしていた時に
急に電話が鳴りました。時々Aは、朝徹夜明けに電話をしてきたこともあったのですが
その前の夜の電話では仕事をすると言っていなかったので
誰だろう・・・?と思いながらも電話を取りました。
私「はい」
男性「○○(私の名前)さんですか?■■警察ですが」
私「はい?」
男性「今朝、Aさんの身柄を拘束しました」
身柄を拘束…
一瞬頭が真っ白になりました。
私にはその男性の言っている事がすぐに理解できませんでした。
やっとのことで出た言葉は
「いったいどういうことでしょうか?」の一言。
そして答えは
「今はまだ、お話できませんので」
「面会ができるようになったらまたご連絡します」
気がついたら私は、母親の前で泣いていました。

 

662: 595 2001/08/16(木) 22:20
(>>660の続き)その日は会社を休み、警察からの連絡を待ちました。
一体どういうことなのか?
何かの事件に巻き込まれたのか?
彼の身に何があったのか?
頭の中がいろんな考えでいっぱいになって
何も食べていないのに、何度も吐きました。
胃の中も空っぽになってしまった頃、警察から
「面会が出来る様になったので、来てほしい」との連絡がありました。
次の日一睡もできないままで出社し、夜に警察へ行きました。
その時の出来事は、まるで安物のドラマの様でした。
両手に手錠をかけられ狭い接見室に現れたAは、疲れきった表情のまま
ぽつぽつと話し始めました。

 

664: 595 2001/08/16(木) 22:25
Aの犯した罪は「窃盗」でした。
いわゆる空き巣です。
私との電話を切って、そのまま彼は車に乗って出かけたそうです。あまりの出来事に、私の脳は理解することを拒否していました。
だって、明日(14日)会おうねって言ってたのに。
いつもと変わらない声で「お休み」って言ったのに。プラスチックの仕切り越しに、小さな声で
Aは自分の罪を告白していました。
そして、さらに信じられないことを告白したのです。

 

665: 595 2001/08/16(木) 22:27
なんか、自分の文才の無さを痛感してしまいました。
簡潔に文章が書けないとウザイですね。ここからはかいつまんで書くことにします。
スレをつまらなくさせてしまってごめんなさい。

 

670: 595 2001/08/16(木) 22:37
実は、彼はこのときが初めてではなかったのです。
前科一犯。しかも執行猶予中。
これを聞いて>>658に書いた不思議な部分が判ってきました。私はAの貴重品をいわれるままに預かり、家へ帰りました。
そして「(Aの友人)Cさんは前回の事件でもいろいろお世話になったから
心配なことがあったらCさんに連絡をとって」とのAの言葉通り、Cさんへ電話をしました。何がなんだかわからない私にとってCさんの存在は
藁にもすがる思いでした。
そして、電話口にでたCさんに
私「突然お電話してしまって申し訳ありません。実はAが…」
と、Aの名前を出した途端
C「また、何かやったのあいつ?」
とつめたい口調でCさんは言いました。

 

671: 恋人は名無しさん 2001/08/16(木) 22:45
続き期待age
Google AdSense
コメントを残す