シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<長編>浮気現場を目撃したのは長女~家庭崩壊から再構築までの3年~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

319: ◆W/gSwczTMg 2014/08/27(水)18:42:39 ID:1n7rysPIO
浮気発覚して3年の贖罪生活で何とか許してもらった
天罰って本当に存在する
目には見えない何かに監視されていて悪行には天罰が下るようになってる
私はそう確信した
何であんなことをしちゃったんだろう、って今更言っても後の祭だけど
何かのTV番組で女は精神的に追い詰められると反射的に自分に不都合な情報を脳内から消去して都合の良い物語に作り変えて信じ込む習性があるってやってたけど、あれ本当
見つかった瞬間不都合な情報が頭からスパッと消えた
あれ?何で私はこんなに怒られなくちゃならないの?私今迄家庭の為に頑張ってきたのにってなる
自己防衛本能が働く
危ない
それでも辛うじて許していただけた理由は頭が真っ白になっても脳内を自分に好都合な物語が占拠しても言い訳せず、ただひたすら御免なさいで通した事に尽きると思う
あそこで一言でも言い訳がましい事を言ったら即アウトだったと思う
捨てられた後の自分の人生考えたらゾッとする
アラフォーバツイチ女が人生再出発なんて無理だもの
仮に可能だとしても今の自分の家庭以上のグレードのものを造りだすのは絶対無理
浮気した私がこんなこと言うのは矛盾してるってこと十分承知してるけど、私にとって家族は最高傑作だから
それだけに自分自身に対する失望も大きかった

320: ◆W/gSwczTMg 2014/08/27(水)18:43:25 ID:1n7rysPIO

でも私の場合自分に不都合な記憶を思い出すのに優に一年以上かかった
それまではいくら内観しても分からなかった、しんどかった
私は夫を心から愛していたし、アラフォーながら一応夜の営みの方も週2回前後はあったし
だから全然レスではなかったし、義務でこなしてるつもりも勿論なかった
夫も子供もあんなに愛していたのに!って、そんな私が何で浮気なんかするの!って思った
自分で過ち犯しておきながら馬鹿みたいだけど、本当にそう思ったんだ
いくら家族や両親から責められても自分自身のことながらさっぱり分からなかった

だから再構築期間中、私は夫の無視に遭いながら必死に内観した
自分が堕ちた理由を探し続けた
だってそれが分からない限りたとえ夫が許してくれたとしても同じ間違いを犯す可能性があるから
私は自分で自分が怖くなってた
それで一年以上かけてようやく自分を俯瞰で見れるようになってきたの
そうして初めて私は自分の問題点に気づくことができてきた
よ~くよく思い出してみると、過ちを犯す随分手前のところで心に綻びが出来ていたのだということを思い出してきた

スポンサーリンク

321: ◆W/gSwczTMg 2014/08/27(水)18:43:59 ID:1n7rysPIO
私が不倫をしてしまった原因は仕事があまりにも順調にいきすぎたという事、それに尽きる
勿論そんなの何の言い訳にもなりはしないけど
特定されると困るから焦点ボカすけど、私は某メーカーに入社し、そこの技術開発部に所属していた
そこでの仕事ぶりはまあ身贔屓入れても中の上ぐらいなものだったんじゃないかな
可もなく不可もなく日々こなしてるって感じ、向いてるけど達成感みたいなものはなかったと思う
で、私は入社三年目くらいから営業部に自社が開発している新製品の機能説明をする担当になった
うちの製品は他社に比べてこれこれこういう部分が優れていて、他所は何処が劣っているとか
逆に自社は他所に比べて何処が劣っているのかもきちんと説明した
それで劣っている部分はこういう風にフォローしていったら良いとか、私なりに営業の視点に立った戦略を練って説明をした
その仕事ぶりを当時の営業課長、つまり私が浮気してしまった相手に認められて営業部に配置転換されたわけ
「君の説明は凄く分かりやすいからきっと営業の方が向いてるよ」って勧誘されて
技術開発に未練がなかったわけじゃないけど、そこは完全に男社会だったし、やっぱり仕事ぶりが認められるっていうのは嬉しかったし、結局私は営業部転属の話を引き受けることにした

322: ◆W/gSwczTMg 2014/08/27(水)18:44:35 ID:1n7rysPIO
課長の言う通り私は営業部の水が合ってたらしく2年目で先輩の4倍近く売り上げるようになっていた
技術畑にいたというのが凄く強みになっていたと思う
自社製品を売り込みに行ったら他社のマシンがトラブル起こしていて、私が直してみせて大きな仕事を貰えた事もあった
当時の私の年俸は二十代にして既に700万近くになっていた
「ほらね?俺の見立て通り向いてたろ?」って課長に言われ「はい、ありがとうございます!」みたいな感じで私は彼の秘蔵っ子みたいな感じで重宝して特別に育ててもらっていたと思う
売り上げを伸ばして自信がつくと自社の粗も目立つようになる
それでカタログやパンフレットやらにも口出すようになって、じゃ、君が好きに編集していいよって言われて、うちの会社に出入りしてる印刷屋さんにデザイナーを紹介してもらったの
それが私の未来の夫だった
これがもう完全に私のドストライクにタイプの人で、当時彼は他に好きな人がいて相手も彼に好意を持ってたらしんだけど、私が強引に割り込んで自分を売り込んで、つきあって~つきあって~って猛烈アタック
公私混同もいいとこだけど毎日夜更けまで携帯かけまくった
正直私がこんな肉食系だとは思いもよらかった、新たな自分を発見した思いだった