• みんなの馴れ初め
    <長長編>昔付き合っていた彼女が二股掛けている事を教えてくれたのは妻だった!そして妻は彼女の姉、不器用すぎる僕たちは違う形で出会っていれば・・・
    2018年1月3日
  • みんなの馴れ初め
    子供が出来ない原因が俺に有ると前妻に離婚された。
    2017年9月7日
  • みんなの馴れ初め
    <長編>嫁はイジメ目的で俺と付き合い壮大に振ろうという計画で付き合い出した!俺がプレゼントした物は売ってその金で遊んでたらしい
    2017年12月17日
  • 修羅場
    ドアを開け部屋に入ろうとした時に、知らない男が部屋の中に入って来た!
    2017年9月3日
  • 仕返し
    <長編>嫁と間男ボコボコニして病院送りにしてやった・・・先に退院した嫁の携帯に「退院したそうだな、俺はお前の下等亭主のせいでまだ入院しなくてはならない、あいつにせいで俺の人生メチャクチャだ、お詫びとして病院に来て俺のザーメン受け入れろ」徹底的に潰してやる!
    2017年12月26日
  • 仕返し
    <長編>海外赴任中に妻が不倫の果て妊娠、高所得者の間男に娘達の心まで奪われた・・・出来る限り最大の仕返しをしてやった。
    2017年10月16日
  • みんなの馴れ初め
    会社のすげぇー美人先輩のボディーガードを俺がする事になった!
    2017年9月2日
  • 仕返し
    「旦那以外知らない女」として嫌味を言われてイライラしていたので仕返ししました。
    2017年9月4日
  • 仕返し
    心だけは自殺に成功したんだな…。
    2017年9月10日
  • 修羅場
    <長編>妻が何人かの男女混合グループで一緒にホテルに入って行った。
    2017年9月1日
<長編>俺は復讐に狂った!妻は何年も社長の愛人をして来た・・・妹は妻に伝えた「全てを失った今の兄、親権まで奪わなければ兄もそこまでしなかったはず」
Google AdSense

510: 名無しさん@おーぷん 2014/11/30(日)18:41:39 ID:Lkq

まさか平穏な日常がこんなにも呆気なく終わるものだなんて思いもしなかったわ。

俺の場合、勤務中にいきなり嫁の会社の社長夫人から電話が入ったのが修羅場の始まりだった。
嫁の会社とは関連だから一応顔見知りではあったけど、だからと言って特別に親しくしていたわけでもない。
それが会社に直接電話を入れて来るのだから、相当な事情があるのだろうという事だけは何となく察しがついた。
でもまさか嫁の浮気話だなんて思いもしなかったわ。
とにかく時間を作ってくれないかと言われ、慌てて(会社の)近所の喫茶店で話す事になったわけ。

のっけから何の挨拶もなしに茶封筒に入った調査報告書なるものを手渡された。
COPYと判が押してあったから多分複製だったんだろう。
時系列にしてプロの仕事らしく丁寧にファイリングされていた。
内容の全容が明らかになるに連れ、持つ手が震えだしたのを覚えてる。
心臓がバクバクして視界が急に狭くなった。
それでも俺は現実をなかなか受け容れられず、何度も車でホテルに入っていく写真の女が嫁である事を確認した。
内容的には嫁と社長の浮気は不定期で偶発的なものだということ。
年に3~4回で常習的ではないということ。
途中の駅で待ち合わせ、社長の車でホテルへ行くというパターンが多いという事だった。

 

511: 名無しさん@おーぷん 2014/11/30(日)18:42:03 ID:Lkq

社長夫人は延べにして六年間も興信所の調査延長を余儀なくされたそうだ。
常習でない分、調査の裏づけに時間がかかったらしい。
具体的な金額は伏せるけど、都内で一軒家が建つぐらい調査費に突っ込んだというから凄い執念だと思う。
裁判沙汰になったとき言い訳できないように外堀を埋めたかったんだろうけど、慰謝料を考えたら完全に赤字だ。
俺に連絡してくれたのは俺嫁にも慰謝料を請求するつもりだから一応連絡してきてくれたんだそうだ。
でもその時は正直、慰謝料といわれても俺はピンとこなかった。

夫人は会社の上場祝賀パーティーでの会話で浮気を疑いだしたらしい。
ちなみにそのパーティは立食形式で俺も参加していた。
俺と嫁と社長と夫人で立ち話していたのだが、社長がその場を離れるときに俺に向かって
今日は二次会もあるから多分遅くまで嫁子さんをお借りする事になります的な事を言ったんだそうだ。
そのときに社長が(嫁に)アイコンタクトしたのを見て疑念を持ったと言うのだが、俺は全く覚えてない。
夫人に覚えていないかと聞かれたけど、正直俺は立ち話した事すらすっかり忘れてしまっていた。
ただ一つ、微かに思い出したのは随分前に一度、帰宅途中に自宅の最寄り駅付近で嫁が誰かの車の助手席に座っているのを偶然見かけた事がある。
俺は帰宅後それを嫁に問い質したのだが、他人のそら似で済まされてしまって、そこで話は終わってしまっていた。
夫人は報告書を捲りながら、ある時から嫁を降ろす場所が変わっている事を俺に示してくれた。
俺の記憶と整合性が取れていると言って彼女は意気込んだ。
しかし俺はまだ心の準備が出来ていなかった。
とにかく俺自身の身の処し方もあるから少し考えさせて欲しいと言ってそこで別れた。
夫人に報告書を持ち帰るよう言われたが、見つかったら困ると思い断った。

 

512: 名無しさん@おーぷん 2014/11/30(日)18:42:25 ID:Lkq
帰りの道中、家が近づくに連れて足取りが重くなった。
俺は最寄で見た車中の嫁の姿を必死に思い出そうとしていた。
どんな表情をしていたのか、運転席には誰が乗っていたのか、いくら記憶を辿ろうとしても駄目だった。
そのときはまさか嫁の浮気なんて疑念は微塵もなかったのだから無理もない。
帰宅すると娘が模試で初めて志望校合格圏に入ったのだと嫁が凄く喜んでいた。
嫁の表情からは罪悪感など微塵も感じられなかった。
俺が手渡された模試の結果に目を通していると、嫁に促された娘が照れくさそうに自室から出てきた。
俺は絶対に(志望校は)無理だと思ってたと言うと、嫁は頑張ったもんねと娘の肩を叩いた。
思春期ですっかり俺と会話を交わさなくなった娘はそれでも喜びの表情を隠さず、これから克服すべき点を饒舌に説明してくれた。
意気揚々と自室に戻っていく娘を見送りながら、こうやってどんどん子供は成長していっちゃうんだなと見当はずれな事を呟いた。
後たった五年で二十歳だと嫁が応えた。
娘の成人した姿を思い浮かべた。
例の一件が過ぎり複雑な胸中でいると、娘が出ていっても私が居るじゃないと言って背中を叩かれた。
嫁の表情に嘘はないように思えた。
いや、むしろ社長夫人が何らかの悪意を持っていて捏造した情報を俺に提供してきたのではという疑念さえ沸いてきた。
やっぱりあの報告書を貰っておけば良かったと後悔した。
Ads by Yahoo!JAPAN
5ちゃんねるまとめブログのルール

本サイトは、5ちゃんねるの正規のルールに従い、使用許諾を受けて、5ちゃんねるのまとめ記事を作成しています。

コメント一覧
  1. 444 より:

    報告者バカじゃないの?
    子供だって報告者の子供じゃなく、社長の子供って可能性が高いんじゃないの?

    不倫する人間を地獄に落として、何を後悔するの?

    自分としては、これだけの事をしておきながら、就職先があって生きながらえている元嫁に吐き気がする。社長の後を追って自・殺するのが当然だろう?

  2. 匿名 より:

    読んでないけどちゃんと予習もしろよ。

  3. 匿名 より:

    子供達も社長の種だった?

コメントを残す

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう