299: 2010/11/20(土) 07:21:30

俺が高3の時に大学出たばかり代用教諭の嫁とあったのが最初。非常勤だった。
クラスは男:女が5:3くらいの理系国立コース、しかも2学期から。
現国を教えてた嫁に求められたのはセンター試験対策、て言うか、誰も嫁に何も求めてなかった。

嫁は良く言うと顔は吉岡美穂、でも体は155cmいってない幼児体型。
性格は真面目で、気弱で、落ち込み易く、立ち直り難い、インドア文学少女タイプ。
クラスの皆が嫁の授業を無視して、自習するのに耐え切れなかったようだ。

親から逸れた小動物の子供のようにオドオドする嫁にSっぽい興味をもった俺は真面目に嫁の授業を聞いた。
嫁も俺以外に聞いてない事に気付くと、半分くらいの時間俺だけを見詰めていたと思う。
授業以外の時間でも何度か呼び止められ、授業の感想を聞かれた。

嫁の最後の日、わざわざ校門の外で俺を待っていてくれて合格祈願のお守りをくれた。
それが効いたのか、俺は志望校に合格した。すると嫁から「おめでとう」の郵便の手紙が来た。

だが内容は「おめでとう」に相応しくなくなく、、、
一年のクラスでもガン無視されたとか、セクハラ受けたとか、要するに教師に向いてないと分かったと。
大学の頃からも、就職活動でことごとく失敗した、「もう、どうしたら良いの?」

早速、ゲットしたてだったメールアドレスと携帯電話番号と一緒に「相談に乗ります」と返信。
嫁から連絡があり、初デート。この時すでに、はっきり嫁に頼られてた。
五月の連休に自由に出入りできるようになっていた嫁の部屋で初H。
(地方の資産家の末娘で東京の女子大に入るとき親に買い与えられた2LDKのマンション)

都合の良い女として最大限利用させてもらって別れようと思って付き合ったが、そんな上手い話は無く。
俺の就職が決まった際に「そろそろ、親に会ってね」といわれ年貢を納める事にした。

普段は「お父さん」だが、今でも時々、「(俺)く~ん」と甘ったれた声で呼ばれる。

 

301: 2010/11/20(土) 09:54:56

>年貢を納める事にした

すでに腹は決まってたんだな。

もげてしまえ

 

302: 2010/11/20(土) 10:50:45

>>301

>すでに腹は決まってたんだな。

きまちゃなかったが、、、嫁を捨てるというのは出来ないし、、
どうせ結婚するなら嫁の適齢期のうちにしようかな?
程度の決意はあった。
義父親には興信所で素行調査されてたし、、逃げるのは無理かなと、、

まぁ、嫁は処女だったけど、学生時代までは俺の「遊び」は許してくれたし、、
メシウマをはじめ家事は完璧だったし、ちょっと年上以外は文句なかった。

あ、大学の就職先が無くて大学院に逃げたんだがそれでも就職先がなくて
正規雇用された経験が無いのはちょっと不満かな。
地元に戻ってコネ入社すれば良かったんだろうけど、、
そうしたら「絶対(俺)くんに忘れられるから、イヤ!」と言ってた。


Google AdSense


そこまで言われたら、普通別れられんだろwww

 

303: 2010/11/20(土) 11:40:28
今が幸せなら、こまけぇことはいいんだよw
何故か興味のない年下からしかモテなかった俺からしたら、年上が羨ましい

 

304: 2010/11/20(土) 13:55:54

>年上が羨ましい

えー、誤解というか偏見だよ。
年上にも色々あるんだよ。

家は単に歳が5つ上なだけで、俗にいう年上の魅力は皆無ww
貧乳だし、、年寄りっ子の末っ子で、内弁慶で我侭、えばりんぼ、、
女子学園女子大で男に耐性が無かったのと社交的でないのでBFさえ出来なかっただけで
いい歳して子供までいるのにジャニーズのアイドルグループのファンをしてるww

あっちの方は体が硬く、運動神経もわるく、
そもそもMのくせに奉仕の心がないので、何年経っても勉強せずマグロ。

「私の方が(身長が)小さい!」って理由で甘えくるが甘えさせてもらえない。
そもそも精神年齢が低く、キティーさんとか可愛い系のものが大好き。

まぁ、特に困ってないし、そこが可愛いとは、ときどき思うけどね、、

 

305: 2010/11/20(土) 15:01:11

>> 299
そうか、大変なんだな。。

だが、モゲロ

 

311: 2010/11/20(土) 17:27:09

空気を読まずに、、、嫁の年上っぽい所を思い出したので書き込む。

嫁は大学院を出た後女子校の非常勤教師してたんだが、
実家から強く「帰って来い」って言われてたんだよね。

おまけに最愛のはずの俺が別の女の子付き合ってると父親から知らされてたんだよ。
地元で見合いの話も色々有ったらしい。
だから「あんな悪い虫は駆除しろ!」って感じだったそうだ。
でもそれをプレッシャーを掛けないように全然俺に知らせる事が無かったんだ。

教えてくれたのは結婚した後だったけれど、、
普段の自分勝手な嫁からは全然想像できずに作り話だと思ったくらいだ。
でも、証拠とか証言とか証人とかが出来てたんでどうやら事実らしいww

なんで言わなかったの?と聞けば
「私はお姉さんだから(俺)くんが一人前になるまで我慢強く待っててあげたんだよ」
俺が嫁を捨てると思わなかった?
「一番(俺)くんを必要としてるのは私だから優しい(俺)くんが裏切るはずない」
二股掛けててすまなかった。
「えー、その娘は単に遊びでしょ?若いうちに遊ばせたんだからもう浮気しちゃ駄目だよ」

最近は「(俺)くんが死んだ後永く生きなくていいから」年下で正解だという。

俺は何がしたかったと言えば、、、
悪いねぇ、、、、
単に嫁に愛されているという自慢がしたかったんだwww

 

引用元: ・https://yuzuru.5ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1278338809/

コメントを残す