Google AdSense
通算アクセスランキング

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

Google AdSense

595: 恋人は名無しさん 2001/08/16(木) 10:11
ここで言う修羅場じゃないけれど
思い出すと鬱になる別れはあったなあ・・・。でも、男女間の修羅場ほど面白くともなんともないから
書けないよぅ

 

600: 恋人は名無しさん 2001/08/16(木) 12:06
>>595
男と女じゃないってことは友達関係?
友達関係でも時に恋愛感情のようにもつれることってあるよね。
よかったらあらすじだけでもプリーズ・・・。

 

602: 595 2001/08/16(木) 12:45
>>600
んとねー、男女間と言えば男女間。
ぶっちゃけて言うと、前彼と私の別れた原因が警察沙汰だったって事。
地雷女とか出てきたほうが面白いですよね…。

 

603: 恋人は名無しさん 2001/08/16(木) 13:26
いやいや、カラーの違うのもきぼんぬ!>595

 

606: 595 2001/08/16(木) 13:49
>>603
では、時間があれば夜にでも書き込みにきます。

 

651: 595 2001/08/16(木) 21:23
私の修羅場は・・・とあるチャットで知り合った彼(A)
当時は私も無防備で、すぐに携帯の電話番号をメールで交換しました。
電話で話してみると、とても口調は柔らかく
やさしい印象でした。その時の私は仕事に疲れ、何かによっかっかっていないと
だめになってしまうかもしれないと思いつめていました。
そんな時に、Aと知り合い、Aと話す事で
私は安らいでいました。
そんな日々が続き、Aから
「仕事で新宿に行くから、一緒に飯でもどう?」と誘われました。

 

652: 595 2001/08/16(木) 21:31
>>651の続きです。)Aから誘われた時には、私はすでにAにひかれていたのかもしれません。
その日は仕事も手につかず、ただ時間が過ぎるのを待っていました。
仕事が終わり、待ち合わせ場所へ行くとAがいました。そして二人で夕食を食べながら
彼の仕事の話(とあるメーカーの社長でした。)や
家族の話(家族とはうまくいっていない。両親は離婚。妹は家を出ている)
などを聞きました。
不器用ながらもAの優しさを感じて、一気に私達の距離は近づき
出会ったその日に、ホテルへ行ってしまいました。
本当に、今考えると若さの所為とは言え
浅はかだったと思います。

 

654: 595 2001/08/16(木) 21:40
>>652の続き)
それから、私達は付き合うようになり
いろんな所へ遊びにいったりしました。メーカーの社長とはいえ、A一人で仕事のすべてを
行っているので、徹夜は常識。
いつも仕事仕事が口癖の人でした。
しかし、私と会うときは食事代、交通費などすべてをAが出してくれました。
食事をする所もAが連れて行ってくれるところは
ホテルのバーなど、その当時の私には
「高級なお店」と、思わせるに十分なところばかりでした。私は遠慮しながらも
「社長って本当に気前がいいんだな」と、何の疑いもなく
Aとのデートを重ねていました。

 

656: 595 2001/08/16(木) 21:45
(>>654の続き)私とAが出会ったのは1月でした。
付き合って一ヶ月経ったころ、「友達に会わせたい」と
私をBさんに紹介しました。AとBさんは昔からの友達で、古い写真を見せてもらいながら
いろんな話を聞かせてもらいました。
学生時代の話、Bさんの結婚式の時の話…。
私は、それまで彼氏の友達に紹介してもらったことがなかったので
正直舞い上がっていました。
「これで、お前も本当に落ち着けるな」
うれしそうにAにいったBさんの言葉・・・。
その時に、ふと感じた違和感。
それがこんな事になるとは、誰も予想はできなかったでしょう。

 

657: 恋人は名無しさん 2001/08/16(木) 21:50
こんなことって・・?なになに?
Google AdSense
コメントを残す