Google AdSense
通算アクセスランキング

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

Google AdSense

460名無しさん2014/04/25(金)10:30:07 ID: ID:gzdsSPhwY

昔話です。
結構な田舎に住んでて、鍵かけない家が多かったり、隣との境界に塀がなかったりそんな感じでした。
かなり広い平屋で、トイレもボットンで、お風呂は家から突き出るように増築されていて外から薪で沸かしていました。
中学生になったばかりの頃、トイレやお風呂を覗かれた事がありました。
その頃は何故かそれを親に告げるのが恥ずかしく、短い悲鳴を上げて逃げられたあとは何もしませんでした。
すると覗き男は調子に乗って何度も繰り返しました。(といっても月2-3回位です。)
覗かれてるのが分かったら水をかけたり小窓を閉めたりしてました。
覗きに使った足台を隠したり電気を消してお風呂に入ったりしましたが、足台は見つけられて使われ、暗いお風呂は逆に怖くて結局電気をつけてしまいました。
内気な私はなぜかお風呂の小窓の外の足台を置いていた地面に穴を掘り、柔らかい土で埋めてその上に近くの地面の板状になった表土?を置きました。
足台の方もカナヅチで叩いて弱らせて近くに隠しました。
一週間位して覗き男はまんまとその場所に足台を置き、どうやらアレを出してからその上にあがり、見事ずっこけました。
近くにたまたまあった薪割りの台に頭をぶつけてのびてたところを用意していた竹刀でバシバシ叩きました。
トイレに来た父が何事かと見に来て裸にバスタオル巻いただけの私をとめました。
覗き男と分かり父も怒りましたが、顔面と股間を竹刀で叩かれまくった男に同情したのか手は出しませんでした。
発育のよかった私のお尻を撫でた親族を絞め殺す勢いで羽交い締めにしてた父でしたが・・・。
どこの誰かわからず警察につきだしましたが、隣組にあたる比較的新しい住人の息子でした。
といっても20代でしたが・・・。よそで下着泥もしていたそうです。
うちはケガをさせてしまったこともあり示談にしましたが、その後覗き男家族は引っ越しました。家は売ったようです。
薪割り台に立ててた手斧?に覗き男があたってたらやばかったかもしれません。
父は相談しなかった事を怒ったあと、「よく竹刀にしてくれた」と言いました。
さすがに手斧は思いつきませんでしたが、竹刀を用意してなかったらその場で手にとったかもしれません。
ちなみに竹刀でも顔と股間からは血が出てました。もしかしたら股間の方は鼻血が付いただけかもしれませんが。
血塗られた竹刀は捨てました。別に誰も使ってなかったので。
その後、父は塀を作り覗きが出来ないように改装してくれました。

 

461名無しさん2014/04/25(金)11:02:55 ID: ID:T0ybvnjuX




血塗られし竹刀――覗き魔を殺す方法――

 

462名無しさん2014/04/25(金)11:17:22 ID: ID:BDRCBdCdK

斧使わなくて良かったねw

 

引用元:本当にやった復讐

Google AdSense
コメントを残す