1名無しさん@おーぷん2016/01/14(木)08:29:13 ID: ID:RUP

不思議体験と言うか、なんとなくこの話を大勢の人に話したいなぁと思ってスレ立てた

俺の祖父はというと、多くの特許を取得したと言う町工場の社長だった。
俺が覚えている一番古い記憶(何歳か不明)では、
すでに隠居を始め工場に顔を出すことも少なくなっていた。
享年98の大往生から逆算すると、当時祖父は70ぐらいだろう。
70にしてはガタイはよく覇気はあり声もデカイ。
見た目40とかそこらのオジサンと言っても十分に通用したと思う。

だからこそ、俺が高校生の頃に大ボケ始めた頃はショックだった。

 

6名無しさん@おーぷん2016/01/14(木)08:44:04 ID: ID:RUP

老人介護が問題視されたり、祖父母の介護を妻が請負疲労困憊する話をよく聞くと思うが、
本当に大変だった。祖父が四十年かけて築き上げた豪華な庭は荒らしまわるは、
裏山から降りてきたタヌキを見て俺の名前で読んでお小遣いあげていたり、
コンビニやスーパーで「支払った!」と、勘違いして警察呼ばれたことも多々あった
正月でもないのに餅つき始めたり、他所の家の柴犬を拉致してきたり、もう引っ越して居ない人の家に遊びに言って「○○!酒持ってきたぞ!」と
あろうことか長靴装備の土足で上がり込んだ時は、その家の畳の張替えまでさせられた。
ついでに家に役所の人が来て、さんざん祖母と母を咎めていた姿は今でも晴れない気持ちになる。それに祖父は職人気質を持ち合わせていた。
その為、よく祖母や俺の母を怒鳴る&殴る蹴るしていた。
そこに止めに入るのが俺の唯一できる介護状態だった。(大学受験も控えていたし

俺が無事に大学に入る頃になると、俺も祖父との付き合いを始めた。
主に監視や、アレ取ってこれ取っての小間使いだが、それだけでも大変だった
さらに財布を管理していたので「お前!俺の金取ったダロォ!」と殴られた事もあった
ちなみにこの時すでに祖父は俺が誰だか分からなくなり口癖のように「お前は俺の会社で取ってやる!」と言っていた。

この頃、俺の叔父に当たるオジサンが工場どころか会社ごと潰したので
本当に居た堪れない思いだった。その叔父は未だに行方不明だ。

未払いの給料を求めて訪れた従業員達を見て、祖父は「なに遊びに来てんだ!仕事しろ!」と怒鳴って、
それに切れた若い従業員がブチギレて祖父に掴みかかった時は大変だった。
祖父はなぜ掴みかかられたのかわかっていない様子だったので、尚更。

 

8名無しさん@おーぷん2016/01/14(木)08:52:30 ID: ID:RUP

祖父の体が動かなくなり始めた頃、家族に「これでおとなしくなる」とか言っていた。
改めて考え直すと酷い孫だ。
倒産した会社の後処理も長い付き合いの弁護士を交えて、順調に終わらせたので、
本当に落ち着いた日々に戻れると思っていたんだ。ただ、実際は真逆だった。
祖父は体が動かなくなることに不満を抱き、常日頃から怒鳴る&物を殴るor投げるの危険人物になった。
役所紹介の介護ヘルパーさんの提案の元、車いすや家の中をバリアフリー仕様にリフォームしたのだが、
むしろそれが裏目に出て「俺は老いぼれじゃね!!」と、「こんなの俺の家じゃね!俺は出て行く!」と毎日の様に怒鳴り散らしていた。
持ってきた車いすはその日の内に仕事道具でバラバラにされた。
ちなみに、ちょっと関心できたのは、ちゃんとバラしたパーツをメモして再び簡単に組み立て直せるようにしていたことだった(まあ借りた車いすなのでお金を払ったが……そんな祖父でも日本酒を与えればおとなしくなった。
ただ、祖父が長いこと呑んできた地元の日本酒は高いので、
家の財政状況が危機的状態なのも踏まえ、安酒に変えた。
この時「働いてきた人間にこんなもの飲ますのか!今までのもそうだったのか!」と物凄い勢いで怒られた

 

12名無しさん@おーぷん2016/01/14(木)09:01:34 ID: ID:RUP

大学を卒業する三日前だったと思う。
祖母の顔半分が赤紫になるほど腫れ上がった顔を見て、本当に祖父を殺してやると思った。
ベットの上で寝たきり状態だった祖父だが、上半身のチカラだけでコッチへ体を向け、
取っ組み合いになった。割りと強かった。
日頃の足腰の悪さはどこいった?と疑いたくなるほど強く、このまま立ち上がってボコボコにされると思った幸い立ち上がることもなく、仕事が終わって返って来た父親が間に入り、喧嘩は終わった。
祖父は「ソイツは誰だ!?イキナリ襲ってきたぞ!強盗じゃないのか!警察呼べ!」とひっきりなしに叫んでた。祖母には何度も「ゴメンネ」言われて、同時に「許してあげて」とも言われ、もう本当に辛かった
ちなみに祖母はこの時の青痣がシミになって、今は顔にスカーフ巻いている。
祖母自身は「スカーフというお洒落をしれてハピハピ、ハピネス!」と、どこで覚えたみたいなセリフ言ている。
ただ殴られた当時は、正直結構美人で着物に合う「ザ・女将」みたいな人だったので可哀想にも思える。
実際本人もすごく木にしていた。大学の卒業はもちろんコレず、それを悔やんでいた

 

14名無しさん@おーぷん2016/01/14(木)09:15:28 ID: ID:RUP

俺は大学を出て勤め始めた頃から、祖父の本格的な弱体化が始まった。
それとも卒業間近で喧嘩したあの時に、すべての力を使い果たしたかのように、
大体その次の週ぐらいから、本当に見る見る内に筋肉も体の肉も、肌のハリや目の生気もなくなっていった。怒鳴る物を投げるは継続していたが、昔ほど怖くもなく。
さらに言えば、物を投げるにしても1メートルも飛ばないのであたっても痛くない。
コッチが怯えなくなったからか、祖父は意味が無いと分かったようでブツブツ言うだけになった。食もドンドン細くなってきて、歯もドンドン抜け、髪の毛も全体が真っ白になった。
定期に病院には行っていたが「これが老化です」と言われた。こんなに簡単に人は老化するのかと思った。
よくテレビや漫画小説である敵キャラが「不老」に憧れるのも無理はないと思った。俺が入社して半年経った頃に初入院した。
一ヶ月の入院ということだが、祖父は「俺を殺すのか!!」と怒鳴っていた。
ただ病院内でも散々暴れ周り、同室のボケジジと怒鳴り合いして点滴を投げ、
「もっと設備と技術が備わった病院に……」と祖父は厄介払いされたが。
不思議と不満はなかった。俺らの苦労が認められたと思った。

入社して1年経った頃、祖父が苦しんでいるので病院に行くと電話が来た。
ガンを患っていた。嫌々だった為に、一年に一回程度しか全身診断できなかった結果だと思った
事実役所やヘルパーさんから我が家は散々とっちめられた。
「強引でも連れて行かなきゃ!」「病院ならプロが居るから!」「殴っても問題にならない!」
そんなこと言っていたと思う。

俺は祖父の横で「お前のせいでそう言われたんだぞ」と恨み辛みをぶつけた。
怒鳴っては居なかったが、それを聞いていたと思われる看護師さんに「あんまりキミはこない方がいい」と言われた。
割りと介護の疲れて犯す殺人があるのだと、またそういう人様の心のセラピーもあると紹介された。
もちろんセラピーには行かなかったが、祖父に会いに行くのはそれっきりにした。

 

人気記事 
<長編>嫁の貞操観念は初めて浮気をした瞬間に跡形も無くぶっこわれちまったんだろうな・・・好きでしかたがなかった嫁の身も心ももってかれたわけで悲しいね!
彼女が間男とホテルに入って行った!その時、電話が鳴った、拘置所からでてきたばかりのできれば関わりたくない3コ上の先輩から!!
<長編>社長に彼女紹介したら「夜の店の女としては優秀だが、おまえマジ女見る目ない!」と言われて反対された!!
<長編>電車降りたら嫁と知らん男が一緒に病院に入って行った・・・13時から堕胎手術!男は受付で俺の名を名乗ってた!!
<長編>妻は理想のお母さんで妻としても理想的で結婚して良かったなと思える人なんだよ!でも、浮気しているんだよな。裏切っているんだよな。
<長編>浮気していた嫁と子供が昼寝した時に家を出て街中でぼんやり人の流れを眺めてた・・・2時間後に家に 帰ったら嫁が蒼白になって出てきたよ。 ボロボロ大泣きしてた。「お願い、いなくならないで!やり直そうって決めたのに!」ってさ。
<長編>ホテルに入って行った嫁と間男!二人が出て来るまでの2時間のあいだ私は間男の車のボンネットに座って笑っていた!
<長編>レストランに停車中の嫁の車を発見!接近し車内を覗き込むと・・・ 男の股間付近で首を激しく上下運動している嫁
<長編>間嫁「自分の女房を寝取った男の女房をOOして少し溜飲下がった?」って言いながら俺の上に覆いかぶさって...
<長編>嫁がメールの中で友人に「出会う順番が違えば」と言っていた・・・結婚一年なんだよ、まだ。

コメントを残す

Google AdSense