Google AdSense
318: 豆腐 2007/10/29(月) 15:06:39 0

今しかこれないんで失礼します。274さん邪魔してすみません。
妻は罪悪感、自己嫌悪、間への憎悪、離婚の恐怖等ががミックスされて狂った
んです。間への憎悪は共に協力し合って制裁する方向に変わりましたので
それの感情はかなり薄れてると思います。私が妻の看病?でそばに寄り添
っていることから即離婚の恐れもないと感じているようです。
徐々に生気を取り戻しつつある状況です。(化粧もするようになり外にも
出るようになりました。ちなみに携帯はもたせてありません。)

私も妻もそれぞれ別の弁護士さんです。先方も弁護士をつけるようです。
そのような事情ゆえ制裁に関する内容はお話できませんが結果がでましたら
必ずご報告させていただきます。

今会社のPCを利用してます。コテ酉忘れてしまって、でも本物です。後で証明します。
妻が私の行動を気にしているようでPCもゆっくり使用できません。私もこれ以上発狂され
ると困るので見られたくありません。どうかご理解を!特にここはヤバイです。

私の行動が甘いと思われるでしょうが最大の敵を攻略するまでしばらく味方にしておきます。
その後の対処は変更ありません。

 

332: 豆腐 2007/10/29(月) 15:38:46 0

妻が騙されたと悟り、また憎悪を持つようになったのは生理が遅れている
ことを告げた後の間からの言葉だったようです。
簡単ですが、

お互い承知の上の分別ある大人同士の付き合い。
中出しを望んだのが妻で妊娠だとしても自分には責任ない。逆に嵌められた。
恐喝するならこちらにも法的手段をとる。
いつか一緒になろうは、一緒に暮らしたいという意味で結婚するということ
ではない。
どうしても子供を産みたいなら旦那の子として産めばいい。自分は関知しない
し認知もしない。バレないよう誤魔化せばいいだろう。
自分のミスで発覚したのだから旦那と話し合い事態を収めろ。あくまでも
成り行きで軽い気持ちでの付き合いだ。

休み中に妻が語ったことです。メールではなく電話でのやり取りだったので
証拠はありません。

仕事に戻ります。

Google AdSense

 

361: 豆腐 ◆ygZ7XSXdOY 2007/10/30(火) 00:02:52 0
昼間書いたの間違いなく僕です。
時間がなくてすみません。
いったん切ります。

 

897: 豆腐 ◆ygZ7XSXdOY 2007/11/01(木) 22:41:48 0

今日の報告します。弁護士事務所にて当事者2名と双方の弁護士さんに私の5名で
話し合いが行われました。最初に当事者から経過聞き取り、事実確認、今後について
の話し合いがあり、次に当方の要求を説明し、弁護士同士の説得?があり最後に同意
を求められました。正直どうしたらよいか自分にはわかりません。結局完膚なき制裁
は妻に託します。慰謝料は提示額で、後は虚しいものです。弁護士さんの「良しとし
ましょう」の意味は、勝ったのですか?負けでしょうか?いまだに釈然としません。
間は神妙な顔つきで私とは目を合わさないようにしていました。最初と最後に深々と
頭を下げて謝罪をされた。妻もまた間とは目を合わさず終始俯いて聞かれたことの
返事のみで時折涙を流す場面もあった。
署名だの捺印だのまだやることが残っているが今日は帰らせてもらいました。
妻はまた鬱状態になったようです。弁護士さんから何度かきわどい質問があったせ
いでしょう。僕も聞いて辛くなることが度々あった。
とにかく疲れました。昼から何も食べていませんが食事も取れる状態ではないです。
なんかもうどうでもよくなってきますね。
妻は身体を壊しての休暇扱いで、そのまま退職にするつもりですがいろいろ作戦がある
ようなのでもう私の範疇ではありません。

 

 

904: 名無しさんといつまでも一緒 2007/11/01(木) 22:57:29 0
完膚なき制裁 は妻に託します。って、
それでいいの?
嫁に会社と間嫁凸やらせるの?
今はボロボロだろうけど、嫁を誘導してうまくやれよ。
どうせ嫁とは再構築は無理だろ?
豆腐にとっては、不倫がはじまった時点で嫁は壊れてるよ。
バレた後、間に捨てられた後、じゃない。
今までの怒りを忘れずにな。

 

914: 豆腐 ◆ygZ7XSXdOY 2007/11/01(木) 23:10:39 0

>>904
結局僕は妻のこと何もわかっていなかったんです。
実態知ってやり直しなんて絶対無理だ。
妻の間へ愛>>>>>>>>>>>>>>間の妻への愛
こんな感じです。妻は間にとって都合のいい単なるセフレ。
最近の妻の通い妻行為には困惑してたとはっきりと言ってました。

間会社へも間嫁へも僕からじゃ無理があるようですよ。
間が弁護士入れたことがねー、僕にとって法律に委ねたことは
裏目にでたのかもしれない。

<

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう