Google AdSense
通算アクセスランキング 

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

277恋人は名無しさん2012/05/02(水) 21:16:10.92 ID: ID:eIPw3OLzO

投下
登場人物
・私子
・彼男(顔だけのクズ)
・A子(私子と彼男の部活の後輩。天然)
私子と彼男は大学二年生で初体験をした。
彼男はイケメンで今まで6人と付き合ったが、中絶動画を見てトラウマになり二十歳まで童貞だった。
彼男はセoOスの味を覚え暴走する。
なんと、私子との共通の後輩のA子に手を出したのだ。
当時、彼男と私子が付き合っていることは、部活の皆には内緒だった。
部長と副部長だったので、ケンカの時に周りに影響を与えてはいけないという配慮をするためだ。
いうなれば、A子も被害者だったのだ。

 

2792772012/05/02(水) 21:27:02.31 ID: ID:eIPw3OLzO

私子もうすうすA子が彼男に好意を抱いているのには感づいていた。
しかし肉体関係があるとは想像だにしていなかったので、あえて気づかぬふりを決め込んでいた。
ある日の午後、私子が彼男のアパートに行くと、彼男が迫ってきた。
私子が応じて、事後に裸でうとうとしていると、視線を感じる。
見やるとそこにA子がいる。
手には果物が入ったスーパーの袋。
女と女がしばし呆然と、お互いがそこにいる意味を把握しかねていた。

 

2812772012/05/02(水) 21:43:21.57 ID: ID:eIPw3OLzO

バイトに行く時間だった私子はとりあえずアパートでる支度をした。
玄関に立って気がつく
どうしてA子が合鍵を持っているのか…
しかし彼男・A子になんと言うべきか、整理がつかず、とにかくバイトへ急ぐ。
部屋には真っ裸で「まあそういうことだから…」とA子に告げる彼男。
天然のA子はやっとドサッとビニール袋を落とした。

 

283恋人は名無しさん2012/05/02(水) 22:01:39.66 ID: ID:eIPw3OLzO

土曜日
大学の部活の活動日になった。私子は
・彼男がA子と浮気したという事実
・A子は浮気だとは気づいていなかったハズ
ということは理解出来たのだが、何と言って彼男とA子に話を切り出すか判断しかねていた。
部活に顔を出すと、後輩の女子達(A子と同級生)が駆け寄ってきた。
「私子先輩!彼男先輩がA子を弄んだんですよね!?」
「私子先輩もA子も可哀相…」
なんと、交際は秘密にしていたつもりだったが
後輩女子たちにはバレバレだったらしい(A子は天然なので気がつかなかったそう)
そこにA子がやって来る。
A子「おはよ~。あっ私子先輩おはようございます(o^∀^o)」
場に緊張感がはしる。A子を気遣って話題を変え、彼男の話は誰もしなくなる。
ガールズトークはいつの間にか、おっぱいの話になっていた。

 

287恋人は名無しさん2012/05/02(水) 22:18:23.00 ID: ID:eIPw3OLzO

A子「私子先輩のおっぱい大きい~どうしたらそんなに大きくなるんですか?」
そう言った瞬間、彼男が部室にガラッと入ってきた。
部室の空気が止まった。
A子は精一杯明るく努めようと、言ってはいけない洒落を言ってしまった。
さらに途中で本人もそれに気づき絶叫してしまった。
A子「あっ…そっか!きっと毎日彼男先輩に揉まれているからぁあああ!?!!!」
それからほどなくして、A子も彼男も部活を辞めた。
彼男が部長の仕事を投げ出したため、部は参加予定だったイベントに参加出来なくなり顧問の教授がキレた。
私は教授に呼び出された。

 

2942772012/05/02(水) 22:32:28.18 ID: ID:eIPw3OLzO

教授「話は聞いている。お前の監督が足りないから、彼男に浮気されるんだ。A子もお前のせいで傷物になった。可哀相に。部内の空気は最悪だ。俺は顧問を降りる」
私子は言い返せなかった。正直言い返したいことだらけだった。
しかし部の存続のため、何もかも至らない自分のせいだと遜り、教授に頭を下げた。
そしてモラハラ教授のお見送りをするとダッシュで彼男の家に向かった。
もともとこの日は彼男と話し合おうと言っていた。

 

Google AdSense