Google AdSense
通算アクセスランキング 

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

594名無しさん@おーぷん ID: ID:Ls.9q.L3

高校生の頃、祖父母の家に行った帰り、自宅からかなり離れた乗り換えの駅で
付き合っていた彼女の父親が「痴漢!」と叫ばれて回りの男に腕を捻じりあげられて
次の駅で下ろされて連行される一部始終を電車内で目撃したことがあった。
お互いの家を行き来する付き合いだったので、彼女父も俺のこと知ってて目が合った。
世間的に噂にもならなかったし、彼女の様子も全く変わらず知らないようだった。
ただその日から一週間ぐらい経ってたと思うが、家の近くで待ち伏せされて
「娘には黙っててくれ」って封筒を渡された。その場で中を見たら10万入ってた。
「こんなの受け取ったら共犯みたいで嫌だ。しゃべったりはしない」って断ったが
無理矢理ポケットに捻じ込んで逃げるように走って行った。
バイトしてなかったから、こんな大金を親に見つかったらヤバイ気がして部屋に隠した。
その日から彼女と会っててもその件が頭に浮かんで笑っててもぎこちなくなって
彼女から「なんか変だ、どうした?」って聞かれたけど「なんでもない」しか言えなくて。
彼女のことは好きなのに父親の顔がチラチラして
そのうち「好きな子でもできた?だったら言ってね」とか言われた挙句、
「なんだか楽しくなくなった」って言われてフラれてしまった。
娘が俺と別れたことを知ったらしい父親がその後また待ち伏せして
「別れたから関係ないとか言って、しゃべらないでね」ってまた10万円捻じ込まれた。
これって「ばらしてやるぞ」とか言えばもっと貰えるんじゃないかって
一瞬マジで思ったわw
でも結局父親に相談した。で、両親と3人で20万を前にしてうーん・・・って悩んだ。
母、「彼女さん、いい子だったのにねぇ・・・残念だわ~」とか言ってたw
それで、どうしたかと言うと、父が彼女父にお金を返しに行った。
一応家族の目の届かないところで待ち合わせて返して、二度と息子に関わらないでくれと言ってきた。
もし関わってくるようなら、その時は警察に相談に行くって言ったら項垂れてたそうだ。
高校卒業して都会の大学に進学して、そんなことはもう忘れてたんだが
昨年の暮れに高校時代の仲間が集まって忘年会した時に
彼女のことが話題になった。
俺らが付き合ってたことはみんな知ってたので「おまえ知ってるか?」みたいな感じで。
彼女の父親が痴漢で逮捕されたらしい。
そのことが原因で婚約破棄されたそうだ。
あいつ、まだやってたのかーと無茶苦茶腹が立った。
ああいう性癖ってのは治らないんだろうか。
彼女には申し訳ないけど、あの時彼女の方から振ってくれて良かったのかも知れん。
結婚して子供も生まれてから痴漢で逮捕とか勘弁してほしいし。

 

596名無しさん@おーぷん ID: ID:Fa.pi.L1

>>594
冤罪で間違われて叫ばれただけで、幸い直ぐ疑いが晴れて見られたのが恥ずかしくて…とかそんな理由なのかな?気の毒に思ったら
ガチの性癖だったのかよ

 

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その28】