54: 名無しさんといつまでも一緒 2007/11/16(金) 09:54:51 0
>>19 さんの経験がこれからの自分に重なる。夫は春から不倫をはじめ
来年の2月に私を切り捨てるべく準備中。子どもの受験が終わったら話が
あると言われてる。相手の女といろいろ計画しているらしい。
裏切る人だと思ってなかっただけに立ち直れない。いまでも修復の可能性あるかと
努力もしてるけど、まったく口をきいてくれず、ほとんど帰らず、私を切るため
痛めつけ諦めさせようとばかりしている夫に疲れてきた。
19さんは、いさぎよく奥様を送り出していて凄いと思います。
どうしたらそのような覚悟と決意ができるのか…さらに子連れの元奥様と
会ってしまったときにどうやって心を保ったのか…とても胸が痛みます。
63: 19 2007/11/17(土) 01:34:09 0

今夜は珍しく酔っていません。

>>54
潔くというのは、俺の場合は当たっていないと思う。

妻に「離婚して欲しい」と言われたのは、全く晴天の霹靂だった。
「オイオイ」と突っ込まれそうだが、結婚9年経っても妻は俺にとって、アイツしかいない、最高の女だと思っていた。
半年の海外勤務が終わって、日本へ帰る飛行機の中で、帰ったら妻とあんなこと、こんなこと、なんて考えて、エコノミーのシートでウトウトしながら妻の顔を思い浮かべてた。
駅に迎えに来た妻に、クルマの中で離婚切り出されたとき、俺の脳ミソは妻の言葉を理解出来ず、時差ボケもあって半ば麻痺状態。
アパートの前の駐車場に止めたクルマの中で、妻の勤め先の元上司だった男と1年以上前から不倫していたことを告白された。
相手は奥さんと離婚が決まり、慰謝料だの、子供の養育費だのの目途がついて、それで自分もそいつの許に行きたいんだと。
余りに唐突な話で、もう呆然、頭の中は真っ白。「なんで?」としか言葉が出て来なかった。
疲れていたけど、その日は殆ど眠れず、朝は夢見心地で出勤、挨拶などして半日で帰った。

翌日の夕方、会社の近くで相手の男と、俺と妻と、待ち合わせて話をした。もう一人、妻の同僚(女性)が同席した。
詳しく書かないけど、男は俺より年上。悪びれた様子も無くて、何となく押しの強さを感じさせるタイプ。
二人とも「本気で愛し合ってる」「もう離れられない」「出来る限りの償いをする」と繰り返して取り付く島なし。
更に妻の同僚が「二人とも凄く苦しんだ」「●●(妻の名前)さんの幸せを考えてあげて欲しい」と。
何だそれ。苦しんで当然だろう、俺も同じだ。幸せって、俺と一緒だと不幸だと言いたいのか。
「本気・・・」とか、イイ大人の台詞か。「償い」って何だ、カネ払うから文句言うなってことか。ふざけるな・・・。
1時間以上、色々言った。妻は泣くばかりだった。3人の前で、俺が悪者になっていた。頭痛が酷かった。
妻はもう俺と一緒に家には帰らなかった。そこで、全部諦めてしまった。

64: 19 2007/11/17(土) 01:35:10 0

次の日の朝に市役所で離婚届の用紙をもらって記入、捺印。
妻の会社に行って、呼び出した妻に用紙を渡しサインさせて、また市役所に行って提出。受理されて、それで離婚成立。
次の日は土曜だったが、妻には俺の居ない間に自分の荷物を持って行くよう言い置いて、俺は出勤。
帰ったら、服や化粧品とか本とかを持って行ったらしいが、殆どは残してあった。
置手紙があって、荷物は適宜処分して欲しいと。「身体に気をつけて」とかの文面を見て、すぐに台所の流しで火を付けて燃やした。
覚悟も決意も何も無い。手っ取り早く済ませてしまいたかった。スッキリしたかった。これは生来の性格。

むしろ苦しかったのは妻が居なくなったあと。此方の方が、思い出すのも辛い。

だいぶん経ってから二人が結婚したと、妻の血縁者からメールで教えてもらった。
子供が生まれたのも聞いていたが、見たことは無かった。
今年の5月の連休に、近くのショッピングセンターで買い物をしているとき、二人の子供を連れた元妻が、母親と、そしてあの男と歩いていた。
実を言うと、何かビックリしてしまって、俺は近くの柱の影に隠れてしまった。向こうは多分気付かなかったと思う。
元妻は昔と変わっていなかった。母親は少し老けた感じがした。意外だったのは、あの男が“普通のお父さん”になっていた。
子供が居るんだから当たり前だが、全く普通の家族に見えた。心は、その時は、あんまり動かなかった。
拍子抜けというわけではないけど、自分が憎んだ相手は、もっと悪いオーラを感じさせる存在であって欲しいと思った。勝手な話だけどね。
色んな感情が湧き上がったのは、家に帰ってから。独りで居ると、ホントに色々考えてしまう。

俺が鈍いせいもあるが、相手の不倫を疑って過ごす苦しみは味わうことが無かった。その点は此処に書いている他の人たちに比べて少しだけ救いがあったかも。

ああ、やっぱり寝る前に少し飲もうかな・・・。

67: 名無しさんといつまでも一緒 2007/11/17(土) 06:43:02 0
>>19は元嫁の告白前に不倫の事実を知っていたら、どうしていただろう?
再構築を望んだのだろうか・・・
それにしても
>>更に妻の同僚が「二人とも凄く苦しんだ」「●●(妻の名前)さんの幸せを考えてあげて欲しい」と。
元嫁同僚のこの台詞は吐き気がするな。
68: 名無しさんといつまでも一緒 2007/11/17(土) 08:12:28 0
>>19
不倫できる人間はまた同じ事を繰り返すと思うよ。
奥さんの離婚提示時の状況を考えても、ロミオとジュリエットの悲恋のごとく、
自分たちの不貞行為を「本気の恋」と位置ずける当たり、反省できてないのがまるわかり。
幸せそうに見えても、水面下では静かに何かが変わっているもの。
一人でいるから自分が不幸に思えるんじゃないかな?
前の奥さんの事考えるより、>>19自身の未来の為に恋でもしてみればどう?
269: 19 2007/12/01(土) 23:02:42 0

先日の書き込みに色々レスを下さった皆さん有り難う。書いた本人は昔を思い出して結構落ち込んでいた。でもすぐ立ち直った。
もう書かないでおこうと思っていたのだけど、一寸変わったことがあったので何となくまた書く気になった次第。

先日、俺の誕生日、留守電を聞いたら元妻の声が入っていた。電話なんて離婚以来初めてで、何考えてんだか分からないけど、まさか俺が此処に書いた駄文が関係あるのかしらと暫く考えてしまった。
「元気ですか」とか「風邪ひかないように」とか他愛の無い言葉。掛けて来た時間は俺が家に居ない時間だし、当然分かっているだろうから、話をする気は無かったんだろうと思う。
此処に「どうしようか」「電話したほうが良いだろうか」なんて書いたら“電車男”みたいに盛り上がってしまうかも知れないけど、生憎此方から掛け直す気は無いのでそのまま。
以来何も連絡無し。多分もう来ないような気がする。元妻も来年で大台なんだなーと思って少し感慨深い。録音は今日になって消した。

で、俺はどうかというと、久し振りに本社に呼び出された。ちょうど俺の誕生日で、何かイイことあるのかと思っていたら、4年振りの海外赴任を打診された。
4年前、俺が帰国直後に離婚したことはすぐに会社の上の方に伝わっていた。
余り詳しいこと報告していなかったので、どう伝わったのか知らないけど、家族のいる人間の長期赴任は最大限配慮するように・・・なんてお達しが出たという噂は俺も聞いていた。
要するに長期の海外赴任は独身者優先ということらしい。若いのも若くないのも独身者はゴロゴロいるが、最近は海外赴任OKの人は少ないんだって。行先が先進国なら違うんだろうけど。
それで俺に話が来たと。確かに独身だ。そうか、噂は本当だったか。断る理由無いので「お受けします」と即答した。「独り身ですし」なんて、要らないことまで言ってしまった。
辞令が出るのは年が明けてからで、実際に行くのは1月下旬以降。
考えたら日本で俺を待っている人間が居ない方が気楽。この先も多分独身。次に帰って来たら俺は何歳だろう。色んな意味で縁遠いのは間違いないw。

スレ違いになって来たかも。そんなワケで酔っ払いは消えます。

コメント一覧
  1. 名無し より:

    ぐだぐだと情けない奴だな。4年も経って、慰謝料貰って、まだ言ってるのって感じ。残り少ない自分の賞味期限を考えるべきじゃないの?

コメントを残す