管理人おすすめ
妻と離婚の話し合いをした時に妻は俺の隣ではなく、あの男の隣に座った・・・あの瞬間に9年の結婚生活は終わったと思った。
<長編>嫁が自宅で浮気している現場に帰宅!俺は自分の手首を包丁で切った・・・救急病院のベッドで目を覚ました時には嫁の事も事件の記憶も完全に抜け落ちてた!
<長編>今日、余命3ヶ月の宣告をされた母の見舞いにも来ないで浮気していたが元嫁が火葬場に来ていた・・・ 母の棺の方向に向かって土下座してたよ。
<長編>妻の電話で浮気を疑い出した俺が変わった!薄ら笑う俺を見て病院を勧められた・・・俺をこんな風にしたのは誰のせいだ?
<長編>元嫁の浮気で離婚して親権取れたのに病院出た後に「俺、もう少しで死ぬらしいから子供達のことを見られない。親権はお前に譲る」 とか元嫁に言っちゃってんの!オレ癌だって...
<長編>浮気した妻を浮気相手から取り返すことができ、夫婦生活を再構築できました・・・・というのは表向きの話、全てが復讐の準備であることを!!徹底的にやり返すのみ!!
<長編>浮気した嫁に土下座をして再構築を希望した俺!1年後「今まですまなかった。自分のわがままでここまで引っ張ってきたけど結局ダメでした。 あなたの希望どおり離婚する事にします」 と正座して頭を下げた。
<長編>仕事の飲み会から帰って来た嫁は「本当にごめんなさい。」と言い残して風呂に行った。
<長編>浮気中の妻が実家のお母さんのお見舞いに行く日に内緒でバックから携帯を抜いた ・・・間男からメール来た 「 携帯持ってるのが旦那さんだったら連絡ください」 怖いだろこいつヤバイよ頭おかしいよ!

2871/22009/10/10(土) 02:06:24 ID: ID:cVPhM3lf

高校時代のある日、担任の先生(地学教師)が朝の会で
「地学準備室にネズミが出るので誰か捕まえて欲しい」と訴えた。が、
誰も立候補しないので、夕方になって先生が仕方なく自分で粘着式の鼠捕りを置いていた。翌日、朝の会で先生が
「鼠が罠にかかったけど、怖くて触れないので誰か処分して欲しい」と訴えた。が、
誰も立候補しないので、先生は準備室に入れず、地学の授業が自習になった。

さらに翌日、朝の会で先生が
「誰か鼠捕りごと捨ててきて。1000円あげるからお願い」と訴えた。もう涙目。
さすがに可哀想だし1000円欲しいので、クラス皆で見に行ったら、ドアを開ける前から
罠にかかった鼠のもの凄い叫び声が聞こえて来て、怖くなって引き返した。授業は自習。

そのまた翌日、先生が朝の会に来ない。いつまで待っても来ないので、クラス皆で
職員室まで探しに行ったら、保健室へ行ったらしいとの情報が。
何人かの女子が代表で保健室へ様子を見に行った。

その日は一限目が英語(地学の間違い)だったので、とりあえずクラスの何人かで地学準備室へ行き、
教材の準備をしていた所、壁際の床にピンクと茶色の何かを発見。
よく見ようと近寄った瞬間、背後からクラスメイトの悲鳴。振り返ると

 

2882/22009/10/10(土) 02:07:25 ID: ID:cVPhM3lf

右半身は普通に茶色い毛皮、左半身は肉&骨むき出しの超デカい鼠が
腹から躍り出たを内臓ひらひらさせながら部屋中を疾走していた。泣き叫び逃げ惑う友人達、倒れる花崗岩標本、砕け散るチョーク、舞うプリント

国語で習った阿鼻叫喚という四字熟語が頭に浮かぶ。

壁際にあったピンクと茶色の何かは、粘着式鼠捕り&それに貼付いた鼠の皮と肉だった。

準備室から逃げ出した後ドアを封鎖、全員教室に戻って臨時学級会の結果、
保健室に行き(先生は朝の会前に、準備室でさっきの鼠に遭遇し具合が悪くなったらしい)
皆で先生にごめんなさいを言ったが、先生は一週間ぐらい許してくれなかった。

体の半分の皮と肉ががベロンと剥がれて、理科室にある人体見本みたいになっても
鼠はあんなに駆け回れるんですね。体どうなってんだ。すごいなあ。

 

289おさかなくわえた名無しさん2009/10/10(土) 02:10:44 ID: ID:cVPhM3lf

>その日は一限目が英語だったので、
ごめんなさい、地学の間違いです。連投スマン

 

290おさかなくわえた名無しさん2009/10/10(土) 02:22:28 ID: ID:MyAO5eP/

別の先生(大人)に頼む事も出来ないのか?
コミュニケーション能力がないんだな、その地学の教師。
それとも、ただ単に嫌われていたのかな?

 

292おさかなくわえた名無しさん2009/10/10(土) 02:26:11 ID: ID:Z3KQsmLr

女子校なのかな?男子生徒がいたら、片付けに協力する人がいても不思議じゃないし。
でも、内臓飛び出てたらさすがに躊躇するな。

 

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 61度目