管理人おすすめ
妻と離婚の話し合いをした時に妻は俺の隣ではなく、あの男の隣に座った・・・あの瞬間に9年の結婚生活は終わったと思った。
<長編>嫁が自宅で浮気している現場に帰宅!俺は自分の手首を包丁で切った・・・救急病院のベッドで目を覚ました時には嫁の事も事件の記憶も完全に抜け落ちてた!
<長編>今日、余命3ヶ月の宣告をされた母の見舞いにも来ないで浮気していたが元嫁が火葬場に来ていた・・・ 母の棺の方向に向かって土下座してたよ。
<長編>妻の電話で浮気を疑い出した俺が変わった!薄ら笑う俺を見て病院を勧められた・・・俺をこんな風にしたのは誰のせいだ?
<長編>元嫁の浮気で離婚して親権取れたのに病院出た後に「俺、もう少しで死ぬらしいから子供達のことを見られない。親権はお前に譲る」 とか元嫁に言っちゃってんの!オレ癌だって...
<長編>浮気した妻を浮気相手から取り返すことができ、夫婦生活を再構築できました・・・・というのは表向きの話、全てが復讐の準備であることを!!徹底的にやり返すのみ!!
<長編>浮気した嫁に土下座をして再構築を希望した俺!1年後「今まですまなかった。自分のわがままでここまで引っ張ってきたけど結局ダメでした。 あなたの希望どおり離婚する事にします」 と正座して頭を下げた。
<長編>仕事の飲み会から帰って来た嫁は「本当にごめんなさい。」と言い残して風呂に行った。
<長編>浮気中の妻が実家のお母さんのお見舞いに行く日に内緒でバックから携帯を抜いた ・・・間男からメール来た 「 携帯持ってるのが旦那さんだったら連絡ください」 怖いだろこいつヤバイよ頭おかしいよ!

928恋人は名無しさん2009/03/03(火) 08:11:38 ID: ID:ZF95LUM7O

登場人物(修羅場時)
自分(大学1年♂)
1号(高校3年♀)
2号(大学2年♀)
A(26才♂)登場人物は全て予備校(地元)仲間。Aは働いてたけど大検を取るために入った。
自分も訳あって自主退学して大検を取得。東京の大学に無事受かり、冬休みに地元に帰省した時、修羅場は起こった。

Aと1号は付き合って2年。予備校時代はみんなフレンドリーで、俺も当時の彼女と一緒にA&1号とダブルデートしたり仲良く過ごしていた。
Aはお世辞にもイケメンとは言えなかったが、話がうまくて優しくみんなから慕われていた。中でも2号から慕われていたようだった。

 

930恋人は名無しさん2009/03/03(火) 08:19:46 ID: ID:ZF95LUM7O

俺が大学1年の冬休み、帰省して1号がバイトしてるアパレルショップを訪れて挨拶した。
「いや~、Aさん元気?今度予備校仲間で新年会やるから会うんだけどね。」
と何気なく話をふると表情が豹変。なんでも新年会とかは無いと1号には話してたらしい。
元々1号は嫉妬深いとAから愚痴を聞いてた(女の子の来る飲み会に参加するだけで嫌がる)ので、
「大丈夫、女の子もいるけどほとんど男だから(笑)」とさり気なくフォローしておいた。翌日2号からメールが来る。
「Aさんって1号ともう別れたんだよね?」
え…いや昨日会ってかくかくしかじか…とメールすると、どうやらAは2号に1年前から「1号と別れたんだよね」と話していて、相談に乗ってもらったり一緒に遊びに行ったりしてたそうな。

 

932恋人は名無しさん2009/03/03(火) 08:30:20 ID: ID:ZF95LUM7O

2号はまだ肉体関係にはなってないそうだけど、かなり混乱。
そこにタイミングよく1号から「最近Aが怪しい」とメール。
┐(´一`)┌だめだこりゃ…と思った俺は二人の仲立ちをし、1号と2号はAから自分達がもらったメールやその日時などを照らし合わせる作業に入った。後日わかったのだが、実はAは以前にも予備校を出て入学した専門学校の女の子と浮気していた。(専門学校内でバレ、居場所がなくなり退学したらしい)
1号は当時それを許したのだが、帰省した俺から新年会の話を聞いて心配になり「Aはもう浮気しないよね。大丈夫だよね。」とメールをした。
A「もちろんだよ。絶対にしない!」

しかしその返信は時系列調査から、2号とショッピングデート中に送ったものだと判明した。

 

933恋人は名無しさん2009/03/03(火) 08:38:17 ID: ID:ZF95LUM7O

事態が予想以上に深刻になり、俺は予備校仲間だった友達(以下、友で)に助けを求め、1号とAの仲裁をすることになった。
Aは1号にメールで嘘の言い訳をしまくっており、俺たちのことも「あいつらは嘘しか言わない!」「仲裁?ボコボコにしてやんよ!」などと罵る始末。
先に1号と合流し、こりゃもう別れるしかないよな…常識的に考えて…などと話していると「やっぱいかない」とAからヘタレなメール。
しかし俺と友に1号が別れる方向に説得されるのを恐れたのか、「やっぱいく」と再びAからメール。
田舎の駅ビルの閉店は早い。外に出て待っているとAが車でやってきた。