Google AdSense
通算アクセスランキング

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

Google AdSense

1: 2011/09/03(土) 09:35:01.28 ID:A1YbAfRM0

小僧時代でよければ

全ての始まりは六歳の時だった

19: 2011/09/03(土) 10:19:38.84 ID:A1YbAfRM0

うん、ひっそりと書いていくわ

両親が五歳ぐらいの時離婚
俺はまだ保育所時代だから苗字が変わったーぐらいの意識だった
小学校に上がり女子のパンツを追いかけながら学校に行ってた
その頃に母が職場の人間に勧誘され入信
これがいけなかった

 

20: 2011/09/03(土) 10:23:34.30 ID:A1YbAfRM0
ずるずるとはまっていった母は俺のお年玉まで寺に入れるようになった
家でも変な仏壇に毎日一時間以上拝む始末
もちろん俺も姉も隣りに座らされた
寺にも週何回も行った
子供の俺には正座が辛かったのを記憶している

 

21: 2011/09/03(土) 10:28:04.88 ID:A1YbAfRM0
母のハマリ度はどんどん上がっていき俺の親友宅までいって勧誘するようになった
幸い学校ではいじめられはしなかったが家に友人を誘いづらくなった
そんなこんなで五年生
俺は母に将来の夢を語った
母の影響で九歳からギターを習っていたので子供ながらに
ミュージシャンになりたいと言ったんだ

 

23: 2011/09/03(土) 10:30:57.43 ID:A1YbAfRM0

今思えばまさに夢なんだけど当時は真剣に考えていた
どっか心の隅で応援してほしかったのかもしれない

しかし母の言葉は期待を裏切った

「あんたは出家するの!ミュージシャンとか馬鹿じゃないん!!」

泣いた

 

25: 2011/09/03(土) 10:34:00.64 ID:A1YbAfRM0

泣いたと同時に母へ対する恐怖が生まれた
俺を僧侶にする、と寺の人や姉に言う時の顔、あれは二度と忘れない
狂信的な笑顔ってまさにあの顔の事なんだと思う

 

 

24: 2011/09/03(土) 10:31:00.67
宗派は?

 

27: 2011/09/03(土) 10:37:33.53 ID:A1YbAfRM0

>>24
日蓮正宗

反論はした
俺も姉やみんなと一緒に地元の中学へ行きたかったんだ
いや行くものだと思っていた
そのたびに母は発狂し、泣いて、あの笑顔
母が泣くのを見るのはきついし、もう半分あきらめた
俺は僧侶になるんだ・・・

夜中に布団の中で泣いた

 

29: 2011/09/03(土) 10:45:11.77 ID:A1YbAfRM0

本山が静岡にあってそこでテストを受ける、そうだ
母が入信してから何度も何度も何度もそこに連れて行かれてたが
その時は新幹線に乗れるのが嬉しかった

今回は違う
もう二度とあの布団で寝ることはないし
親友と会うこともない
あの駄菓子屋にも行けないし、初恋の人も。

みんな俺を忘れるのかー・・・って駅に行くまで考えてた

涙は出なかったんだ

 

28: 2011/09/03(土) 10:43:30.87
僧侶の日常を知りたい

 

31: 2011/09/03(土) 10:48:00.09
うちの母親も幸福の科学やめたと思ったら日蓮正宗に入ってたでござる
これって新興宗教だよね?

 

32: 2011/09/03(土) 10:51:07.36 ID:A1YbAfRM0

>>28
ごめんもうすぐ書くからまって
>>31
日蓮正宗自体は昔からある宗教だ
他の宗教よりはマシな宗教だと思う

その時だった
駅に父さんがいた
父さんがいたんだ

離婚してから年に何度か会っていたがこれが最後だと思うと
ぐっと泣きたくなった
父さんと母が何かもめてる間俺は自分の靴を見つめてた

新幹線がきて、ドアが開く

 

34: 2011/09/03(土) 10:53:55.23
いや、じっくり書いて欲しい
興味ある

 

35: 2011/09/03(土) 10:54:11.70
     ∧∧    /
*~'´ ̄(''・∀・) _ノ 正宗と創価の仲が悪いのはホント?
UU ̄U U   `ヽ.

 

36: 2011/09/03(土) 11:01:21.55 ID:A1YbAfRM0

>>34
分かった。ありがとう




>>35
ホント。俺もあんまり覚えてないが創価がやらかして破門になりかけて
本山にごめん言いに来てに来て許されたがまたやらかして破門、だったと。
ちがったらごめんね

一歩遅れて乗った俺はドアが閉まるまで父さんと手を握ってた
大きくて、あったかい父さんの手だった

こっそりくれた父さんの名刺は母に見せずカバンの中にしまった

母とはあまり話をしなかった
できれば顔もみたくない

何度か乗り換えて、ついに静岡にきてしまった
タクシーでどんどん山奥に入ってく

そして寺に着いた

 

37: 2011/09/03(土) 11:09:15.78 ID:A1YbAfRM0

寺がくっそでかいから敷地内(というか山一帯)に子寺がたくさんあって
そんなかの一つで朝を待つ
後の同期となる奴らもいっしょに泊った

朝。

なんかビルっぽい建物で五教科と知能テストやった
昼から面接もした
部屋に入ると坊さん七人ぐらいがエヴァのゼーレばりに座ってた
俺真ん中の椅子で母がそのちょっと後ろな。
小学校楽しかった事、頑張った事、よく読む本、趣味・・・
色々訊かれたが最後の質問がきつかった

俺君、ホントに僧侶になりたい?

心臓がぎゅってなった

 

39: 2011/09/03(土) 11:11:24.00
なりたくないって言ったら変わってたかもね

 

42: 2011/09/03(土) 11:18:14.80 ID:A1YbAfRM0

その質問の時の坊さんの目が恐かったのは覚えてる

「っはい・・」
「ホントに?」
「・・・はい」

なんで二回訊いてきたのか分からんが
手のひらに汗が溜まって大変だった

>>39
言えない。あの状況絶対に言えない。
自分のかーちゃんだと思って想像してくれ
12歳の頃、かーちゃん泣かせたいか?

「いいえ」と言おうと思ったが声になったのは「はい」だった
母の安堵のため息が聞こえた気がした

そうして面接が終わり時はたち俺は出家した
母の意思で。

 

41: 2011/09/03(土) 11:18:02.30
お坊さんってみんないい人なんじゃないのか・・・

 

44: 2011/09/03(土) 11:20:21.04
連投すまん。決してEDでは無い。坊さんでもないし、ちゃんと毎日抜いてます。

 

46: 2011/09/03(土) 11:23:39.06
非仏教のクソカルト日蓮正宗に青春を奪われたなんて>>1ちゃんかわいそう(´;ω;`)

 

48: 2011/09/03(土) 11:26:57.09 ID:A1YbAfRM0

>>41
いると思うが、確立は政治家ぐらいだと思う
>>44
そうかそうか
>>46
もっと汚い話になるから安心してくれ

ビルっぽい部屋の中同期と初めて真剣に顔合わせした
俺含めて16人
訊けば半分が一般家庭で半分が寺の子だった
一般家庭の奴、俺と同じ顔してたな。

そしてついに丸坊主にする時がきた

ごめんこの時の写真もあったはずだか見当たらない
ちょっと探してきてもいい?

 

49: 2011/09/03(土) 11:28:19.89
悪霊とか虎とかと戦った?

 

50: 2011/09/03(土) 11:29:37.47
学費とか高いの?

 

51: 2011/09/03(土) 11:32:07.71
坊主って高確率でホモなんでしょ?

 

55: 2011/09/03(土) 11:51:04.94 ID:A1YbAfRM0

ごめん何故かなかった
母が捨てたのかも

>>49同期となら流血の争いをした
>>50後で書くが地元の中学や食費、全ての金は寺が払う
つまり母は完全にフリー状態
>>51リアルにいた

じょりりっと坊主になって笑えた
少し寒かったな
で部屋に戻って同期を待つんだがみんな坊主で帰ってくるから
そのたびになぜか拍手して笑いあった
あと書き忘れたが同期18人だった
高卒の人二人いたわそういえば

そうしてると一人の坊さんが部屋にきた
俺らの担当係、つまり担任みたいなもんだった
名前はHさんで、背が高くてかっこよかった
冗談抜きでトランスポーターのあの人にそっくりだった
映画見た時笑うぐらい似てた

んでその人が円になって座って手をつないで、と言う

 

57: 2011/09/03(土) 11:53:56.85 ID:A1YbAfRM0

何事か、と俺らは座って18人が手を握り合う
Hさんも円に加わり19人となった

H「この先なにがあっても、俺たちは同期で、家族で、仲間だから。」
H「一人も欠けず、助け合って頑張ろうな」

みたいなことを言った。
冷静に聞けばくさいが現状を考えると12歳ながら心に響いた
後で分かるがこの人は担任役の坊さんでも
ダントツ1位でいい坊さんだった

そしてついに中学生寮に入ったんだ
ここからが地獄の修行時代の話

Google AdSense
コメントを残す