管理人おすすめ
妻と離婚の話し合いをした時に妻は俺の隣ではなく、あの男の隣に座った・・・あの瞬間に9年の結婚生活は終わったと思った。
<長編>嫁が自宅で浮気している現場に帰宅!俺は自分の手首を包丁で切った・・・救急病院のベッドで目を覚ました時には嫁の事も事件の記憶も完全に抜け落ちてた!
<長編>今日、余命3ヶ月の宣告をされた母の見舞いにも来ないで浮気していたが元嫁が火葬場に来ていた・・・ 母の棺の方向に向かって土下座してたよ。
<長編>妻の電話で浮気を疑い出した俺が変わった!薄ら笑う俺を見て病院を勧められた・・・俺をこんな風にしたのは誰のせいだ?
<長編>元嫁の浮気で離婚して親権取れたのに病院出た後に「俺、もう少しで死ぬらしいから子供達のことを見られない。親権はお前に譲る」 とか元嫁に言っちゃってんの!オレ癌だって...
<長編>浮気した妻を浮気相手から取り返すことができ、夫婦生活を再構築できました・・・・というのは表向きの話、全てが復讐の準備であることを!!徹底的にやり返すのみ!!
<長編>浮気した嫁に土下座をして再構築を希望した俺!1年後「今まですまなかった。自分のわがままでここまで引っ張ってきたけど結局ダメでした。 あなたの希望どおり離婚する事にします」 と正座して頭を下げた。
<長編>仕事の飲み会から帰って来た嫁は「本当にごめんなさい。」と言い残して風呂に行った。
<長編>浮気中の妻が実家のお母さんのお見舞いに行く日に内緒でバックから携帯を抜いた ・・・間男からメール来た 「 携帯持ってるのが旦那さんだったら連絡ください」 怖いだろこいつヤバイよ頭おかしいよ!

530sage2013/03/28(木) 03:39:36.40 ID: ID:vdh9y6nqI

夜中にこっそり投下

 

531本当にあった怖い名無し2013/03/28(木) 03:46:02.34 ID: ID:vdh9y6nqI

ごめんなさい、あげちゃった

ぶった切って失礼します。
まだ社会人二年目だった頃のお話。なんとか一人前に仕事をこなせるようになり、中学から付き合っていた彼氏と結婚の話も出て、これからの未来を疑いもせずアホみたいに幸せだった。
ところが結納が済んだあたりで彼氏の態度がおかしいのに気付き、悪いと思いながらも携帯を見てしまった。真っ黒でした。
取り乱し、どうするつもりだと問い詰められた彼はあろう事か相手の女に丸投げ。

 

532本当にあった怖い名無し2013/03/28(木) 03:49:16.25 ID: ID:vdh9y6nqI

しかもその女、私達より8つ年下の行ってれば高校一年生。実際は高校中退、ウリも平気なジャージが正装の15歳。
こんなの相手に犯罪まがいのことをやらかした彼氏に愛想も尽き果て少ないながらも慰謝料をもらいとっとと別れました。
その後なんと二ヶ月でその子が妊娠、出来婚をせまられるも元彼から涙の電話。結婚したいのはお前だ、誰の子か分からんような子どもを宿した女となんか結婚したくない、と。

 

533本当にあった怖い名無し2013/03/28(木) 03:51:50.21 ID: ID:vdh9y6nqI

呆れ果て、身に覚えはないのかと聞くとあるにはある。だったら大人しく籍入れろ、その上で生まれてから鑑定でもなんでもすればいいだろ、それくらいの責任取れよと突き放しました。
ところがそれをそのまま女にハトるバカ男。罵倒の電話が昼夜問わず鳴り響く事態に。
曰く、古雑巾女が今更なんの用だ、お腹の子は確かに彼の子だ、難癖つけるならシメるぞ、私達のラブラブに嫉妬か情けない女だな、10年付き合っても子ども1人孕めない欠陥女、などなど。

 

534本当にあった怖い名無し2013/03/28(木) 03:56:15.11 ID: ID:vdh9y6nqI

着信拒否をしても仲間?の携帯でかけてくるのか意味が無く、留守電もたまりまくり、挙句実家にまで電話を寄越す始末。
嗚呼、本物のバカと結婚するんだ、お似合いだよバカ男。と思ったことは鮮明に覚えています。
ただ、バカ男はバカ男なりに結構収入はいいほうだったので、それもあって女の方ではなんとしてでも結婚したかったようです。
とりあえずバカ男に金輪際連絡を寄越すな、嫁の責任ぐらい取れ!とメールをして終了。
の、はずが無事籍を入れ嫁になったアホ女から今度は自慢電話。

 

535本当にあった怖い名無し2013/03/28(木) 04:00:57.53 ID: ID:vdh9y6nqI

今月はどこに家族旅行にいった、
旦那がすごく優しくて幸せ、
子ども産めないあんたは不幸で可哀想pgr
お手伝いになら雇ってやらんこともないけどpgr
正直バカの相手はしたくないと思っていたものの、婦人系疾患があり子どもが望めないかもしれないと医者には言われていたので、欠陥女って言葉には本当に気が狂うかとそんな、精神状態で仕事が続くわけも無く小さい頃から夢だった、やっと手に入れた職も辞めてしまい
数年間、本当に廃人のようになりました。
その間も自慢メールは延々続き、今思えばアドレスを変えるなり何なりすればよかったのに
毎週送られてくるメールを見ては泣く日々でした。