Google AdSense
通算アクセスランキング 

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

900: 2006/09/29(金) 17:01:09

1/10
投下失礼します。
なるべく読みやすいよう、頑張りますが、お目汚ししたら済みません。
彼も私も相当DQNです。不快な気分になりましたら、どうかスルー願います。
あ、修羅場の開始は、6からになります。
私(28)OL→私子
彼(29)フリーター→彼也
新彼女(19)専門学生→新美

7年前の話です。
彼とは結婚を前提に付き合って10年。しかし、彼に定職が見つからない事もあり、ずるずると交際期間だけが長引いていました。
当時、彼は一人暮らし。
家は友人達(遊びのサークルを通じて知り合った男子。多数)の溜り場で、いつ行っても誰かしら男友達がいます。
私達は土日の昼、彼らを数時間追い出して性生活を行なうのが、週課となっていました。

私が彼の様子が変だなと、思い始めたのは2000年1月の中旬頃のこと。
Hが好きで、Hの邪魔をされたくないばかりに、誰とも同居しなかった彼が、
「友達が行くあてが無いって言うから…」
という理由で、家に住むのを許可してしまったのです。
私は「じゃ、仕方ないよね」と答え、バレンタインに向けて、今年はどう凝ろうか…なんて、のんきに考えていました。

 

901: 2006/09/29(金) 17:01:21

2/10
バレンタイン当日、チョコのアイスケーキを作りました。
しかし、大の甘い物好きの彼が、風邪を理由に口を付けません。
パジャマ姿でゲームし、3ヵ月前に買った携帯に夢中になり、友人達と談笑してましたが、食欲は無いとのこと。
私は、甘い物って食欲無いと入らないもんね~と、溶けていくアイスを横目に、また作ればいいやと考えていました。
友人達が、落ち着き無く、いたたまれない様子にも気付かずに。

3月に入り、会っても会話する時間が減り、H無しの日も続いて、少々苛立ってきた頃。
彼がとんでもない事を言いだしました。
「オレ、就職は諦めて、専門学校に入る」
「が、学校!? お金は!?何年通うの!?」
「2年間。パソコンの資格取りたいんだ…学費は親に援助してもらう」
最低でも一年間、彼が職場に勤めてから、というのが私の親の出した結婚条件だったので…それはそのまま結婚延期を意味しました。
しかし私は彼と一生付き合うつもりだったので、
(この先、50年あるのだから、3年位なら)と考え、承諾してしまったのです。

しかし、この時期から彼は私の前でも、誰かと電話やメールを繰り返すようになっていました。

 

902: 2006/09/29(金) 17:01:40

3/10
5月の日曜。私が彼の浮気を知る日がきました。
話は逸れますが、当時PSソフト「どこでもいっしょ」が発売され、爆発的ヒットしていました。
私も例に漏れず相当にハマリ、ソフトを彼の家に置き、彼や友達にもプレイさせては、データをやりとりして遊んでいたのです。
その日、彼の許可を得て、彼のトロを見せて貰っていました。
トロが言葉を教えて、と言うので、私は気まぐれに自分の名前「私子」を入力しました。すると──
『トロしってるニャ!わたこは、かれやのともだちなのニャ!』
(……友達?)
『かれやは、すきでも、きらいでもないのニャ!』
「……どういうこと?」
彼は画面を見たまま、固まっています。私は黙って、次の言葉を入力しました。
彼や彼の友達の会話に、よく出るようになっていた女性の名前、「新美」と。
『トロしってるニャ!にいみは、かれやの かのじょなのニャ!』
『かれやは にいみのことが、だいすき なのニャ~』

テレビを消し、私は押し黙りました。彼も一言も発しません。
友人達は空気を察し、次々と帰っていきました。

 

904: 2006/09/29(金) 17:03:45

4/10
私は、覚悟を決めて言いました。
「別れよっか…」
「嫌だ、別れない!」
返事は速答でした。
「……好きでも嫌いでもないのに?」
「好きだよ!…あれは、俺が入れたんじゃない。誰かが勝手に入れたんだ!置きっぱなしにしてたし…きっと悪戯してさ!」
証拠も無いし、そう力説されては、強くは問えません。
「本当に?私でいいんだね?」
「私子がいいんだよ」
服の中へ潜り込む、彼の指に感じてしまいながら“また、嘘つくんだ…”と、哀しい気持ちになりました。
働く、と言って働かない。就職する、と言って就職しない。お金は返す、と言って返さない……そんな人でしたから。
その夜、私は所有の証のつもりで、彼の体に沢山のキスマークを残して帰りました。

数日後。私は親に嘘をつき、彼の家に泊りました。
以前と全く変わり無い彼に、少しホッとして…けれど、不安は拭いきれずにいました。
その夜、丁寧で優しいけれど、激しいHを終え、私は淘然として彼を見ていました。
その時です。暗やみに慣れた目が、彼の肩口の赤い線を捉えました。

 

905: 2006/09/29(金) 17:05:35

5/10
その線は、彼の体のあちこちに、何本も見えました。明らかに爪跡です。
「……新美さんと会った?」
「なんで?来てないよ」
「…………そう」
嘘です。私は彼を痛がらせないようにと、爪を立てたことも無かったんですから。
彼の体には、まだハッキリと残っています。
彼も嘘つきですが、新美という女も、私という「彼女」がいると知った上での行動…宣戦布告だと思いました。

それからは、平日もほぼ毎日、彼の家へ泊まりました。
だるそうな彼を、その気にさせ、体を重ねます。手で、口で、腰で…知る限りの手段を使い、彼が満足するよう努めました。
友人がいても、カーテンで仕切ったり、お風呂場で及んだり。
少なくても二度、時間をかけて三、四度と彼が達してようやく安堵し、仕事に向かうことが出来ました。
しかし、そんな事をすれば、体調を崩すのは目に見えています。
職場で不調になり、家人に怒られ…それでも翌々日には、彼の家へ行きました。
(例え、2番目でも…体だけの関係になっても…抱いてくれるなら、一緒にいてくれるなら……)

土曜の早朝。家の鍵は開いており、私は玄関から彼の名を呼びながら、毛布の塊へ近付きました。
「彼也、ねぇ彼也……」

 

906: 2006/09/29(金) 17:05:50

6/10
毛布からは、長い黒髪が見えました。
その頭髪の持ち主と、抱き合うようにして、彼は眠っていました。

その直後のことは、よく覚えていません。
気付いた時、彼に頬と頭を叩かれ、腕を捻られ、痛さで悲鳴をあげながら床に伏していました。
「痛てぇんだよ、ちくしょう!」
という彼の声、散乱した食器と転がった卓袱台から、私が彼を害したのだと判りました。
そのまま、畳の上に投げ出され、手足と腹部に痛みが走りました。
顔をあげ彼を見ると、出血は無いようでした。
ホッとすると同時に、怒りが湧いてきて、無人の布団(新美は部屋の隅に逃げていた)からシーツを剥がし、
「したんだ!したんだ!…ねぇホラ、してたんでしょ!?」
と、濡れた部分を突き付けながら泣き喚く私。事実、濡れていて匂いも男女の体液です。
彼はシーツをひったくり、激しく怒鳴り返してきました。
「うるさい!何しに来た!?俺の行動に口出すな!」
「そんな…おかしいよ!」
「おかしいのは、こんな朝から来る、お前だろ!?」
置き時計を、床に叩きつける彼。
「お前、本当に常識無いよな。我儘や勝手ばかり言わずに、少しは気を使えよ。俺にも友達にもさ」
「……ごめんなさい、でも…」
震えて、声もろくに出ない私。

 

910: 2006/09/29(金) 17:09:33

7/10
「頭冷やして、よく考えてから行動して欲しい。俺が言いたいのは、それだけだ」
しかし、納得出来ようはずもなく、視線をさ迷わせていると、新美の姿が目に止まりました。
毛布に身を包み、こちらを凝視する彼女に、私は愕然としました。
彼女が、すごい美人だったからです。(モデルをしてるのだと、後に知りました)
かたや、自分は年増のデブス。もはや一言も言い返せません。
その時、外に車が止まった音がして、玄関のチャイムが鳴りました。
来たのは彼の親友でした。どうやら彼が電話で呼んだようでした。
「悪い。早く連れてって」
彼はさっさと、私のバッグを持って、親友に渡してしまいました。
「嫌…お願い…帰りたくな……」
「お前がいたら、新美が可哀想なんだよ」
彼は私を、なかば引きずりながら玄関へ連れていきました。
そして、新美と親友に聞かれない位置で、小声で言いました。
「あんなに抱いてやって、まだ足りないのか?淫乱」

その日からは、めちゃくちゃです。
起きてる間じゅう泣き、胃痛と嘔吐で寝込みました。
現実逃避に自慰を続け、彼の言葉を思い出しては、自己嫌悪する一週間でした。