広告
2020年アクセスランキング
1<長編>妻は理想のお母さんで妻としても理想的で結婚して良かったなと思える人なんだよ!でも、浮気しているんだよな。裏切っているんだよな。
2<長編>浮気していた嫁と子供が昼寝した時に家を出て街中でぼんやり人の流れを眺めてた・・・2時間後に家に 帰ったら嫁が蒼白になって出てきたよ。 ボロボロ大泣きしてた。「お願い、いなくならないで!やり直そうって決めたのに!」ってさ。
3<長編>嫁の浮気調査の途中で偶然知ってしまった事実を私は間男の嫁に伝えた・・・民事の問題ではなくなる可能性があると言う事です。
4<長編>嫁の携帯見たら、 上司に「旦那が気持ち悪くてしかたない、別れたい」ってメールしてた・・・よし望み通り!内容証明は即時発送を依頼してあとは弁護士に丸投げします。
5<長編>浮気相手の子を妊娠した妻「あなたには絶対に迷惑はかけません。だから産ませて」俺「そうか、離婚するってことか。」妻「離婚はしたくない。」
6<長編>明日、妻は友達と1泊で遊びに行くと言って間男と旅行に行きます!俺は妻の最後の良心にかけてみた...
7<長編>妻から「昨日は楽しかったね、また行きましょう」ってメールが来た・・・今、俺出張中なんだけど!お前送信先間違えとるがなww
8<長編>長期間の嫁の浮気になぜ気が付かなかったのだろうおかしな行動は何もなかった・・・浮気相手が判明してすべての謎が判明した!
9<長編>妻が大切な話があるから早めに帰って来てと言われ帰ったら・・・間男がいて子供が出来たので責任取るから離婚して下さいだと!
10<長編>ホテルに入って行った嫁と間男!二人が出て来るまでの2時間のあいだ私は間男の車のボンネットに座って笑っていた!

883名無しさん@おーぷん2014/10/05(日)22:40:38 ID: ID:???

半年ほど前、ある交差点付近で友人と待ち合わせをした。
友人は50分くらい遅れるという事だったので俺は一人でそこに突っ立っていた。
そのときに30代くらいのカップルが俺のところに来て「○○公園までどうやって行くか分かりますか」と尋ねてきたので俺は行き方を説明したのだが、
そのあとのあんまりな展開に衝撃を受けてしまったわ。

その交差点から公園までは
1,道をまっすぐ行き、一つ目の信号で右に曲がる。
2,そして二つ目の信号を左に曲がる。
3,五分ほど歩くと右側に○○公園がある。
という具合。

そのカップルは「あ、どうも」とだけ言ってまっすぐ歩いて行った。
しかし彼らはしばらくして戻ってきた。歩いて行った方向とは違う方向から戻ってきた。
どうやら彼らはまっすぐ行ってから右に曲がり、さらに右に曲がり、そしてさらに右に曲がったようだ。
しかも「あなたがそう言ったんでしょう!」と切れられたので言葉を失うほど驚いた。

終いに「責任を取って付いてきてくれませんか?本当に無責任な説明やめてくださいよ」とも言われた。
信じられないことを言う人がいるもんだなと思い、もちろん断った。
しかし、俺は「まっすぐ行って右→右→右」と説明してしまった可能性もなくはないので、
もう一度なるべく分かりやすく行き方を説明したわ。
そうしたらぶつぶつ文句を言いながら去って行った。

そのあとまた戻ってこられても困るので、俺は交差点の近くの喫茶店に逃げ込んで友人を待つことにした。
友人に「俺はすぐ近くの喫茶店で待ってる。○○公園までの道聞かれても知らないって言っておけよ。事情は後で話すから」
というメールを勢いで送ってしまったくらい面倒なカップルだったな。





 

884名無しさん@おーぷん2014/10/05(日)23:57:20 ID: ID:???

>>883
すごいカップルだなww

そこまで酷くはないが俺も似たような経験あるな。
俺は歩きで、「○○はどこにあるか分かりますか」と尋ねてきた人は車だった。
俺は「そこの交差点を左に行ってすぐですよ」と教えた。
そうしたらその人は「ありがとうございます!!」と、こちらが恐縮するくらい礼を言って交差点を右折していったわ。
あれ程どうしようもない気分を味わう事ってあんまりない。

 

885名無しさん@おーぷん2014/10/06(月)01:23:02 ID: ID:???

>>883
俺と同じ部署の先輩が何故かよく道を聞かれる。
聞かれた時はいくら自分が知っている場所でも、
必死で思い出しているような感じで説明するらしいわ。
必死で思い出しながら説明しているのを見た相手は、真剣に耳を傾けてくれるようだ。
これで相手の勘違いによるミスは激減(多分!!)ということだった。

 

8868852014/10/06(月)01:25:53 ID: ID:???

すまん、ビックリマークの位置まちがえた

×激減(多分!!)
○激減!!(多分)
でしたわ

 

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験3度目

YouTubeチャンネル開設しました、
もし宜しければチャンネル登録お待ちしています。