Google AdSense
通算アクセスランキング 

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

498: 465 01/09/02 04:15 ID:xLB5pE8o
修羅場話高2のとき、部のOBのA(8才上)と付き合うようになった。
OB楽団があったので、OBとの交流が多かった。
Aは、よく楽器を借りたり、暇なときに私たちを指導してくれたので
他のOBよりも接する機会が多く、親しくなった。
そのとき既に、Aには婚約者がいた。
ドキュソな話だ。

 

501: 465 01/09/02 04:20 ID:xLB5pE8o
告白してきたのはAからだった。
そのときの台詞はふるったもので
「君とは結婚できないし、おおっぴらに付き合うことができないけれど
君が好きだ」。
今なら殴り倒しているところだが、当時の私は自分の容姿にも楽器の
腕にも自信がないコンプレックスの塊だったため、それを受け容れて
しまったのだ。
異性から告白されたのは初めてだったし、Aに憧れていたからである。

 

505: 465 01/09/02 04:32 ID:xLB5pE8o
ぶっちゃけた話、Aの目的は私の体だった。
すぐに体の関係を持ち、暇さえあればヤっていた。
Aの婚約者は当時、仕事の都合かなにかで遠くの土地に住んでいたから
私はAの性欲のはけ口だったのであろう。
彼女でなくセフレなのだが、私はどうでもよかった。
あまりにも自信がなかったので、何事も最初から諦めていたせいもある。
どうせ、セフレでもしょうがないだろう。。。
周囲にばれないように気を使っていたが、だんだんAは大胆になり、
デートはドライブのみだったのが、街中で二人で食事したりもするように
なった。
音楽室で二人きりになったとき、ヤってしまったこともある。
当然のことながら、怪しむ人も出始めた。

 

507: 465 01/09/02 04:41 ID:xLB5pE8o
「465ってさ、A先輩と仲良いよね?」
「えっ、そうかな・・。そんなことないよ・・・」
「だって、この前、二人でご飯食べてたじゃん」
「あれは・・・ホルストの1組のスコアを探してあげたお礼だよ・・・」
「えーっ?それってホント!?」
「それにA先輩には彼女いるじゃない・・・。来年には結婚するらしいよ」
「そっかぁ。それに465ってそんなタイプじゃないしねー」などという会話を5人くらいとした。(藁
さすがに焦った私は、Aにもっと気を付けてくれるよう頼んだ。

 

508: 465 01/09/02 04:52 ID:DL3UOmlY
すると、Aは気を付けるよ。と言っていたが、その後も行動が改まる
ことはなかった。
ある日のこと。
またしても音楽室でヤっていた。
夕方6時頃だったが、その日は練習が休みのため誰も来る心配が
なかったのだ。
この後の展開は皆さんにも予測がつくだろう。
なぜかいきなり後輩が現れ、見られてしまった。(;゚Д゚)
(こういうときに限って鍵をかけ忘れている)
不幸中の幸いだったのは、行為自体が終わってマターリとしていたところ
だったことだろうか。

 

511: 465 01/09/02 05:04 ID:DL3UOmlY
始末の悪いことに、その後輩はAの婚約者と知り合いだった。
(婚約者はOBでない。大半の部員は彼女と面識はない。)
私は婚約者にバラす、と大騒ぎする後輩を必死で説得した。
Aも私も服を着ていたのが幸いした。
私は
「Aを呼び出して告白し、付き合ってくれなかったら嫌だと騒いだ。
Aは宥めるために私を抱きしめていただけ」
などと苦しすぎる説明をした。
それなら、床に寝ていたのはおかしいのだが(w
なぜか後輩は納得してくれた。
私はその場でAに謝ってみせ、婚約者に黙っていてくれるよう頼んだ。
後輩は可哀想に思ったらしく、その後、その話題を出すことはなかった。
私は、こんなことになったのだから、今後はもっともっと気を使って行動
するよう言った。
するとAは
「バレなかったからいいじゃねぇか。それにしてもお前、嘘がうまいな」

 

512: 恋人は名無しさん 01/09/02 05:04 ID:sjvVpDp6
>>510
さっき、自分でふたまたとか言ってたから
別の展開になるんじゃないか?
ワクワク

 

513: 恋人は名無しさん 01/09/02 05:05 ID:sjvVpDp6
>>510
ぐわあ!!A!!こいつアホアホ

 

514: 465 01/09/02 05:14 ID:DL3UOmlY
なんで、こんな思いをしてまでこいつと付き合っているのだろう。
こいつは一体何なんだろう。大会の季節になったので、この事件は結局うやむやになった。
大会が終わった後、OBと部員数人で打ち上げをすることになった。
打ち上げに婚約者が休みをとれたので、やって来るという。
Aは来るな、と言ったが、婚約者を見たことがなかったので、黙って
行くことにした。
打ち上げ会場で私を見たAは少し驚いたが、さすがに人目があった
ので、何かを言ってくることはなかった。
見知らぬ女性がいたので声をかけると、婚約者だった。
清楚な美人で、とても感じがいい。

 

516: 465 01/09/02 05:20 ID:DL3UOmlY

 

517: 465 01/09/02 05:26 ID:DL3UOmlY
婚約者と話して、私は彼女に好意を持った。
本当に良い人だった。顔だけでなく、性格も良かった。
変な話だが、こんな彼女を悲しませるようなことをしているAが許せなく
なったのだ。
自分もそれに荷担しているということが、忌まわしく感じた。
そんなことを考えていると、追い打ちをかけるようにAが
「お前って地味だからな。俺以外の男には良さが分からないだろう」
と言う。完全にキレた。
そのことを表に出さず、家に帰った。
帰ってすぐ、OBのBに電話をかけた。