Google AdSense
通算アクセスランキング 

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

86: もも 02/02/26 14:03
不倫の話しが出てましたが、私も18歳の頃に経験した不倫の話しをひとつ。

 

87: もも 02/02/26 14:07
当時、奥さんもいて、子供もいる14歳年上の男性と付き合っていました。
お金持ちだったし、大人の男性に憧れていた時期でもあったので、
奥さんや、子供がいる事はあまり気にせず付き合っていました。
仕事が忙しい人で、会えるのは月に2、3回。
それも、彼の仕事が終った深夜12過ぎから3、4時間を、1人暮らしの私の部屋で過ごす程度でした。

 

88: もも 02/02/26 14:22
最初は彼も「不倫だし、OOはまだ若いんだから、色々な経験をした方が良い」
と言っていたので、彼と会えない日はクラブに通ったり、友達とワイワイ飲んでたりしました。ところが、付合いが半年くらい経った頃から、彼の態度が急変。
気がつくと、毎日11過ぎに家の電話が鳴って、私が家に居る事を確認。
家に居ないと、携帯に・・・。
遊んでいても、仕事をしていても、「今すぐ家に帰れ!!」と怒鳴るんです。
一度は男女交えて5人くらいで遊んでいた時、電話が鳴りました。(車の中でした)
「友達と遊んでる」
「今すぐ家に送ってもらえ」
などと会話をしていると、横でしゃべっていた男友達がの声が聞こえたらしく、
「男がいるのか?」
「居るよ」と私。
すると、「今すぐ車を降りろ!!!」と・・・。
すごい剣幕に私も周りの友達もビックリ。
何を言っても「今すぐ降りろ!」の一点張りで、仕方がないのでその場で下ろしてもらったなんて事もありました。

 

89: もも 02/02/26 14:25

 

92: もも 02/02/27 02:57
続きです。そんなある日、夜11時を過ぎると、家の電話も携帯も、出るまで鳴らし続けるので、
家の電話の受話器を外し、携帯も電源を切って、モデルをやっているかっこいい男の子と遊びに行きました。
だけどやっぱり「怒っているんだろうな」と気になって深夜3時過ぎに家へ戻ると、マンションの下には、彼の車が・・・。

 

93: 恋人は名無しさん 02/02/27 03:34
>>もも
その後はー?
おもいっきりタメますな・・・

 

94: もも 02/02/27 03:41
おっ!読んでくれてる人いたのねっ♪
レスがないから、誰にも読んでもらってないのかと。。。じゃっ!続き書きます。おそるおそる部屋まであがると、案の定、彼が私の部屋に居ました。
当時、1人暮らしの部屋の鍵を彼氏に渡すという行動に、ちょっぴり憧れていたので、付合い始めの頃渡してあったのです。
受話器を外した家の電話を目の前に「どういう事だ?」と彼。
「だって近所迷惑になるから・・・」と私。
「今までどこに、誰と居た?」
「・・・・」
男の子と遊びに行ってたなんて言ったら何をしでかすか分らないので、
黙っていました。
「携帯出せ!!」
「嫌だっ!」
「出せ!!!!」
しばらくこんな会話が続いた後、彼がいきなり台所へ走り出しました。
戻って来た彼が手にしていたのは、包丁・・・!!!!!????

 

97: もも 02/02/27 03:51
最初はただの脅しかと思いましたが、彼の血走った目が本気である事を証明していました。
包丁を手にした彼はまず、私が飼っていた愛猫のくびを掴み
「携帯を渡さないならこいつを殺す」と言いました。
1人暮らしを始めてすぐに飼った大事な大事な子猫でした。
仕事の疲れも、彼に会えない淋しい夜も、私を癒してくれた大事な猫です。
私は無我夢中で、彼に飛びかかり、愛猫を奪い返しました。すると次の瞬間、彼が手にしていた包丁は私のお腹の、寸前の所にありました。
「殺される!」と本気で思いました。
目に一杯涙を溜めた彼。
「お前を愛しているから、お前を殺して捕まるならそれでも良い」と・・・。
今思うと、芝居だったのかもしれませんが、その瞬間は本当に怖かった。