広告
通算アクセスランキング
1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!
2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」
3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。
4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!
5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」・・・こういう場合 携帯見たことを言って話をきっちりしてもいいんだよね?
交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」
<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」
8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。
<長編>嫁の携帯見たら、 上司に「旦那が気持ち悪くてしかたない、別れたい」ってメールしてた・・・よし望み通り!内容証明は即時発送を依頼してあとは弁護士に丸投げします。  
10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

842名無しさん@おーぷん2015/07/23(木)12:46:49 ID: ID:???

親の財産をひとり占めしようとする長男や長男嫁の話ってよくあるけど
それが成功したとて……という話。親戚にSという一家がいて、Sさんは中小企業だけど経営者で、業界では知られた人だった。
S夫婦には息子が2人いて、長男は親はそうじゃないのになぜか長男教に感染していて
「俺は長男だ跡取りだ敬え!ひいきしろ!」と威張っていた。
子供のたわごとならまだしも、大人になってまで言って回ってるから、あきれられていた。
頭の出来は今一つで、大学を出ても就職先がなく
もしかしてSさんの会社に入れてもらうつもりだったかもしれないけど
Sさんはコネで遠くの会社に放り込んだ。
その土地で結婚したけど、嫁さんがまた
「跡取りの長男だからお金があると思って結婚した」と公言する猛者。

次男は明るくて人当たりがよく(長男と比べるからかもだけど)
勉強がすごくできて、東京の地名のついた大学に進み、公費留学でアメリカの大学院へ行き、
帰国して東京の有名企業に招かれた。
嫁さんはお金持ちのお嬢様で頭が良くて優しい。

SさんはS奥さんが他界して気落ちして、会社はたたんだ。
数年後Sさんも逝って、相続となった。
長男夫婦は「財産はすべて跡取りの長男のもの!」と主張して
ギャンギャンわめきちらして暴れるので
次男夫婦は生命の危険さえ感じて、相続放棄する代わりに
今後は互いに一切かかわらないと取り決めた。

 

8438422015/07/23(木)12:51:33 ID: ID:???

長男は家も土地もお金も手に入れて、親戚とも縁を切った(切られた)。
家はきれいな邸宅に建て直したけど訪ねる人もなく
庭の手入れとかも全然してなくて、新しいのになんかすさんでいる。
それに長男嫁さんは隣家に
「お宅の家の庭で蚊が発生してうちへ飛んでくるから、庭の植物を全部始末しろ」
とか言って来るキチ?
長男は遠くの会社はどうしたのか、一日家にいるらしい。ところで、次男夫婦はいつの間にか自力で起業して、成功していた。
父親のSさんと同じ業界で、全く同じ仕事ではないが、
例えばSさんが寿司屋の板前だったとしたら、
次男はレストランチェーンのオーナーみたいな感じ。
実はSさんが亡くなる前から次男は期待の若手として有名だった。
だからSさんの葬式の時も、参列した業界の人に
「Sさんも(次男)さんといういい跡取りがいて、思い残すこともなかったろうね」
「(次男)さんはさすがSさんの跡取りだからいい仕事をしている」
と言われていた。

今や、業界で次男を知らない人はない。
長男は、業界に知り合いは一人もいない。
隣家の人は、長男夫婦が怒鳴りあう声を何度か聞いている。

 

844名無しさん@おーぷん2015/07/23(木)15:01:04 ID: ID:???

財産うんぬんではなく長男の性格に難ありだな

 

引用元:今までにあった修羅場を語れ

広告