広告
通算アクセスランキング

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

470: 434その5 2001/08/19(日) 14:02
チカがいうには、本気で塩酸を用意しかねないので(美空ひばりの
アレみたいですね)、それからは佐々木の手が届くところには
いない・道路では歩道より奥に引っ込んで歩く(道路に突き倒されたり
したらたまったもんじゃない)などの自衛策も施したそうです。わたし自身、こんなことを聞いたとき、「母は、一度でも佐々木と
飲みにいったとか、そんな親密だと勘違いさせることがあったのか」と
疑いました。
でも、チカも佐々木も、とあるショッピングビルの店員だったのですが
隣の店でもなんでもない、同じフロアにあるだけ、というつながりの
違う店の店員同士だったそうです。もちろん、飲みにいったことも
ふたりで話したことも、顔見知り程度に「おはようございます」しか
ないとか。会話にもならない会話もどきしかなかったそうです。
チカは明るい性格だったので、他の店にも友人が多かったのですが
佐々木のことは、まったく「見覚えはある」程度だったそうです。

 

475: 434その6 2001/08/19(日) 14:10
さて、あまりに吉田との仲を邪魔され、店の人はまるっきり
チカと吉田は破局&チカは佐々木と結婚するのだということを
信じ切っていました。
ただ、そのわりにはチカが極端に佐々木を避け、怖がっていることや
佐々木の目つきがおかしなことには気付きはじめたので
やっとチカの「あの人はおかしい、こわい」という言葉も
すこしは信憑性を持ち始めました。
そんなある日、チカは仕事のあとで吉田と遊びにいくことになり、
仕事のあとで何時にどこそこ、と約束しました。
そのことを、店の友達に話したチカがバカでした。軽く言ったつもりで
いたのでしょうが、それを佐々木が聞きつけ、なんとしても
吉田と会わせるまいと思ったのでしょう。
この日、チカは早番で、ちょっとシフトが違うながらも佐々木は
チカの上がりの時間は勤務中だったのでした。
チカは呑気に同じ時間に仕事を上がり、車で帰宅するという
友達の車の窓ごしに話していました。
そしたら、友達が、「あ、佐々木だ」といい、チカがびっくりして振り向くと、
ショッピングビルのあるところとは反対車線に止めている
友達の車に向かって突進してくる佐々木がいたのです。
(蛇足ですが、このビルは、当時のその街では大きなもので、
いまでもかなり車が多く歩道はありません)
「事故にあっちゃえばいいのに」という佐々木の言葉を思い出したチカは
問答無用で友達の車の助手席のロックを窓から外し、わけがわからず
フリーズしたままの友達の車に乗りこみ、「いいから車を出して!」と
叫びました。でも、友達がわけがわからないので「え、どうして?」などと
言うだけ。「いいから出してって言ったら出して!!!」と
ふだん明るいけれど、大人しいチカが人が変わったように絶叫するので
友達も車を急発進させました。
ちょうどそのとき、無事に車道を渡り切った佐々木が、友達の車を出すまいと
その前に立ちはだかったのですが、急発進した車は止まりません。
佐々木は、車のボンネットにはねられてしまいましたが、それでも
佐々木は立ちあがってしばらく車を追いかけてきたそうです。
なにか叫びながら追いかけてきたそうですが、詳しくは聞こえませんでした。

 

477: 434その7 2001/08/19(日) 14:11
あ、省略されちった。というわけで続き。そんなことがあったり、吉田のところへの限りないいやがらせもあり、
「もう疲れてしまった」と、チカと吉田はお互いに
結婚を解消しました。佐々木は嬉しそうに「あなたが吉田とさえ
結婚しなければ、僕は満足だ」と言ったそうです。つまり、
吉田が自分とチカの間を阻むものであり、吉田さえいなければ
チカは自分と結婚するものだと決めてかかっていたのでしょう。
わたしは、このときのチカの悲しみや悔しさは、
わかりませんが、自分たちに関係ないところで発生した佐々木の
異常さのおかげで何年も築いた吉田との関係が壊れてしまったことは
きっとわたしには計り知れないものだったのでしょう。
思い起こさせるのもかわいそうなので、聴いていません。それからの佐々木は、なぜか店をやめてしまい、
チカも私の父と出会って結婚したので、店を退職しました。
それからチカは夫の実家のある、自分の実家とは車で1時間ほど
離れたとある田舎に引越しました。そこでわたしを産むことになります。
父は、チカよりひとつ年下だったのですが、チカがわたしを産んで
しばらくしたころ、うちの電話が鳴りました。誰も知らないはずなのに、
電話をかけてきたのは佐々木でした。

 

479: 434その7 2001/08/19(日) 14:12
「チカちゃん?僕だよ」
という声を聞いて、チカはわたしを抱いたまま卒倒しそうだったそうですが
佐々木は結婚したそうです。
それも、チカと同じ年の(佐々木は、チカよりひとつ年下、
父と同い年だったので)子持ちの女性と結婚したそうです。
佐々木がなぜ彼女と結婚したのかはわかりません。その理由などは
わからないのですが、チカに言ったことによれば、
・彼女はチカと同い年で、自分とひとつ違いだった
・子持ちだった。
・その子供は、わたしと同じ7月生まれで、しかも同じ女の子だった
「だから、僕は結婚したんだ。これで、僕とチカちゃんは一緒だね」と
言って電話を切ったそうです。その後の佐々木の行方はわかりません。これでおしまいです。あまり怖くないかもしれませんね。
くどくど書いて、読みにくかったらごめんなさい。

 

482: 434その8 2001/08/19(日) 14:14
あ、上のやつ、編集へましました。
「チカちゃん?」からが続きです。最近知ったのですが、吉田はつい最近、病気を患って
亡くなったそうです。今の佐々木(わたしが二十代の半ばなので、
もうこのころから20年以上経っているのですが)が
吉田の訃報を聞いたらなんというのだろう、と思ってしまいました。
ずっと「チカちゃんと一緒」と思って生きているのか、それとも
途中で目が覚めたのかも、いったい佐々木がどこにいるのかも
わからないのです。でも、どこかにわたしと同い年の女の子が、
佐々木に育てられ、チカとの結婚生活を夢見た佐々木を父と呼んで
育っているのだと思うと、なんだかちょっと怖いような気もします。
読んでくださって、どうもありがとうございました。
次の方、どうぞ。

 

引用元: ・◇修羅場◇ part3

YouTubeチャンネル開設しました、
もし宜しければチャンネル登録お待ちしています。

Google AdSense