広告
通算アクセスランキング

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

466: 434 2001/08/19(日) 13:58
それでは、書きます、長いんですが・・・私自身ではなく、母の話です。
母は、別に綺麗というわけでもなく
ふつうの人です。人物、すべて仮名です(笑)。その母・チカが、めでたく結婚することになり、
職場の人もみな知ることになりました。
みんなが「おめでとう、チカちゃん」と
母を祝福しだしたころ、同僚だった年下の男性が
急におかしくなってしまったそうです。

 

467: 434その2 2001/08/19(日) 13:59
突然、職場の人にも「チカちゃんは僕とつきあってる」と
言い出し、それがあまりに理路整然と「結婚するという予定の
吉田とは別れた。あいつはひどい男で、いっぱい女がいたから
チカちゃんは傷ついた。だから、僕が幸せにしてやる」などと
言い出したので、同僚は目を白黒させて、「ほんとかな」と
疑い始めました。実際、チカと吉田の付き合いは、とても平穏かつ無事に
進み、どっちの親も大賛成、という状況だったので
この同僚男・佐々木の行動には困らされ始めました。
まず手始めに、佐々木は会社の人をうまく丸め込んで
「チカは吉田と別れた」と信じさせてしまいました。
みんなが「チカちゃん、佐々木さんと結婚するんだって?」
「おめでとう」とへんな祝福をするようになったので、
チカと吉田もことの異常さに気付いたのですが、気付いたときには
時すでに遅し。誰もチカと吉田の破局を疑わない状況に
なっていたのです。

 

468: 434その3 2001/08/19(日) 14:00
また、チカが吉田とデートした帰りは、やっぱりどうしても
帰りが遅くなります。すると、チカの家の前に佐々木が立って
いるのです(チカの家が国立だとしたら、佐々木の家は
葛飾の外れにある、というぐらいの遠さなのですが)。
そして、チカが実家に戻って部屋の電気をつけると電話がなり
「チカちゃん、あんまり遅くまで遊んじゃだめだよ。僕は心配だ」
「婚約者として、ひとこと言いたいけれど、君はいつまで
あんな(吉田のことです)のと遊んでいるんだ」と
言われるようになりました。
チカ親も、「お前、このごろ佐々木とかいうのがうちの前に
立ってるし、へんだ。お前は吉田君と結婚するというのに
あの佐々木とかいうのは、こないだうちに乗り込んできて
チカは僕と結婚するとかわめいたぞ。お前はいったいどうするんだ」と
佐々木の念の入ったウソばらまき作戦に巻きこまれ始めました。佐々木は、そのうち吉田にも直接電話をかけるようになりました。
吉田の会社に電話をかけては、「吉田はひどいやつだ」と
わめいてみたり、吉田自身にも「チカは僕とつきあうと言っている、
お前とは結婚しない」と言ってみたり。
昔はストーカーなんて言葉もなかったし、そんな人もそうそう
いなかったのでしょう、あまりに念入りな佐々木'sストーリーに
吉田でさえ騙され始め、チカに確認までするようになりました。
吉田「お前、佐々木とつきあってるのか?」
チカ「どうしてあなたまでそんなこというの。わたしは
逆に佐々木のせいで迷惑してるんだ、会社でもへんなことを
言いはじめて、みんなも信じてしまった。わたしがあなたと
結婚するんじゃなくて、佐々木と付き合って結婚することに
なってしまった、困ってるのにあなたまでそんなことをいうのか」
というわけで、チカと吉田の仲までぎくしゃくしはじめました。

 

469: 434その4 2001/08/19(日) 14:00
でも、それでもふたりは結婚するつもりだったし、
普通につきあいを続けていました。でも、相変わらず佐々木は
チカの家の前に張り込み(これも、ドラマのように電柱に隠れて
チカの部屋の窓を見張っていたそうです)つづけるし、
どうにもこうにもまいっていたそうです。こんなこともありました。ある日、仕事場で佐々木が薄笑いしながら
近づいてきて、チカにこんなことを言ったそうです。
「チカちゃん、事故にあったらいいのに。脚が片方なくなるとか
顔がぐちゃぐちゃになるなんてことになったらいいのに」
さすがにチカもどういうことだと聞いたら、
「だって、そんなことになったら、もう誰もチカちゃんのことなんて
好きにならないでしょ。そしたら、チカちゃんは僕だけのものになるじゃない」
これが、「塩酸でもかけられたら」バージョンのときもあり、
それから仕事とはいえ、チカは前にもまして佐々木を避けるようになり
佐々木の追跡も度を増していきました。
YouTubeチャンネル開設しました、
もし宜しければチャンネル登録お待ちしています。