管理人おすすめ
妻と離婚の話し合いをした時に妻は俺の隣ではなく、あの男の隣に座った・・・あの瞬間に9年の結婚生活は終わったと思った。
<長編>嫁が自宅で浮気している現場に帰宅!俺は自分の手首を包丁で切った・・・救急病院のベッドで目を覚ました時には嫁の事も事件の記憶も完全に抜け落ちてた!
<長編>今日、余命3ヶ月の宣告をされた母の見舞いにも来ないで浮気していたが元嫁が火葬場に来ていた・・・ 母の棺の方向に向かって土下座してたよ。
<長編>妻の電話で浮気を疑い出した俺が変わった!薄ら笑う俺を見て病院を勧められた・・・俺をこんな風にしたのは誰のせいだ?
<長編>元嫁の浮気で離婚して親権取れたのに病院出た後に「俺、もう少しで死ぬらしいから子供達のことを見られない。親権はお前に譲る」 とか元嫁に言っちゃってんの!オレ癌だって...
<長編>浮気した妻を浮気相手から取り返すことができ、夫婦生活を再構築できました・・・・というのは表向きの話、全てが復讐の準備であることを!!徹底的にやり返すのみ!!
<長編>浮気した嫁に土下座をして再構築を希望した俺!1年後「今まですまなかった。自分のわがままでここまで引っ張ってきたけど結局ダメでした。 あなたの希望どおり離婚する事にします」 と正座して頭を下げた。
<長編>仕事の飲み会から帰って来た嫁は「本当にごめんなさい。」と言い残して風呂に行った。
<長編>浮気中の妻が実家のお母さんのお見舞いに行く日に内緒でバックから携帯を抜いた ・・・間男からメール来た 「 携帯持ってるのが旦那さんだったら連絡ください」 怖いだろこいつヤバイよ頭おかしいよ!

270名無しさん@お腹いっぱい。2013/02/03(日) 09:38:47.10 ID:

姑が末期癌で死んだ。
苦しんで苦しんで死んだ。
実の母親の病気に向き合えない旦那は私に付き添いを任せて逃げた。
私は毎日欠かさず一日朝から晩まで付き添った。
姑の地元病院から、私たちの近場の病院に転院させるまで
旦那にガンガン私が責められていた。賭けは苦しくて全て私にぶつけていた。
「ひとでなし人の親だと思って冷たい女だ結婚しなければ良かった鬼畜」
病気が発覚するまで私と姑は絶縁していた。姑の借金問題で
それまで色々とトラブルを起こされては私が処理するのに疲れたから。
それも旦那に「お前がおかんを癌にした」と責められ、最終的に引き取りOkした。
意地もあった。最後まで迷惑かけられてと命を盾にしてと、仕事を早退して
洗濯物持って花を買って付き添った。
最初にこちらにうつれた病院は姥捨て山みたいだった。
ただ死を待つのみで、声も出せない姑は粗相をしたと怒鳴られてた。
姑は私が何か言うたびに小さく笑って「ここでいい」と死ぬ覚悟だった。
流動食すら、もうとれなくて目も見えず体も半身不随だった。
それでも必死でペコペコと私に頭を下げる姿を見て
「あーこの人は、ただ自分で小さな問題を処理する事ができない弱い人なんだ」
と今までの恨みが半分に減った。
別の病院の相談室に毎日私は「こちらで姑を引き受けて欲しい」と頼み込んだ。
そしてやっと移動できた。姑は泣いた。旦那も「ありがとう」とは言ってくれた。
やっとプライバシーのあるカーテンの大部屋にうつり、オムツも体も拭いてもらえた。
看護婦さんも優しい言葉をかけてくれ、テレビも備えてあった。
少し回復した姑は声が少し出るようになった。笑顔も増えた。
「あんたに一番迷惑かけた。あんたのお陰、本当にありがとう」
その言葉で私が一番救われた。恨みが消えた。
いつ死んでもおかしくなかった。娘がバァバにと猫の写真をとっては話していた。
体が痛いと言えば体を撫でた。「薬増やしてもらおうね」と慰めた。
もう死しかなくて痛みに耐える必要はなかった。
あとは意識混濁だけが問題だった。

 

271名無しさん@お腹いっぱい。2013/02/03(日) 09:42:17.89 ID:

10回近い手術に耐えた姑が私にだけは弱音を吐いた。
「桜見に行こう、近くにほら窓から桜の木が見えるよ。
あれを見に行こう」
段々と痛みが強くなっていった。モルヒネにも耐性がつき限界が近づいていた。
「もう頑張りたくない」そう言った姑に
「もう頑張らなくていいよ、よく頑張ったね」と言うと泣かれた。
年末に既に体が動かせない、寝返りすら補助のいる姑が
錯乱しながら「死にたくない、帰りたい」と廊下に這っていたらしい。
「息子さんを付き添わせてください」と夜中に呼び出しを受けた。
旦那は「眠い」と嫌がったが、叩き出した。
そして朝、交代する時に
「死にたいと泣かれた…辛い」と旦那は自宅に帰った。
意識もロクにない姑は外を見たがったのでベットの上をあげて座らせた。
ずっと手を握っていた。
私がトイレに行って帰ると、虫の息だった。
大声で私は叫んだ。記憶があまりないが、ずっと姑に謝ってた。
「がんばらなくていいと言ったけど、せめて旦那がくるまで頑張って!!
ごめんね、がんばれっていってごめんね」
そして死んだ。旦那は娘を連れて来た。趣味の洗車をしていたらしい。
「なんで俺を待ってくれなかったんだ」という言葉がむなしく響いた。
葬式の間も旦那は役に立たなかった。ただ俺の身内を動かすな、お茶くらいいれろと
私に怒鳴った程度だった。
晴れていたのに出棺の時だけ雪が降った。雪なんて珍しい地域なのに綺麗だった。
葬儀が終わって旦那が言った。
「おかんが死んだら離婚しようと思っていた。でも結婚続けよう」
私の中で姑の「息子がバカでごめんね」という言葉が浮かんだ。
昨日が姑の一周忌だった。離婚して仏壇はもうない。
姑が生きていたら、こうなってなかったなと、少し寂しい気持ちで昨日は過ごした。
今度、桜が咲いたら娘と約束の桜を見に行こう。
病院の先生も看護婦さんも、相談室の女性も優しくしてくれた。
まだまだ人って捨てたもんじゃないなと、強く生きていこうと思う。
死んだその日に姑が夢に出てくれたんだ。
「ごはん食べてる?痛みはない?」
すると姑は笑って「猫と遊んでるから、だいじょうぶだニャン」と
元気な時みたいに笑ってくれた。
もう手も合わせられないけど、痛みも空腹もない場所で良かった。

 

引用元:【コピペおk】夫婦・家族のジーンとする話を集めるスレ6【オリおk】

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    虚勢や年長者としての意地みたいなのがなくなったら、ただの弱いおばあちゃんが残ったんだね
    もちろんもっと早く逃げてても良かったのに、とは思う
    でも最後に義母に対する恨みもなくなって「ちゃんと尽くした」という事実は、この人の支えになる気もする

  2. 匿名 より:

    大丈夫、いつかあの世でまたトメさんに会えるよ
    確執なく仲良く過ごせるよ
    クソ旦那は地獄堕ち確実だから二度と会わなくて済むしね

  3. 匿名 より:

    感動というより後味悪い。
    イビリ姑が気弱になって、お涙頂戴で苛めてた嫁にすがる。
    ほだされて、全世話を押し付けられる嫁。
    逃げきった(最後は嫁に逃げられたけど)息子であるクソ元夫。
    友人だったら、なんで早く逃げなかったの?と訊いてしまいそう。

  4. 匿名 より:

    泣いた
    こういう人がいるから世の中捨てたもんでもないと思える
    トメさんも娘に心から看病してもらえたみたいで、苦しくとも幸せな最期の日々だったんじゃないかな

コメントを残す