広告
通算アクセスランキング
1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!
2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」
3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。
4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!
5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」・・・こういう場合 携帯見たことを言って話をきっちりしてもいいんだよね?
交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」
<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」
8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。
<長編>嫁の携帯見たら、 上司に「旦那が気持ち悪くてしかたない、別れたい」ってメールしてた・・・よし望み通り!内容証明は即時発送を依頼してあとは弁護士に丸投げします。  
10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

315恋人は名無しさん2011/06/23(木) 19:27:55.48 ID: ID:zv80p0UH0

週末にあった話。
私と彼は職場で知り合い(部署は別)、1年半つきあって
彼氏が「親に紹介したい」というので喜んで彼実家に行った。
彼はすごく快活で明るくて、職場の人気者タイプ。
私は同期の子とのみ仲がいい、普通~地味タイプ。
彼実家に行く前、
「おしゃべりな母親と、実家住まいの無口な兄(長男)がいる」ということは聞いていて
「うちのおかん、おしゃべりだから、引いたらごめんなー」と言われていた。
当日、彼はすでに前日に実家入りしてたので
私は自分の車でナビ通りに彼の家へ向かった。

 

316恋人は名無しさん2011/06/23(木) 19:28:46.91 ID: ID:zv80p0UH0

彼のお母さんは事前に彼が言ってたとおり、口数の多い明るい人だった。
しかし彼の様子が変。
いつもは職場で「オマエしゃべりすぎ!」と上司に笑いながら止められるようなキャラなのに
彼母に何を言われてもむっつり
「ん」
「ああ」
って言うだけ。
私の手土産のお菓子を彼母が切って出してくれたんだけど、そのときも
「おいしいねえー」
「……(無言でムシャムシャ)」
という感じ。すごい気づまりな時間が流れ、私は正直早くおいとましたかったんだけど
帰りに彼も乗せて帰ると約束してしまっていたから私だけ帰るわけにいかず、4時間が経過した。

 

317恋人は名無しさん2011/06/23(木) 19:31:00.51 ID: ID:zv80p0UH0

彼母が「お寿司をとるからお夕飯もぜひ一緒に」と言い
彼も「ん」と言うから、私も「すいません、いただきます」と言ってご相伴させてもらうことになった。そしてお寿司が届いた途端、留守なのかと思っていた彼兄が部屋から、彼父が奥の部屋から出てきた。
彼兄、髪が腰まであるし、お醤油のしみだらけのTシャツだった。
彼父は一言も発さず。私が挨拶してもこっちをぜんぜん見ない。
とりあえず食事がはじまった。
彼兄はなぜか「結婚する=寿退社=専業主婦志望」と思ったらしく、いきなり
「結婚してこれで仕事やめれるわーとか思ってんねやろ?女は寄生虫やからな、一生寄生される弟はあほや」
「寄生虫女に生きる価値なし。自分の食いぶちも稼げない生物は自然界の掟で死ぬしかない」
等々と言いだした。
私は仕事をやめるつもりはなかったから
「専業主婦になる予定はありませんが」
と言うと、彼兄、口中からごはんつぶを飛ばして
「女のくせに金がほしいのか!なんに使う気や!!」
と急に怒りだした。口から出た寿司飯のつぶが寿司桶中のお寿司にかかり、もうゲンナリ。

 

320恋人は名無しさん2011/06/23(木) 19:33:00.60 ID: ID:zv80p0UH0

「どうせ稼いでホスト通いでもする気やろ!女はクズやさかいな!」
「その金で韓流スターのおっかけでもするのんか!!」
えんえんと怒鳴りちらし、彼に目線で救いを求めても彼はいっさい知らん顔。
彼母は
「ごめんね、お兄ちゃんは怒りっぽいねん。でも流行りの草食系とかいうナヨナヨ男とは違う、男らしさがあるんよね~」
とニコニコしてるだけ。
彼父はさっさと席を立っていなくなり、最後まで一言も言葉を発しなかった。彼兄が怒鳴り飽きるまで耐えて、彼兄が自分の部屋に戻ってからやっと帰れることになったんだけど
去り際の玄関でまた衝撃の光景が。
玄関口の靴を履くところで
「ん」
と言ったまま仁王立ちの彼。そのすぐ横にひざまずいて、靴を揃えて彼の足もとに差し出す彼母。
「ん」
とうなずいて、差し出された靴を履く彼。靴を差し出されるまで、自分で動く気配いっさいなし。
正直、その日一番ドンビキした。

 

広告