Google AdSense
通算アクセスランキング 

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

79名無しさん@おーぷん2016/06/03(金)11:25:48 ID: ID:oWA

数年前の話で解決済です。
私の友達A子がストーカー被害にあった。
被害はひわいなメールや文書が届くこと、留守中にドアやポストにいやがらせされる等。
私はA子と当時近所に住んでいたのでよく相談にのった。
うちの父は警官ではないけど、防犯関係の役割(仕事ではない)をやっていたので
父にアドバイスをもらったり、引っ越させたり、うちにかくまったりした。
でもストーカー行為はやまなかった。
警察は見回り強化以上のことはできないそうで、あまりあてにならなかった。

文才ないので結論から書いてしまいますが、犯人はうちの父でした。
そりゃ情報筒抜けなはずだよ…
A子が頼ってくるのが嬉しかったらしい。たぶん気があったんだと思う。
バレた経緯は、父が携帯ばかりさわってるので母が浮気を疑う→
叔母にグチる→たまたま立ち聞きした弟が、父が入浴中に面白半分に携帯のロックナンバー突破
(昔済んでた家の番地だった)
→A子に送ったエロメールの数々が履歴に
という流れ。
弟はA子と仲が良かったので激怒し、すぐ父を問いつめた。
父は案外あっさり自白した。
母は寝込み、私はショックで半年生理が止まった。
A子には慰謝料を払い、私とも縁を切って引っ越してもらった。引っ越し代ももちろん出した。

両親は再構築したけど、私が父を受け付けなくなってしまった。
A子からみせられたメールや文書はほんとうに最低に下品で、
あれを思い出したらもう父親として慕うことはできなかった。
私がまず家を出て、弟も進学を機に出た。
その後両親もうまくいかなかったみたいで結局離婚した。
父がまたおかしな気を起こさないよう、近くに住んでる伯父(父の兄)が監視してくれている。
先月は私の誕生日で、伯父経由で「プレゼントを贈りたい」と連絡があったけど断った。
父が言うには「家庭に不満があったわけじゃない」「魔が差した」だそうだ。
簡単な言葉で済ますんだねフーン、としか思えない。
もうかかわらないでほしい。

 

80名無しさん@おーぷん2016/06/03(金)12:39:12 ID: ID:1fd

>>79
最初にお父さんに相談したときは、別のストーカーがいたのかな?
それか、「頼ってくるのが・・・」はただの言い訳で、何もない状態でストーカーを始めたのかな?
なんにせよ、乙でした。

 

81名無しさん@おーぷん2016/06/03(金)13:01:47 ID: ID:oWA

>>80
最初から父でした。

 

83名無しさん@おーぷん2016/06/03(金)15:43:09 ID: ID:YxB

>>81
その段階で頼られる確定要素がないんだからお父さんは勘助だよね
娘の友人に卑猥な文言でストーキングとか許せないし今は離婚してしまったとしても当時再構築に臨むことすら娘の立場からはえっとなる
出来るだけ疎遠を貫けますように。

 

引用元:今までにあった修羅場を語れ【18】