205◆NwHyoS5rso : 2012/03/06(火) 05:07:41.68 ID: ID:EnxxrX/i0

ただいま帰宅いたしました。
保守が多くてワロタwwありがとう!

またぼちぼち書いてきます。

 

 

208◆NwHyoS5rso : 2012/03/06(火) 05:21:08.52 ID: ID:EnxxrX/i0

美咲「スラ男の家族構成は?」
俺「なに、このお見合い的なノリはww」
美咲「いいから答えてよ」

美咲がすっごい真剣な顔してたのを覚えてる。
なんか顔見て話すのもためらうくらいに。

俺「普通の親父に普通のおふくろに、放浪癖のある兄貴」
美咲「放浪癖ってww」
俺「いや、今もどこに居るか知らないしww
というか質問の意図がいまいち…」
美咲「いいなー、スラ男の家族にいれてほしいなー」

事の核心には触れそうで、触れれない距離な気がした。
深入りしていいのかだめなのか、判断が難しかった。
それでもただ待つのももどかしかった。

俺「美咲のとこはどんな感じ?」
美咲「姉ちゃんと2人。
ただの同居人って感じで家族には程遠いけどww」

半笑いの美咲の目からは涙が流れていた。
スラ男君、どうやら地雷を踏んだ模様。

 

 

212◆NwHyoS5rso : 2012/03/06(火) 05:39:48.14 ID: ID:EnxxrX/i0

俺「同居人って…」
美咲「いや、ほんとにww
姉ちゃんはひっかえとっかえ男連れ込んでくるし
家にいるのに全然落ち着かないww」

なんでか胸が痛んだ。
家に帰りたがらない理由がなんとなく分かったのに
同時に俺ができることなんて大してないことも分かってしまった。

美咲「別に愛がほしいだとか、そんな悲劇のヒロインみたいなことは言わないからさ
ただスラ男には一緒に居てほしいって話。
ていうかわたしで良かったら一緒に居させてほしい」

少し前まで自分の身の保身だとか考えていた自分がばからしく思えた。
もとはと言えばスライディングした時点で捕まって人生詰んでても
おかしくなかったと考えれば、この先なにが起きても大丈夫な気がした。

俺「今から出るぞ。車出すから家教えて」
美咲「なに急にwwわたしがしおらしくしてみたら男らしくなっちゃってww」
俺「いいから」

思わず美咲の手を引いちゃって家を出て車に乗り込んだ。

 

 

216◆NwHyoS5rso : 2012/03/06(火) 05:52:25.00 ID: ID:EnxxrX/i0

車の中ではなに話したらいいか分からず
ただ道案内している美咲に返事するだけだった。
以外に家は近所で車で10分弱の距離だった。

着いた、と言われたそこは超高層マンションww
お嬢様かこいつ。

美咲「ほんとに行くの?」
俺「うん」
美咲「多分姉ちゃん男としてるよ」
俺「え」

それはまずい。

美咲「ね、やめとこうよ」
俺「ここまで来て退けるか」

スラ男、プライドはないが意地はある模様。
けーっして姉ちゃんの性事情が気になるとかじゃないんだからねっ!

しぶる美咲を連れて、部屋まで案内してもらって
玄関の扉を開けてもらう。
人の声はせずにまずは一安心。

 

 

217◆NwHyoS5rso : 2012/03/06(火) 06:03:02.02 ID: ID:EnxxrX/i0

扉が開く音に気付いたのか、奥の部屋から姉ちゃんが出てきた。
さあ、勢いでここまで来たけどどうしたらいいかすごい悩んでたと思う。

美咲姉「彼氏?」
俺「あ、ども。スライディング男です」
美咲姉「は?」

すごい勢いですべった。
美咲にかましたスライディングよりもものすごい勢いですべった。
というか予想より美咲姉が普通の人で焦った。

俺「すみません、美咲さんとお付き合いさせていただいている1というものです」
美咲姉「で、なにしにきたの?」

なんか嫌悪感丸出しの美咲姉です。
後ろでは俺のシャツのすそを美咲が握っておりました。

俺「お話をしようと伺いました。
美咲さんをしばらく僕の家に泊まらせてもよろしいでしょうか?」
美咲姉「いや、あんたさっきからなんのなの?
美咲も後ろで黙ってんじゃないよ」

しょんべんちびるかと思った。

 

 

220◆NwHyoS5rso : 2012/03/06(火) 06:17:20.10 ID: ID:EnxxrX/i0

美咲「もうこんな家にいるの嫌なの」
美咲姉「だから男見つけて寄生しようって?」
美咲「そんなんじゃないもん!」

壮絶な姉妹喧嘩が始まったようです。
手も足も口も出ずに立ちつくす俺。

美咲姉「別にあんたがどこに住もうが知ったこっちゃないけど
あとで泣きを見ても知らないからね!
今から男来るからもう出てってよ!」

最後の最後でヒスかまして、俺と美咲を玄関から突き出す美咲姉。

俺「俺が美咲の居場所になりますから!」

やっと言えた一言がこれでした。
ただ後味の悪さは半端じゃなかったように思う。

 

 

225◆NwHyoS5rso : 2012/03/06(火) 06:40:06.50 ID: ID:EnxxrX/i0

美咲「スラ男やるじゃん、かっこよかったよ」
俺「え」

助手席にあった美咲の顔がなぜか俺の顔の前に。

スラ男、女子高生にキスされたでござるの巻。
時間が止まるって感覚を初めて味わったwwww
やっぱり若い子の唇は柔らかい、ような気がした。

美咲「ご褒美ってやつ?ww」
俺「もうなんか台無し」

互いに緊張がほぐれたせいか帰りはえらく会話がすすんだ。
キスのせいでまた別の緊張はしてたけどねwwww

俺「ていうか、着替えとか日用品は?」
美咲「あちゃー全部家だ。明日買いに行くから付き合ってよ」
俺「仕事終わりになってもいいなら!」

なんかいろいろ段階はすっ飛ばしてるような気もしたけど
それでもこれから始まる暮らしにドキドキせざるを得なかった。
家に帰ってからも話は尽きなかった。
普段俺が着てるスゥエットを美咲が着るとぶかぶかで
それがおかしくて笑いあったり、翌日も仕事だったのに朝まで話し込んでた。

なんだか一緒に寝るのはまだためらわれて
美咲はベッドで、俺はソファーで寝た。

 

 

 

227◆NwHyoS5rso : 2012/03/06(火) 07:00:01.66 ID: ID:xu/kZP7dO

美咲に体を揺すられて目が覚めた。
いやあ、夢か現実か疑ったねww

美咲「ご飯できてるよ!」

普通にトーストとインスタントコーヒーだったけど、格別に美味しく感じた。
恋が最大の隠し味ですってか、やかましいわww

しばらくしてそろそろ家を出る時間になった。

俺「じゃそろそろ行ってくるわ。
ちゃんと学校行けよー」
美咲「はい、行ってらっしゃい。
あ、待って!」
俺「ん?」

通算2度目のキス。
しかも行ってらっしゃいのキス。
真剣に夢なんじゃないかと疑った。
たまらなくなって美咲を抱きしめると柔らかくて
やっぱり夢なんじゃないかと疑った。

 

228名も無き被検体774号+2012/03/06(火) 07:02:45.97 ID: ID:ZeImXk3q0

>>227

俺も嫁と毎日のいってきますのチューして仕事いくかぁ

 

 

229◆NwHyoS5rso : 2012/03/06(火) 07:12:50.48 ID: ID:xu/kZP7dO

睡魔に勝てず…ちょっと寝てきます。
また時間見つけて書いていきますね。
朝早くから見てくれてありがとう!

>>228
なんとなくだけどその日のモチベーションはあがるww
嫁さんもきっと喜んでくれるはず!

 

 

261◆NwHyoS5rso : 2012/03/06(火) 15:13:57.68 ID: ID:xu/kZP7dO

おはようございます。
なんかすっかり暖かくなってきて春って感じがしてきたね。
また仕事まで書いてくよー

 

Google AdSense