Google AdSense
通算アクセスランキング 

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

11 ◆16i1keR0oc 2013/11/23(土) 19:49:45.86 ID: ID:+d+eQzmK0

していく

 

2名も無き被検体774号+2013/11/23(土) 19:50:11.88 ID: ID:XvKJViOg0

はやくしろ

 

 

3◆16i1keR0oc : 2013/11/23(土) 19:51:11.95 ID: ID:+d+eQzmK0

約半年前、ある一人の女の子と知りあった

そのころの俺はというと、恥ずかしながら長い長い片思いについについに、ピリオドをうたれ、心にも大きな傷を打ちつけられ、学校にもいかず、失恋ソングを聞きあさり、日がな一日ひたすら「失恋ソングマイベスト」の製作にいそしんでいた。

軍人であれば勲章とも呼べるその大きな大きな傷とともに、今まで通り、脇目もふることもゆるされず、童貞街道をただひたむきにかけぬけていくことになったのだった。

 

 

6◆16i1keR0oc : 2013/11/23(土) 19:52:35.89 ID: ID:+d+eQzmK0

タイミングはばっちりだった。
運命だとも思った。
それほど彼女は優しかった。
メールが毎日来た。
いくつも言葉をかけてもらった。
「これが恋か」ともおもった
今思えば、なぜ気付かなかったのだろうか

彼女は メ ン ヘ ラ であったことに

 

 

8◆16i1keR0oc : 2013/11/23(土) 19:53:09.55 ID: ID:+d+eQzmK0

今年の春前
合コンに呼ばれた。共通の友人を介しての3対3の合コンである。

そして当日、先に待ち合わせ場所に集まった我ら一同ブサイク三人衆。
チビデブハゲの3拍子、そろった俺らは無敵。
そんなフレーズが浮かんできた。嘆かわしい。
チビが俺。デブはデブ。ハゲはM字。

しかし、デブはデブでもこいつはモテるデブであった。
「女も食い物」が持論の彼。

デブのくせに

 

 

10◆16i1keR0oc : 2013/11/23(土) 19:53:49.89 ID: ID:+d+eQzmK0

デブから合コンについての心構えについての熱い抗議を聞いていると、女の子たちがやってきた。

そこには、麻美ゆまとカエルと滝川クリステルがいた。

滝川「ごめーん!まった~!?」
デブ「ぜんぜーん!今来たとこ!」

30分にわたる抗議はなんだったのだろうか。

居酒屋にはいり、テーブルをはさんで向かい合わせに座る我ら。

席順は以下の通り

俺  でぶ  ハゲ
カエル 滝川  麻美

ちなみに滝川クリステルは滝川クリスタルでも、ハンマーで2、3発殴ったような滝川クリステルである。

自己紹介も終わり、お酒も進み、なんとも楽しげな会になっていった。

 

 

12◆16i1keR0oc : 2013/11/23(土) 19:54:46.37 ID: ID:+d+eQzmK0

すると、恋愛トークになり、妙にテンションがあがっていったカエルが、俺に向かって言葉を話し始めた

カエル「俺って彼女いたことないのー?」

俺「いないんすよねー」

カエル「えええ!なんでいないの!?」

俺「なんでっすかね~、結構友達にはネガティブなとこあるって言われてるんで、そういうとこかもしんないっすねー」

カエル「ええ!だめだよポジティブポジティブ!!」

俺「そうっすよね~ポジティブ大事っすよね!」

カエル「そうだよ!大丈夫!男は顔じゃないって!!!!」

俺はどうしようもなくネガティブになった

 

 

14◆16i1keR0oc : 2013/11/23(土) 19:55:24.00 ID: ID:+d+eQzmK0

しばらくすると、麻美が隣に来ていた

麻美「さっきはカエルがごめんね~」

俺「ああ、いいっすよ、なれてますから」

麻美「ふふ、俺君っていい人なんだねー」

いいかほりがした。
麻美は麻美ゆまを上からバーンと押しつぶして太らせたような子であった。
ふくよかなその体にそびえたつ二つのおやまは推定Fカップ。
なきボクロがえろいぽっちゃりさん。
これで二つ年下というのだから、発育というものはおそろしい。本当にありがとうございます。

それからしばらく、麻美とのトーキングをエンジョイしていると、お時間となった。