広告
2020年アクセスランキング
1<長編>妻は理想のお母さんで妻としても理想的で結婚して良かったなと思える人なんだよ!でも、浮気しているんだよな。裏切っているんだよな。
2<長編>浮気していた嫁と子供が昼寝した時に家を出て街中でぼんやり人の流れを眺めてた・・・2時間後に家に 帰ったら嫁が蒼白になって出てきたよ。 ボロボロ大泣きしてた。「お願い、いなくならないで!やり直そうって決めたのに!」ってさ。
3<長編>嫁の浮気調査の途中で偶然知ってしまった事実を私は間男の嫁に伝えた・・・民事の問題ではなくなる可能性があると言う事です。
4<長編>嫁の携帯見たら、 上司に「旦那が気持ち悪くてしかたない、別れたい」ってメールしてた・・・よし望み通り!内容証明は即時発送を依頼してあとは弁護士に丸投げします。
5<長編>浮気相手の子を妊娠した妻「あなたには絶対に迷惑はかけません。だから産ませて」俺「そうか、離婚するってことか。」妻「離婚はしたくない。」
6<長編>明日、妻は友達と1泊で遊びに行くと言って間男と旅行に行きます!俺は妻の最後の良心にかけてみた...
7<長編>妻から「昨日は楽しかったね、また行きましょう」ってメールが来た・・・今、俺出張中なんだけど!お前送信先間違えとるがなww
8<長編>長期間の嫁の浮気になぜ気が付かなかったのだろうおかしな行動は何もなかった・・・浮気相手が判明してすべての謎が判明した!
9<長編>妻が大切な話があるから早めに帰って来てと言われ帰ったら・・・間男がいて子供が出来たので責任取るから離婚して下さいだと!
10<長編>ホテルに入って行った嫁と間男!二人が出て来るまでの2時間のあいだ私は間男の車のボンネットに座って笑っていた!

11 ◆16i1keR0oc 2013/11/23(土) 19:49:45.86 ID: ID:+d+eQzmK0

していく

 

2名も無き被検体774号+2013/11/23(土) 19:50:11.88 ID: ID:XvKJViOg0

はやくしろ

 

 

3◆16i1keR0oc : 2013/11/23(土) 19:51:11.95 ID: ID:+d+eQzmK0

約半年前、ある一人の女の子と知りあった

そのころの俺はというと、恥ずかしながら長い長い片思いについについに、ピリオドをうたれ、心にも大きな傷を打ちつけられ、学校にもいかず、失恋ソングを聞きあさり、日がな一日ひたすら「失恋ソングマイベスト」の製作にいそしんでいた。

軍人であれば勲章とも呼べるその大きな大きな傷とともに、今まで通り、脇目もふることもゆるされず、童貞街道をただひたむきにかけぬけていくことになったのだった。

 

 

6◆16i1keR0oc : 2013/11/23(土) 19:52:35.89 ID: ID:+d+eQzmK0

タイミングはばっちりだった。
運命だとも思った。
それほど彼女は優しかった。
メールが毎日来た。
いくつも言葉をかけてもらった。
「これが恋か」ともおもった
今思えば、なぜ気付かなかったのだろうか

彼女は メ ン ヘ ラ であったことに

 

 

8◆16i1keR0oc : 2013/11/23(土) 19:53:09.55 ID: ID:+d+eQzmK0

今年の春前
合コンに呼ばれた。共通の友人を介しての3対3の合コンである。

そして当日、先に待ち合わせ場所に集まった我ら一同ブサイク三人衆。
チビデブハゲの3拍子、そろった俺らは無敵。
そんなフレーズが浮かんできた。嘆かわしい。
チビが俺。デブはデブ。ハゲはM字。

しかし、デブはデブでもこいつはモテるデブであった。
「女も食い物」が持論の彼。

デブのくせに





 

 

10◆16i1keR0oc : 2013/11/23(土) 19:53:49.89 ID: ID:+d+eQzmK0

デブから合コンについての心構えについての熱い抗議を聞いていると、女の子たちがやってきた。

そこには、麻美ゆまとカエルと滝川クリステルがいた。

滝川「ごめーん!まった~!?」
デブ「ぜんぜーん!今来たとこ!」

30分にわたる抗議はなんだったのだろうか。

居酒屋にはいり、テーブルをはさんで向かい合わせに座る我ら。

席順は以下の通り

俺  でぶ  ハゲ
カエル 滝川  麻美

ちなみに滝川クリステルは滝川クリスタルでも、ハンマーで2、3発殴ったような滝川クリステルである。

自己紹介も終わり、お酒も進み、なんとも楽しげな会になっていった。

 

 

12◆16i1keR0oc : 2013/11/23(土) 19:54:46.37 ID: ID:+d+eQzmK0

すると、恋愛トークになり、妙にテンションがあがっていったカエルが、俺に向かって言葉を話し始めた

カエル「俺って彼女いたことないのー?」

俺「いないんすよねー」

カエル「えええ!なんでいないの!?」

俺「なんでっすかね~、結構友達にはネガティブなとこあるって言われてるんで、そういうとこかもしんないっすねー」

カエル「ええ!だめだよポジティブポジティブ!!」

俺「そうっすよね~ポジティブ大事っすよね!」

カエル「そうだよ!大丈夫!男は顔じゃないって!!!!」

俺はどうしようもなくネガティブになった

 

 

14◆16i1keR0oc : 2013/11/23(土) 19:55:24.00 ID: ID:+d+eQzmK0

しばらくすると、麻美が隣に来ていた

麻美「さっきはカエルがごめんね~」

俺「ああ、いいっすよ、なれてますから」

麻美「ふふ、俺君っていい人なんだねー」

いいかほりがした。
麻美は麻美ゆまを上からバーンと押しつぶして太らせたような子であった。
ふくよかなその体にそびえたつ二つのおやまは推定Fカップ。
なきボクロがえろいぽっちゃりさん。
これで二つ年下というのだから、発育というものはおそろしい。本当にありがとうございます。

それからしばらく、麻美とのトーキングをエンジョイしていると、お時間となった。

 

YouTubeチャンネル開設しました、
もし宜しければチャンネル登録お待ちしています。