Google AdSense
通算アクセスランキング
    1. <長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!
    2. <長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」
    3. <長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。
    4. <長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!
    5. <長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」・・・こういう場合 携帯見たことを言って話をきっちりしてもいいんだよね?
    6. 交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」
    7. <長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」
    8. <長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。
    9. <長編>嫁の携帯見たら、 上司に「旦那が気持ち悪くてしかたない、別れたい」ってメールしてた・・・よし望み通り!内容証明は即時発送を依頼してあとは弁護士に丸投げします。
    10. <長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

    311: 恋人は名無しさん 2009/01/29(木) 13:17:52 ID:BYRcxWIo0
    ■ 登場人物
    A男(31歳、B子の彼氏。理屈っぽいけど仕事には定評アリ。)
    B子(28歳、A男の彼女。職場の親父たちに絶大な人気を誇る。)
    B美(36歳、B子の同僚。姐御肌だが仕事には難アリ。)
    ※ B子とB美は同じ課。A男は違う課だが全員同じ会社。
    A男とB子は職場で知り合い、付き合い始めてそろそろ2年。
    小さい会社だけに、二人の関係は職場の連中にもなぁんとなくバレている
    状態だったが、仕事と恋愛を混同することなく仕事をきっちりこなすカップルだったので、
    特に問題視されることもなく順調に交際していた。

     

    313: 311 2009/01/29(木) 13:20:04 ID:BYRcxWIo0
     前々から結婚しような、と言っていた二人。A男はB子に正式にプロポーズし、
    婚約指輪をB子に渡す。お世辞にも高い金額とは言えない給料にもかかわらず、
    結構なお値段のリングだった。
    とんとん拍子に話は進む。
    結納はしなかったが、お互いの両親の顔合わせも無事終わり、両家的にも
    これで正式に婚約となった。一段楽したところで、B子の母親はB子にこう言った。
    「婚約したということを忘れないためにも、自分の行動を見つめなおすためにも、
    今日から一週間くらい、肌身離さず指輪をつけておきなさい」
    なるほどもっともだ、でも職場につけていくのはなぁ…とB子は逡巡するも、
    シンプルなデザインだから大丈夫だよね、とA男に相談。
    A男もやはり職場ではなぁ…と逡巡する。
    が、最終的には親の言うことは聞くもんだろうということでB子は指輪をつけることにした。

     

    315: 311 2009/01/29(木) 13:22:27 ID:BYRcxWIo0
     何の準備もなしに職場で婚約指輪はまずいだろうし、良い機会だからとA男は
    それぞれの上司に婚約の旨を伝えておくことにした。上司は嬉しそうに祝福してくれた。
    上司から上への報告は時機を見てやろうということになり、お決まりの「結婚てのはなぁ」
    という説教もニコニコと、良い感じの空気が漂う。
    指輪をつけ始めて2日目は何事もなく過ぎる。3日目あたりに同僚のB美が気づき、
    親父たちからツッコミが入る。「か、かわいいかなと思ってー」と濁した回答で
    逃げていたB子だったが、4日目位からは「アレは絶対婚約指輪だろ」と
    一部で軽い祭状態に。
    # 彼氏がA男というのはみんなわかってはいたのだけど、
    # さすがにそこは気を使って「B子の彼氏さん」という言い回しにしてくれていたようだ。
    事件は5日目に起こった。

     

    318: 恋人は名無しさん 2009/01/29(木) 13:24:57 ID:BYRcxWIo0
     B子は「水仕事や事務系の仕事をするときには邪魔だから」と小さな指輪ケースに
    入れて(一応)鍵のかかる引き出しに保管しておいたのだが、席に戻ると引き出しは
    半分開きっぱなし。当然のようにケースもない。B子は茫然自失。A男は外出中で
    相談するわけにも行かないし、なにより就業時間内。会社の親父たちが総出で
    探すも見つからない。A男はそろそろ帰ってくるってか帰ってきた!?これはヤバい…と
    親父たちの一部がA男と無理やり業務上の打ち合わせをすることにして、時間を稼ぐ。
    B子は「今は仕事しなくちゃ…あれ、でも、探さなくちゃ…」と仕事に手をつけるが、
    正直仕事にならない。B美の相変わらずな仕事っぷりもあいまって軽い修羅場になるが、
    なんとかかんとか業務は進み、就業時間終了。
    その後、上司から事情を聞かされたA男。頭真っ白顔真っ青ではあるものの
    一緒に探そうぜとB子を慰めつつ、親父たちへ御礼とお詫び。
    お詫びなんてバカこくな、と親父たちヒートアップ。
    B子ちゃんのためなら見つかるまで探すぜ、と怪気炎をあげる。

     

    319: 恋人は名無しさん 2009/01/29(木) 13:27:13 ID:BYRcxWIo0
     二人とも、茫然自失ながらもいろいろと調べる。
    すると、引き出しの鍵が鍵穴に入らないことに気づいた。
    この鍵は10円玉でも開くような簡易鍵だったのだが、よーく見ると鍵穴にプラスチックの
    破片が挟まっている。指輪ケースを引き出しにしまう時には鍵が奥まで入っていた。
    …てことは、コレで開けられたってわけか、と顔を上げると、B美の机の筆立てには
    プラ製の三角定規がある。まさか…と思って三角定規の先を見てみると、欠けている。
    欠けたところは破片とぴったり合わなかったが、どう見ても同じプラスチック。
    親父たちはB美に電凸。A男は倉庫のプラゴミ入れをものすごい勢いで漁る。
    数分後、B子B美のいる課からでたプラゴミから指輪ケースが発見された。
    B美に電話した親父たちはわけわからんと困惑中。なにやらB美がおかしい
    (浮かれまくっている上に日本語が通じない)との事。
    これ以上迷惑をかけるのも心苦しいし、さすがに役員等に知られると面倒だということもあり、
    A男とB子だけでB美の家に向かうことにした。事前にB美に電話したが、つながらない。
    321: 恋人は名無しさん 2009/01/29(木) 13:30:08 ID:BYRcxWIo0
     B美の家に着き、インターホンで「会社でお世話になっております、A男と申しますが…」と
    来意を告げると、B美の母親らしき人が「あら!あらあらあら!今行くからまっててねー」と
    浮かれた調子の返答。何事?と思っていると
    「会社でお世話になってますなんてそんな!」
    とか
    「まぁまぁ、立派な方じゃないの、初めましてー。ほらほら上がって上がって!」
    とえらいVIP待遇。その奥から出てきたのはB子の指輪を手につけた…B美。
    A男 「…どういうことですかB美さん」
    B子 「なんでB美さんが私の指輪を…」
    B美母「え?え?A男さんはうちの娘に…え?」
    B美 「やだー、うちに来るんなら言ってくれればいいのにダーリン♪」
    A男 :混乱中
    B子 :静かにブチキレ中
    B美母:おろおろ中

     

    322: 恋人は名無しさん 2009/01/29(木) 13:33:02 ID:BYRcxWIo0
    B美 「あ、母さん、紹介するわね、こちらが私のぉA男さんと、B子さん」
    B美母「え、ええ、会社の、よね?あなたのフィアンセと同僚の娘さんよね」
    B子 「(地の底から響くような声で)なん…だとぁ…?」
    一同ビクッとして沈黙。敬語で淡々とB美母に経緯を説明するB子。
    B美 「違うわよ!盗んでなんかない!これはA男さんが私にくれたの!」
    B子 「(B美の指をガシッと掴んで)じゃあ、指輪にはなんて刻まれてます?」
    B美 「"A to B" よ?何言ってんのよ!」
    B子 「日付は?」
    B美 「え?平成20年…」
    B子 「へぇ、和暦ですか。何月何日です?」
    B美 「くぁwせdrftgyふじこlp;」
    B子 「2008.01.29、ですよ。ちなみに、"From A. to B."が正解。」
    B美 「忘れてただけよ!」
    B子 「貰ってすぐの指輪の刻印内容を忘れるんですか?返してください。」

     

    326: 恋人は名無しさん 2009/01/29(木) 13:35:35 ID:BYRcxWIo0
     でもそれは私が貰ったのー!AからBにって書いてあるじゃない!とファビョるB美を
    母親は呆然と見つめたまま。お母さんからもいってやってくださいと話しかけても
    反応がない。掴みかかるわけにも行かず手をこまねいているとB美母がすっと立ち上がり
    _, ,_
    (;´Д`)   _, ,_
    ⊂彡☆ ) Д´)
    パーン
    B美 「だって・・・ひぐ・・うぇ・・・いつもB子ばっかり・・・」
    B美母はおもむろにB美の腕を掴むと指輪をB子に渡しつつ
    「本当にごめんなさい…警察だけはカンベンしてください」とうな垂れた。
    正直憤懣やるかたないA男だったが、職場のこともあるし、トラブルの種を持ち込んだのは
    自分の婚約指輪ということも合って穏便に済ませることにした。
    # ごめん、すっごい長くなった。もうちょっとで終わります。

     

    328: 恋人は名無しさん 2009/01/29(木) 13:38:18 ID:BYRcxWIo0
     …という修羅場。
    そもそも、B美はA男のことが好きだったんだそうな。
    で、B子が婚約指輪してきてはじめてB子の相手がA男かもしれないと気づいたらしい。
    ― 指輪自体も魅力的だし、同じ「B」だから、刻印的にもおk。
    ― B美のものにしちゃっても誰もわからないじゃん。
    ― B美がA男からの婚約指輪を貰ったことになるんだからA男は私と結婚!!YATTA!!
    という、なんともはやな思考回路が原因で、こういう事件になったとの事。
    …A男はもともとB美のことを蛇蝎のごとく嫌ってたのにねぇ。
    不用意に職場に指輪とか持ってきちゃダメだよーって話なんだけど、
    読み返してみると小学生レベルの話になってるね。自分の文才のなさに愕然とした。
    長文お付き合いありがとう。

     

    331: 恋人は名無しさん 2009/01/29(木) 13:41:24 ID:iODGUqrL0
    乙でした!
    >B美のものにしちゃっても誰もわからないじゃん。
    わかるだろうがあああ!あほめ!

     

    332: 恋人は名無しさん 2009/01/29(木) 13:41:28 ID:0caHGvO5O
    その後お願いします

     

    333: 恋人は名無しさん 2009/01/29(木) 13:42:15 ID:ojrUL0vEP
    指輪は自宅以外で外すものじゃないと思う…

     

    345: 311 2009/01/29(木) 13:56:13 ID:BYRcxWIo0
    ふぃ、緊張した…みなさんお付き合いありがとう。
    ホント、いろいろな人の過失、勘違い、世間知らずが招いちゃった事件なんだよね。
    >>332
    B美のその後は、会社内部のドロドロという感じで完全にスレ違いになっちゃうので別の機会にでも。
    結果だけ書くと、B美はまだその会社にいる。会社にはちゃんとした鍵つきロッカーが整備されました。
    A男は転職し、B子は寿退社(というカタチにしたそうな)。
    B子の送別会は、酔っ払い親父たち(褒め言葉)の独壇場でした。
    A男に「男は理屈じゃねえ、ハートだ!」と大真面目に説教していたり、
    B子から親父たちへの手紙が披露されたり、なにこのミニ披露宴wwてな感じ。
    では名無しに戻りますー。

    転載元
    https://love6.5ch.net/test/read.cgi/ex/1232296276/

    Google AdSense