広告
通算アクセスランキング

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

662名無しさん@おーぷん2016/02/15(月)17:51:49 ID: ID:UZb

嫁は正直言ってメシマズ寄りで、食べられないわけではないのだが、嫁の手料理では食の楽しみを味わう事はできなかった。
俺が海外に出張になり、数ヶ月嫁から離れる事になった。現地の食事は最初は美味かったがやはり飽きる。
白米や味噌汁を食べたくて仕方がなかった。
主張が終わって嫁の飯を食べてみると、滅茶苦茶美味かった。久しぶり食べたから美味く感じたとかそんなレベルではない。
劇的に料理のレベルを上げていた。品数も増えて魚も捌けるようになっていてど肝を抜いたよ。
俺は何故だかその嫁の変化を斜め上に捉えてしゅらばとかした。

 

663名無しさん@おーぷん2016/02/15(月)18:03:47 ID: ID:UZb

しゅらば→修羅場です。

俺は嫁に男が出来たのではないかと考えるように。
料理のスキルを上げるなら別に海外出張の時でなくても出来たわけだし、俺も散々言ってきた。
なかなか実行に移さなかったくせに、いきなりどうしたんだと思った。
海外出張なんて不倫をする大チャンスではないか。あろうことか、俺は不倫してるなら速攻で別れてこいと言った。
嫁は怒り狂って、「あんたがいるときは料理のスキルをあげる暇が無かった。働いて育児してあんたの世話をして。何十回自分の事は自分でやれと言ったか」
「あんたは定時で帰れる事が少ないから、ぐっとこらえて色々やってきた」
「あんたが海外出張に行くことが決まって、多少なりとも暇ができた。チャンスだと思ってお義母さん(俺母)に時間を頂いて、あれこれ習ったの」
「お義母さん、調理師免許あるでしょ。いつか教えて貰おうと思ったけど、そんな時間がなかった。あんたのせいなの!あんたの!」
出るわ出るわ罵詈雑言。俺はひたすら謝ったがまったく聞いてもらえずそのまま離婚を迫られた。

広告


 

664名無しさん@おーぷん2016/02/15(月)18:11:16 ID: ID:UZb

俺母からも泣かれ、俺父は俺母に怒りの矛先を向けた。
俺父も俺の不倫の考えに感化されて、俺母に調理師免許を取ったのは男に振舞うためでは?と滅茶苦茶。
俺夫婦、俺両親が同時に離婚の危機に。
俺夫婦はなんとか再構築したが、俺両親は離婚となった。この事件が尾を引いて、現在俺は何かをする度に「あのとき不倫を疑ったよね?」と武器のように繰り出してくる。
子供にはこのことについては触れないようにしているが、辛い。自業自得のバカ男の話でした。

 

666名無しさん@おーぷん2016/02/15(月)18:24:27 ID: ID:gja

>>664
自分のせいなのに相手のせいする典型的な自己チューってだけじゃん。
それに物理的距離があって自分が見てないからって嫁が不倫で料理上手くなったって発想が短絡的にゲス過ぎる。
これから死ぬまでその十字架を背負えばいいだけじゃん。簡単なことだよ。二度とこんなことは致しませんって自戒になるじゃん。

 

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その16】

Google AdSense