広告
通算アクセスランキング

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

531名無しさん@おーぷん2016/02/09(火)23:16:16 ID: ID:9DH

学生時代のことだけど。
よく遊ぶ友達がいた。私もその子も一人暮らしだったけど、その子の家が大学から徒歩圏内だったから、よく泊まらせてもらっていた。
その子は親とうまくいってなくて仕送りなしだったから、すっごくぼろいアパート。
風呂なしで木造、他の部屋は英語圏じゃない外国人とか、うちらみたいなど貧乏学生、明らかに病んでるお姉さん、何故か日中お経を唱えてるおばさんとかが住んでた。
風呂なしだけど近所にスーパー銭湯があるし、私は実家がど田舎で古くてぼろい家だったから家のボロさは気にならなかった。
何より学校から近いし。本当週の半分くらいは泊まらせてもらってた。
住人とは基本接点はないんだけど、そのお経唱えてるおばさんだけはよく話しかけてくれたり世話焼いてくれてた。
なんかの宗教にはまってるらしくてたまに勧誘されてたけど、会うと声かけてくれたり夕食作りすぎたからってたまに分けてくれたりと、
ちょっとめんどくさいとこもあるけど、年齢的にもお母さんみたいだなと少し頼りにしていた。
で、そんな生活を何年か続けてたんだけど、ある日バイト帰りに自分ちの方に帰ってたら、その友達から電話があった。
大体メールだから珍しいなと思って出たら、すごく焦ってる。
今から来てと言われるも、自分ちは遠くはないけど乗り換えが数回あってめんどくさいから明日学校で聞くよとか言ってたんだけど、どうしても今すぐ来て欲しいと泣き出した。
とりあえず向かうわと言って電話を切ろうとしたら、切らないでと泣き出す。
この時点でも私は酔っ払ってるのかなーめんどくさいなーとしか思ってなかった。普段泥酔するとそんなんだったし。
で、結局電話切るなっていうから電車に乗れず、タクシーで向かった。
ついたら友達が尋常じゃない様子。支離滅裂だし。
でも頑張って話を聞いていたら、その宗教はまってるおばさんが怖いってことだった。
勧誘はうざいけど、でも流せる範囲だし、いつも料理もくれるし、いい人じゃんと言っていたら、まさにその時ドアがノックされて、おばさんの声がした。
煮込みハンバーグあるけど食べるー?って聞こえた。
出ようとしたら友達にすごい力で抑えられて、身動き取れなかった。ここでようやくなんか変だと思い始めた私。
私達が動かなかったので、おばさんは帰っていったのか音がしなくなった。
おばさんは何か持ってきてくれた時、私達がいない時はドアノブにかけてくれたりメモを残してくれたりする。この時も多分そうしたんだろうと思った。
で、友達はもうガタガタ震えて助けて、引っ越したいとそればかり。
仕方ないから男友達を何人か呼んで、そのまま友達を車に乗せて私の家まで連れてってもらった。
その時に玄関にメモが貼ってあったからおばさんからだろうと思って中身は見ずに持ってきた。

広告


 

532名無しさん@おーぷん2016/02/09(火)23:34:16 ID: ID:9DH

長くなってごめん。
私の家について、ようやく友達も落ち着いてきて、やっとまともに話が聞けるようになったから話を聞いた。
そしたら、その宗教おばさん、いないんだって。
同じくらい貧乏な友達が部屋探してて、友達がうちのアパートいいよって勧めたらしく、その場でスーモとかミニミニとかのサイトを見たらしいんだ。
そしたらそのおばさんが住んでる部屋が載ってて、友達もあれ?と思ったらしいけど、データ消し忘れとか部屋番号ミスだよなーと思って放置してたらしい。
で、その友達の友達は結局同じアパートに引っ越すことになったらしく、どこの部屋にしたの?と聞いたら、おばさんの部屋。
そこもう住んでる人いるよと言ったら、内覧したけど?と不思議がられたらしい。
友達は何が起きてるのかわからなくなって、大家さんだかスーモだかに確認したらしい。
そしたら、まじでそんなおばさんは住んでなかった。
でも絶対住んでるんですって言い張ったら、向こうも浮浪者が住み着いてる?とかなったらしくて、本格的に調べ始めたんだって。
でも、そんなおばさん、誰も見たことなかった。
メンヘラお姉さんも外国人も、皆そんなおばさん知らないし、いつもあんなに大きな声でやってたお経の音も聞こえたことないって。
ぞわっとした。私も何回もおばさんに会ってるし。
でも顔が思い出せない。あんなに会ってたのに、全く顔が思い出せない。
怖い怖い怖いと思ってたら、ふとメモの存在を思い出した。
もう怖いんだけど、なぜかその時開いちゃったんだよね。
中身は白紙。何も書いてなかった。
もう2人でいるのが怖くて、とりあえず他の友達の家に2人で転がり込んで、しばらくいろんな子の家を転々としたり、夜中のバイトを入れて、家に帰らないようにした。
友達はそのまますぐに引っ越した。おばさんの部屋に引っ越しそうになった友達とルームシェアで別の場所に。
そこからあんまりその友達とは会わなくなったんだけど、未だにあのおばさんがなんだったのかわからない。

 

534名無しさん@おーぷん2016/02/09(火)23:54:44 ID: ID:Y0p

オカ板向きだね。

 

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その16】

Google AdSense