広告
通算アクセスランキング

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!


2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」


3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。


4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!


5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」


6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」


7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」


8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。


9<長編>負けた嫁とられた!間男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

994名無しさん@おーぷん2014/07/05(土)16:41:06 ID: ID:???

もう20年ぐらい前の大学2年の時の話。
短く纏められなくてすまん。
当時俺は朝刊の配達のバイトをしてたんだが、
配達担当の中に、結構でかい一戸建てにひとりで住んでるばあさんがいた。
その人がバイト先の販売店の店主の知り合いで
店の方から気を付けてやってくれみたいなことは言われてた。
正直なにをどう気を付けたらいいのかその時はよく分からなかったけど、
ある日、いつものように配達に行ったら新聞受けの中に前日の朝刊と夕刊が入ったままだった。
普通に旅行でも行ってるのかなと思ったけど、そういえば・・・と店主の言葉を思い出して
背伸びして家の方を見てみたら、電気が一部屋点いていた。
それでインターホンを鳴らしてみたけど返答はない。
どうしようかなと思ったけど、緊急事態だったら早い方がいいハズだしと思って
灯りが点いてる部屋の方へ庭に入って行ったんだ。
窓から中を覗いたら奥の襖からばあさんが倒れた足が見えた。
それで慌てて派出所まで走って(当時携帯は持ってなかった)お巡りさん呼びに行った。
それからなんか大騒ぎになって、細かいことは覚えてないけど
何故か救急車に同乗して病院に行くことになった。
ばあさん、階段から落ちて足を骨折して動けなくなって
電話までも遠くて痛くて這っていけなくて、
そのままの姿勢で飲まず食わずでいたらしいんだよ。
なんかそれ聞いて、俺にも田舎にばあちゃんがいるから泣けそうだった。つづく

 

995名無しさん@おーぷん2014/07/05(土)16:42:11 ID: ID:???

広告


病院には店主も来てくれて、そのすぐ後に
ばあさんの息子夫婦が駆けつけてきたんだが、その嫁さんの方に何故がすげえ睨まれた。
息子夫婦が来たので、まだ眠ってるばあさんの病室から店主と一緒に出たところで
部屋の中から嫁さんの「余計な事してくれて!放っておけば死んでくれたのに!」って聞こえて
腰を抜かしそうだった。
それだけでもビックリしたのに、それに対して実の息子であるはずの旦那が
「まー、しゃーないな」って。
思わず殴ってやろうかと引き返そうとして店主に止められた。
店主が車で送ってくれる間に言われたこと。
ああいう事はいくらでもあることで、決して珍しいことではない。
あんなふうに言われるからには、言われるだけのことがあったのかも知れないし
無かったのかも知れない。それは他人には分からん。
だから他人は口を挟むなって。
そんなものなのかと思いつつ、釈然としなかった。
それから何ヶ月か経って、しばらく新聞を休んでいたその家が
ばあさんが戻ってきたから配達を再開するように言われ行ってみたら
その家は門扉にポストが取り付けられてるタイプなんだけど、
そこに新聞を入れようとしたら
突然でっかい犬が「ばっふぉん!!」って飛びかかるように吠えてきた。
今迄その家には犬はいなかったから不意打ちだった。
ビックリして飛ぶように後ろに尻もちをついた。
犬が吠えまくるのでばあさんが出てきたんだが、
俺を一瞥しただけで、犬を連れて奥に行ってしまった。
病院に運ばれた経緯を知らなかったのかも知れないし、
別にその時のお礼を言ってほしいとかじゃないけど
自分ちの犬に驚いて転んでる配達員がいたら
「大丈夫ですか?」の一言ぐらいあってもいいじゃないか。
その時に店主に言われた言葉の意味がよーく分かった気がした。
ちなみにその後歩けないぐらいお尻が痛くなって病院に行ったら
尾てい骨にヒビが入っていた。
今だったら別の行動を起こせただろうけど、
当時世間知らずの大学生だった俺は、
ばあさんの知り合いである店主にも怪我の原因を言えなかった。
もちろんばあさんにも。

ここまで読んでくれてありがとう。
スレも終わりなので長文許して。

 

996名無しさん@おーぷん2014/07/05(土)16:50:17 ID: ID:???

眠ったフリしてただけで、ばーちゃん聞いてたんじゃないかな
もう誰も信じない! って思っちゃったのかも
>>994は善い事して偉いよ

 

999名無しさん@おーぷん2014/07/05(土)17:41:16 ID: ID:???

>>994
その息子夫婦、助けなかったら助けなかったで「なぜ助けなかったんだ!」
とか言い出して、余計面倒なことになった気がするわ。

 

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験1

YouTubeチャンネル開設しました、
もし宜しければチャンネル登録お待ちしています。

Google AdSense