Google AdSense
通算アクセスランキング
    1. <長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!
    2. <長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」
    3. <長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。
    4. <長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!
    5. <長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。
    6. <長編>娘が嫁の「“匂い”が違った」正確には雰囲気が違うと・・・ 女性特有の勘なんでしょうか“オトコ”がピンときたそうです。
    7. <長編>長期間の嫁の浮気になぜ気が付かなかったのだろうおかしな行動は何もなかった・・・浮気相手が判明してすべての謎が判明した!
    8. <長編>嫁の浮気調査の途中で偶然知ってしまった事実を私は間男の嫁に伝えた・・・民事の問題ではなくなる可能性があると言う事です。
    9. 妻上司と妻同僚が俺の会社まで謝罪に来た!厳重注意するので訴えたりしないでほしいと...
    10. <長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」
    Google AdSense
    Google AdSense
    Google AdSense

    479名無しさん@おーぷん2015/09/20(日)22:37:28 ID: ID:Zuy

    無人のようなのでまったり書き込みます。

    高校生のとき、ひと月の間に両親を相次いで亡くして喪主二回やったのが修羅場。

    母親は先天的な心臓の欠陥からくる虚弱で、入退院を繰り返している人だった。
    普通のサラリーマン家庭で育ったが、友達のように「じーちゃん」と「ばーちゃん」はいなかった。

    推薦で大学が決まってボチボチ車の免許を取ろうとしていた時期に父が車の事故で他界した。
    訃報を聞くなり母が卒倒。救急車で病院に運ばれそのまま入院した。
    「祖父母」という存在がいなかったように、「親戚」もいなかったから自動的に喪主をやることに。

    父の勤め先をはじめとした周辺への連絡、火葬の許可など、何から着手していいのかわからないままご近所さんたちの知恵と手を借りてどうにか通夜にこぎつけた。
    喪主の席で坊さんの背中を見ながら思ったのは、「坊さんもタダじゃ経をあげてくれないんだなー」ということ。

    預金の名義が父になっていたことから、父が亡くなったことで凍結。
    相続の手続(?)が住むまで下せなくなっていて、葬式代の工面に大わらわした。
    (大学進学を機に一人暮らしする予定だったので、両親があらかじめ私名義で積立をしてくれていたので、そこから支払った)

    ここまでが第一の修羅場。

     

    482名無しさん@おーぷん2015/09/20(日)23:34:37 ID: ID:Zuy

    終わったかな??? 479の者ですが、被ったようなので潜っていました。
    続き投下します。第二の修羅場は通夜の席で起きた。

    父はトラックと正面衝突をして亡くなった。
    最初に警察が来て、父の過失で起きた事故だと聞かされる。

    このときトラックの運転手(以下ト運)は軽傷だと知った。
    ト運が、父が運転を誤って反対車線に突っ込んできたと証言したことから、警察は父の過失だと断定。

    そのあとでト運の代理人が押しかけてきた。
    ト運が父の遺族(つまり私たち)に対し慰謝料を請求すると言っていた。

    葬式代の工面だけでも大わらわだった私呆然。母は入院したままだし、兄弟もいない。孤立無援の状態だった私を見かねてご近所さんが割って入ってくれて、その話はまた改めてするようにと言ってくれた。

    ト運の代理人、納得しかねる様子だったがとりあえずまた来ると言って帰った。このとき名刺を置いていかなかったことをご近所さんは不審に思ったらしい。
    どうにか通夜が終わるって頃に、今度はト運本人がやってきた。

    お悔やみも言わず、父のせいで自分は仕事に行けなくなった。治療費を含めた慰謝料を寄こせと騒ぐ。
    ト運からすれば、高校生の私(小柄なおさげ)が喪主ならいくらでも払わせることができると思ったのだろうか。罵倒混じりの恫喝をされた。

    この当時はまだ自宅葬がほとんどで、父の通夜も自宅でやっていた。
    参列者も少なくなっていたが、私を気遣ってご近所さんが何人か残ってくれていた。

    そのうちの体格のいいおじさんがこの時も割って入り、慰謝料や治療費は父が入っていた車の保険屋に連絡するよう言ってくれた。
    ト運はごねたが「また来るからな、その時までに金の用意をしておけ」的なことを吐き捨てて帰って行った。

    この一連に私はすっかり疲れてしまって脳みそ半マヒ。正直何も考えられなかった。
    ご近所さんがいなければ、どうなっていたかわからない。

    残っていたご近所さんたちが、ト運や先に寄こした代理人の様子がおかしいと男性何人かで懐中電灯を持って事故現場に足を運んでくれた。
    ご近所の奥さんたちが私についていてくれて、言われるまま何か飲んだり食べたりしていた。

    そのころ事故現場に残っていたブレーキ痕から、事故の真相がト運の証言とまったく違うと知った男性陣がその場で警察を呼んで現場検証のやり直しをさせていた。
    結論から言うと、父が運転していた車に突っこんだのはトラックのほうだった。

    その後、ト運と代理人としてやってきた男が捕まった。
    代理人としてやってきたのはト運の勤め先の会社の人間で、トラックの保険が切れているため芝居を打ったと自供。ト運の居眠り運転が原因でカーブに気づくのが遅れたことで起こった事故だったこともわかった。

    ここまでが第二の修羅場。
    警察は信用できないとこの時に学んだ。
    ご近所さんが不審に思って事故現場に足を運んでくれなければ、「死人に口なし」で父の過失としてすべて片付けられていただろう。

     

    483名無しさん@おーぷん2015/09/20(日)23:52:43 ID: ID:Zuy

    第三の修羅場はそれから一週間もしないうちに起きた。

    おしどり夫婦だった父が亡くなって、入院していた母がそのまま他界。
    後を追うように心臓の発作で亡くなった。

    父の遺品整理もまだできていない家で、今度は母の葬儀をした。
    このときもご近所さんにずいぶんと助けてもらった。

    天涯孤独になった私だが、第四の修羅場は遺産よこせとやってきた母の母。母方の祖母。

    なぜ私に「親戚」も「じーちゃん、ばーちゃん」がいなかったのかよくわかった。
    はじめて会った母方の祖母は、テンプレ通りの毒だった。
    可愛い娘をさらって行ったと父を罵ったが、その可愛い娘の仏前で手を合わせようともしなかった。

    少なくとも、普通のばーちゃんは両親を亡くした孫に「高校生が持つには分不相応だから遺産はこっちに寄こしなさい」とは言わないと思う。
    自宅が借家ではなく持ち家だと知るなり、「ここに住んであげるからアンタはアパートでも借りなさい」とも言わない。言わないですよね???

    実の祖母らしき人物に、危うく身ぐるみを剥がされかけた。

    大学進学を控えていた当時の私には戸建の家の管理はできず、泣く泣く売却。
    父の遺産やら保険金やら何やらで高校生が持て余すほど大金を手にしたことであれほど親身になってくれたご近所の一部が豹変したのも修羅場。

    あの一か月でかなりの人間不信に陥った。
    せっかく推薦で入れた大学にも通えなくなるのではと危ぶまれたが、当時の担任や教頭先生の助けを借りてどうにか卒業。

    担任が進学した先で住むアパートを探すのを手伝ってくれて、保証人になってくれなければ、住むところを探すのも大変だったと思う。
    若い女の子が大金を持っているのは危険だから通帳ごと貸金庫に預けなさいと知恵を授けてくれた教頭先生もありがとう。

    どこから漏れたのか、「小金持ちの身寄りのない大学生」に寄って来る人たちが後を絶たなかったのも修羅場といえば修羅場。
    豹変したご近所さんあたりか、母の実母さんあたりか、リーク主はわかりません。
    私自身は人間不信の塊だったので自分から「実は」何て言わなかったし、ブランドで身を固めたお嬢様ってわけでもなかったです。

     

    484名無しさん@おーぷん2015/09/21(月)00:17:15 ID: ID:6qJ

    >>483
    酷い奴らがいるもんだな
    いい人達に出会えて良かったね
    これから幸せになる事を願ってるよ

     

    引用元:今までにあった修羅場を語れ【その13】

    Google AdSense
    7日間人気記事アクセスランキング
    交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」
    <長編>出張で朝方に帰宅すると「離婚したい」と書置きが有り子供だけが家にいて嫁の姿が見えない・・興信所が嫁発見!浮気じゃないよ。 ありゃ重婚だ!
    <長編>浮気した嫁に証拠見せて俺はネカフェにお泊りの予定。 嫁「旦那帰って来ないって、」 間「旦那は帰って来ないのか、じゃあ将来について少し話しないか?」 嫁「ちょっと止めてよ」・・・ICレ コーダーセットしてるんですけど!
    俺「とりあえず、2時間やるから今後の自分の身の振り方を考えること」 そう言って寝室に嫁を追いやった・・・間男のフルネーム出されて元嫁は青ざめた!
    <長編>嫁の会社用携帯電話が、ロックが外れたままになっているのを発見・・・出るわ出るは1年以上前からの浮気メール。 仕事関係のメールは一切無し。

    納得の行かない派遣切りにあった、転職先での俺の最初の業務は「下請会社の査察と関連業務改善」対象は例の派遣先w
    <長編>嫁が現金を相続!その金で俺の実家を新築しようと言うと嫁が反対したので「俺の言うことが聞けないなら出て行け!」 と言ったところ子どもつれて出て行った・・・俺、悪いとこある? わかんねーよ。
    間男が数百万やるから離婚してくれって言ったんですぐ了承した。
    俺は会社の総務に向かい間男の勤務表を確認!間男は病欠と書いていたので速攻理由を「不倫のため」と書き直した !
    <長編>妻の浮気が発覚!夫婦の心は壊れていた!嫁は流産・私は上司からのパワハラ・・・流産した子は俺の子か!